『セイシュンの食卓』の“ヘルシーハンバーグ”を再現!

 最近よく覗くブログ様の一つに、「地獄のミサワの女に惚れさす名言集」様があるのですが、その中の一ジャンルである「バイトリーダー」ネタを拝見しては「…バイトリーダーという立場の方だけに拘らず探すなら、確かにこういう先輩って高い確率で職場にいたな…」と、つい遠い目になってノスタルジーに浸ってしまいました。特に、「今日のお前ら、○点」「お前の事どうやって育てていくか決めたけど、どうする?」「今日は俺あえて怒らなかったんだけど、気付いた奴いる?」「さ~て、あと何分で謝りに来るかな」というフレーズにいたっては、どこの業界にも同じ言い回しの方はいるものなのだな~と、ちょっと世間の狭さに感動しました。今はとんと久しいだけに、懐かしいです。
 どうも、先輩方のおかげで客観的視点を養う事の大事さを学びつつ、一向に主観的な見方が直りそうにないというダメダメな管理人・あんこです。

 本日再現する漫画料理は、『セイシュンの食卓』にてわがままなリクエストを出す四人の家族の為にお母さんが考え出した“ヘルシーハンバーグ”です!
ヘルシーハンバーグ図
 これからご紹介するエピソードは、五人分の食事の用意を一身に背負っている、主婦暦何十年にもなるベテランな奥さんのお話。この奥さんのご家庭には、ご主人・お義母さん・娘さん・息子さんがいるのですが、困った事にそれぞれが全く違う希望を挙げてくる為、奥さんは日々頭を悩ませています。例えば、日頃から健康に気を配っているご主人は「コレステロールのたまらんやつ頼むわ」、着物と和食を好むお義母さんは「私のは絶対和風にして下さいよ~」、体型維持に燃える大学生風の娘さんは「あたしカロリー高いのはや~よ」、見るからに育ち盛りな息子さんは「ハラ減ったー、ハラ減ったー。何でもいいけど早くてボリュームあるやつー」とみんなバラバラで、これらのリクエストを出来る限り何とかかなえようとするお母さんは毎日悪戦苦闘。おまけに、奥さん自身も普段から「私はへそくりを貯めたいの!」という個人的な希望があるのでそれぞれの希望通りになるような夕食を別々に用意する余裕がなく、どうにかしてみんなを納得させられるような一石二鳥ならぬ一石五鳥(?!)料理を考え出そうと日夜料理研究に励みます。
 グルメ系漫画でプロの料理人キャラ達が贅を競う料理を作っている様子を読んでいるとついつい忘れがちですが、個々の好みに合わせるのはもちろんの事、冷蔵庫にあるものと予算内で買った食材だけで家族全員に「おいしい!」と喜んでもらえるような献立を毎日作れる世の中の奥様方は、本当に偉大だと感じます。もちろん、外食と家庭料理は根本の理念からして全然異なるのでどちらが優れているという議論は論じるだけ空虚な事ですし、決して結論が出るものではないのですが、「ある物だけで、全員がそれなりに美味しいと納得する料理を作れる」能力を持つ方は、どっちの世界に行ってもそこそこの成功を収められる事に変わりはないと思います。正直、未だに料理サイトやグルメ本を読みながらでないと料理が作れない当管理人にとっては、夢のまた夢なお話ですorz。
 今回再現するのは、家族全員が容赦なく自分の好みを主張してくる中、一通りの希望を取り入れつつ奥さんが完成させた定番メニュー・“ヘルシーハンバーグ”!一言で言うなら豆腐ハンバーグですが、豆腐だけではなくツナ缶やパン粉を入れて焼いたり、焼肉のタレをソース代わりにして絡めたりと、安く体にヘルシーなだけではなく、食べてちゃんと素直に美味しいと感じられるような工夫が随所に散りばめられているところに好感が持てます。こういう「ややヘルシー寄りだけれども、ご飯に合ってしっかり食べられる料理」はなかなか本格派なレシピ本では見かけられないので、初見時はかなり新鮮だったのを覚えています(何故か、がっつり系かヘルシー系の二種類にきっちり分かれる傾向にあるような気がします。これは完全な妄想ですが、中途半端な料理だとかえって売りが無く、従って人気が出にくいのかもしれません)。
 ちなみに、今作の筆者・たけだみりこ先生の描く漫画レシピ本は体にも心にも程よく嬉しい料理が沢山載っているので、そういった料理がお好きな方には是非おすすめ致します。ただ、『セイシュンの食卓』は初期作のせいかインスタントを多用する料理もまた数多いので、そういう食材に寛大な方でないと眉をひそめてしまうかもしれません(^^;)。
家族五人が満足になれる希有なアイディアハンバーグです!
 豆腐ハンバーグは何度か作ったことがありますが、お肉の代わりにツナを混ぜて作るレシピは挑戦したことが無かった為、一体どんな味がするのか前々から気になっていました。巻末に詳細なレシピが載っていた事ですし、早速再現してみようと思います!

 という事で、レッツ再現調理!
 まずは、ハンバーグのタネ作り。ボウルへ、しっかり水切りした後にザルにあけてさらに水分をきっておいた豆腐、オイルをギュッと絞っておいたツナ缶のツナ、パン粉、卵、塩、こしょうを入れ、全体が完全に合わさるまでよく練り混ぜます。これだけで、ハンバーグのタネは出来上がりです。
 ※豆腐は作中では指定がありませんでしたのでお好みで大丈夫ですが、柔らかい口当たりがお好きな方は絹ごし豆腐、ややしっかりした食感がお好きな方は木綿豆腐がお勧めです。また、豆腐は電子レンジに数分かけた後に水切りすると、そのまま水切りするよりも水分がぐっと出やすくなります。但し、あんまり電子レンジにかけすぎてもパサパサになるので要注意です。
ヘルシーハンバーグ1
ヘルシーハンバーグ2
ヘルシーハンバーグ3
 次は、焼き作業。先程のハンバーグのタネを油を塗った手でそれらしい形にきっちり整形し、熱して油をひいておいたフライパンへ乗せ、最初は強火で焼きます。やがて片面に焦げ目がついて焼き固められてきたのを確認したらすぐにひっくり返し、もう片面も焦げ目をつけます。両面が固まったら中火にし、中までじっくり火を通します。
 意外とひっつきにくいのでむしろ普通のハンバーグよりも焼きやすかったですが、ひっくり返す時にボロッと形が崩れやすいので、第一回目のひっくり返しの際はフライ返し二刀流で慎重にした方が無難だと思います。
ヘルシーハンバーグ4
ヘルシーハンバーグ5
 ハンバーグの中心まで火が通ってきたら、フライパンのふちに沿うようにして好きな銘柄の焼肉のタレを回しかけ、煮詰めながらハンバーグに絡ませていきます。面白い事に、焼肉のタレをかけると途端ににんにくっぽいような肉っぽいような強い匂いが台所中に立ち込め、見た目も風味も俄然ハンバーグらしくなりました。焼肉のタレの個性、恐るべし!
ヘルシーハンバーグ6
ヘルシーハンバーグ7
 ハンバーグにとろみがついた焼肉のタレがまんべんなく絡んだら火からおろし、そのまま付け合せの生野菜等が飾られたお皿へ乗せれば“ヘルシーハンバーグ”の完成です!
ヘルシーハンバーグ8
 パッと見だけなら、牛肉ハンバーグはともかく鶏ひき肉の和風ハンバーグっぽく見えなくもない感じで、あまりの化けように感心します。中を割って見てみると、さすがに白っぽ過ぎる色合いなので一目で豆腐ハンバーグだと分かりますが、外の香ばしいむっちりした焦げ目と中のふんわりした柔らかさとが対照的で、既においしそうな気配を漂わせています。焼肉のタレが食欲をそそりますし、これは期待が持てそうです!
ヘルシーハンバーグ9
ヘルシーハンバーグ10
 それでは、熱々の内にいざ実食!いただきまーすっ!
ヘルシーハンバーグ11

 さて、味はと言いますと…肉っぽいのにさっぱりヘルシーという面白い美味しさ!見た目を裏切らない優しい味です。
 焼き肉のタレの野生味溢れる濃厚な香りや様々な旨味成分を吸い込んだ外側と、フワッフワな口当たりになった豆の風味が濃い中身が口の中であわさり、あっさりしているのに不思議とご飯によく合う一品に仕上がっています。正直、何の味付けもしないままだったらご飯のおかずと言うには少々物足りない出来になっていたと思いますが、焼き肉のタレで適度なコクと肉の出汁をプラスしたおかげでちょうどいいボリューム感が出ていました。豆腐らしい淡泊な旨さはちゃんと残っているのに食べ応えだけはアップしている為、主菜でも副菜でもいけそうな万能おかずです。
 絹漉し豆腐の滑るような舌触りが活きているせいか、中は「ツナ風味のシンプルがんもどき」みたいな和風っぽい味わいになっているにも関わらず、空気を含んでほのかにシュワッとしている口当たりはちょっぴりスフレに似た趣がありました。
 ツナの脂分が豆腐全体に混ざりきっているのでパサパサ感は一切なく、逆になめらかで柔らかい食感なのが印象的でした。パン粉と卵が豆腐とツナをきっちり結び付ける役割をしているのでポロポロこぼれず食べやすいですし、冷めてもふんわりしたままなのでお弁当にも向いてそうです。また、焼き肉のタレから漂うにんにくのがっつりした香りが食欲を刺激するのでこってりしてそうに見えますが、お腹に優しい食後感なのがよかったです。

 当初に抱いたイメージ通り、ヘルシーなのに物足りなくないちょうどいい食べ応えのハンバーグで、冷めても味が劣化しにくいことからお弁当向きでもありそうだと感じました。癖が無い万人に好まれる感じの味わいでしたので、幅広い年齢層の方々におすすめしたいお手軽家庭料理です。

●出典)『セイシュンの食卓』 たけだみりこと東京ブリタニアン/リクルート出版
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2013.01.06 Sun 06:35  |  

初めまして。 「セイシュンの食卓」の中に、「中国の朝ごはん」ってなかったでしょうか? もしあったら、何巻に載ってるか教えていただけませんでしょうか。  本がなかなか手に入らなくて、あつかましくてごめんなさい。

  • #LkZag.iM
  • こくらん
  • URL
  • Edit
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/747-385fea68
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ