『クッキングピープル』の“バナナとうふぱん”を再現!

 先週コンビニへ立ち寄った時、何の気なしにふとおでんコーナーに目を移すと、どういう理由があっての事か小さめのスポットライトで「これでもか!」というくらい光を当てられていたのでびっくりしました(緑色がシンボルカラーのあのコンビニチェーンです;)。個人的に、おでんは蛍光灯で明るく照らすよりも間接照明でぼんやり照らす方がおいしそうに見えると感じるタイプの為、逆にもったいないな~と感じた出来事でした(^^;)。
 どうも、おでん鍋に餅きんちゃくを入れた後ニ~三日煮込みつつ放置してトロントロンにしたのを頬張る瞬間は至福の時だと思う管理人・あんこです。

 本日再現した漫画料理は、『クッキングピープル』にてバナナにつく斑点の謎を解明しようとした少年のお母さんがある朝作った“バナナとうふぱん”です!
バナナとうふぱん図
 『クッキングピープル』とは、誰でも作れるのに「簡単!安い!旨い!」と三拍子揃ったレシピをご紹介する漫画・『セイシュンの食卓』で一躍有名になったたけだみりこ先生が比較的最近に書かれた料理漫画。基本的なコンセプトは『セイシュンの食卓』と同じなのですが、今作はより健康に気を配った定番レシピに重点を置かれていて、尚且つ凝ってそうに見えるのがポイント!よく本屋の店頭で見かける「ヘルシー」「野菜たっぷり」「栄養バランスばっちり」と歌われてる料理本は、思わず「食べたい!」という欲求が無性にそそられるようなお料理はあまり見かけないケースがほとんどですが、この本に載っているレシピは旬の野菜をさりげなく活かしたボリュームいっぱいな創作料理ばかりなので、老若男女問わず色んな方にお勧めしたい一冊です(『セイシュンの食卓』と違って地雷レシピ…いえ、遊び心満載なレシピが全く無い為、そういう意味でも一押しです;)。
 今回ご紹介するエピソードは、そんな中でも異色なパンのレシピを取り扱ったお話です(前説とあまり関係ない出だしで申し訳ございません;)。それはある夜、ごく普通のご家庭の居間で起こった出来事。小学生低学年くらいの息子・リュウ君が夜遅くにカメラを構え、テーブルの上にあるそろそろ熟し時なバナナを穴が開くほど見つめているのを見かけたお母さんは当然の如くいぶかしんで「どうしたの?」と尋ねるのですが、返ってきた答えはズバリ「バナナの斑点をつけに来る謎の人物を激写するため」。リュウ君が言うには、「バナナの斑点は自然につくんじゃない、誰かが夜中につけにくるんだ」というのが彼なりの仮説だったようで、それを証明する為に「今晩一晩中それを見張って、それを証明するんだ!」と意気込み、居間の隅っこでの張り込みを決意したとの事でした。正直、リュウ君のような幼い日の純粋な好奇心はとうの昔に忘れ去ってしまっている為、見ていて何だか甘酸っぱい心境になりました(´∀`;)。こういう「これが若さというものか…」という挑戦は未だに好きな方なので、初見時はついニヤニヤしてしまったのを覚えています。ちなみに、当管理人は小学二年生の時「朝顔の花が開く瞬間を見てみせる(`・ω・´)キリッ!」と決意して一晩中起きようとした事がありますが、結局眠って見逃して朝っぱらから地団太踏んで悔しがったという地味な思い出があります;。
バナナに黒い斑点がつく瞬間を激写すると意気込む少年;
 しかし、お母さんも当管理人同様すっかり夢見るお年頃を卒業した大人なので、「古くなったら自然にできるものよ」「あっそ、勝手になさい」とまるで信じていない様子で先に眠り、一方リュウ君も睡魔には勝てずに夜中の一時過ぎにはあっけなく爆睡してしまいます。けれどもリュウ君が寝静まったまさにその時、我々読者は信じられないものを目にする(藤岡弘、探検隊風)!それは、斑点バナナ模様のタイツを全身にまとった見るからに怪しい謎の変態妖精の姿!周囲をきょろきょろ見回しながらやって来た挙動不審なそれは、持参してきた絵筆を巧みに操ってバナナへ斑点を描いた後出来栄えに満足すると颯爽と立ち去っていき、翌朝リュウ君は昨夜にはまだ黄色かったバナナに斑点があるのを見て「眠った隙に斑点が…!くそおおおおお!」と大泣きしながら猛烈に悔しがっていました;。正直、精神衛生上あの怪人妖精の姿は見過ごした方が却って良かったのでは…と思うのですが、見えないものを見たがるのは人の性なので仕方がないのかも…と苦笑しました。願わくは、リュウ君が隠しカメラを設置する事を思いつかないことを祈るばかりです。
 その後、お母さんが泣き喚く我が息子を尻目に斑点バナナを「あら、食べ頃じゃない」と言って手に取り、朝食用として作ったのがこの“バナナとうふぱん”。作り方は極普通のパン作りでは考えられない程お手軽で、斑点バナナ・絹豆腐・小麦粉・ベーキングパウダー・塩をボウルでよく混ぜ合わせ、丸めてオーブンで焼くだけでもう出来上がっちゃいます。たけだみりこ先生曰く、「完熟バナナの自然な甘さが活きるノンシュガー、ノンオイル、豆腐入りのスピードヘルシーぱん。バナナに斑点が出来た頃が作り時!」だそうで、小麦粉をホットケーキミックスに代えて作っても甘くて美味しいと推奨していました。何でも、バナナに出来る斑点は「シュガースポット」というれっきとした名前があるとのことで、これがバナナに浮かび上がった時は果肉が甘く柔らかくなるだけではなく免疫力UP効果の増加も期待できるのだそうです。う~ん、勉強になります。
 ちなみに、リュウ君はこの後バナナの妖精に「こいつ、ついに我らの存在に気付いたようだな…」と目をつけられてしまい、挙句とんでもないめにあってしまいます…。ただ、そのラストは『アウターゾーン』の妖精のお話(ばっちり夢に出てきましたorz)よりは大分マイルドかつ笑える物になっていますので、これはこれでお勧めです(^^)。
衝撃!一般家庭の台所に、謎のバナナ怪人が舞い降りる!!
 ちょうど我が家には食べ頃の斑点バナナが数本あった為、いい機会だと重い再現を思い立ちました(これは、自然な成り行きで出来た斑点…のはずです;)。早速、巻末のレシピ通り作ってみようと思います!

 という事で、レッツ再現調理!
 まずは、生地作り。バナナは常温保存して黄色い皮に黒い斑点が出てくるまで追熟させておき(熟しすぎて中まで黒くなった物はやり過ぎですので、皮に斑点がついて尚且つ中が白いバナナになるタイミングを逃さない事が大切です。当管理人は、こういうバナナを「キリンバナナ」とも呼んでいます^^)、絹豆腐は軽く水滴を落とした後そのままボウルへ入れて泡立て器で滑らかになるまでグリグリ潰しながらよーく混ぜます。
バナナとうふぱん1
バナナとうふぱん2
 絹豆腐がペースト状になったらスライスしておいた先程の斑点バナナを投入し、さらに混ぜ合わせます。バナナの粒が少々残る程度まで混ざったら、小麦粉、ベーキングパウダー、塩をザルでふるいながら加え、ヘラで切るようにしてさっくり混ぜ合わせます。最初はダマっぽくなるかもしれませんが、練らないよう根気強く慎重に混ぜたらその内落ち着いてきます。
バナナとうふぱん3
バナナとうふぱん4
バナナとうふぱん5
 やがて、生地全体にツヤが出てまとまってきたら(まだちょっと粘ついていてもOKです)何等分か均等に分けてから手で丸め、クッキングシート(もしくは油を塗ったアルミホイル)へ並べて180度に熱したオーブンで約二十分前後かけて焼き上げます。なお、上部分が途中で焦げかけたらアルミホイルをかぶせて防ぎます。
バナナとうふぱん7
バナナとうふぱん8
 パンの中心まで熱が通って表面がカリッと焼けたらオーブンから取り出し、熱々の内にお皿かカゴに盛り付ければ“バナナとうふぱん”の完成です!
バナナとうふぱん9
 ほのかに漂う優しいバナナの香りが癒される感じで、食べる前から既に幸せな気持ちになります(^^*)。また、焼く前はかなり手こずったべとべと生地が、オーブンで焼くだけでこんなにサラサラした手触りになるとは思っても見なかった為ちょっと感動しました。ほんのりついた焼き色が本当においしそうで、どういう味なのかドキドキしてきます。
バナナとうふぱん10
 それでは、まだふっくら温かい内にいざ実食!いただきま~す!
バナナとうふぱん11

 さて、味の感想はと言いますと…発酵させずともこの味わいになっているのは驚き!本物のパンみたいに焼き上がっていておいしいです!
 砂糖は全く入っていないので菓子パンみたいにしっかり甘い訳ではないですが、トロトロになるまで熟したバナナの自然な味わいとフルーティーな香りが生地全体へほのかに効いている為、噛むごとにバナナの甘味が増していきます。
 外側はカリカリパリッと、中側は豆腐の効用でもっちりフニフニとした食感に仕上がっており、イースト菌を入れた本当にパンにひけをとらないくらいの出来栄えに感動しました。例えるとするならば「丸パン以上もちパン未満の弾力」が印象的な口当たりで、油を一切使っていないのが効を成してあっさりヘルシーな味わいなのがよかったです。焼きたての温かい内にガブッといくとまた格別で、そのままはもちろんマーマレードや練ったクリームチーズ、蜂蜜を塗っても相性が良さそうでした。
 熟したバナナのみが持つまるで蜜のような香気が活きていますが、いざ食べてみるといたってシンプルで素朴な旨味な為、そのギャップが面白いです。淡泊な美味しさなので何個食べても胃に負担にならない上、パンにしてはかなりカロリーが低めなので食べ過ぎを心配する必要がないのがダイエット中には嬉しいなんちゃってパンでした(腹持ちもいいので、尚更お勧めです)。

 イースト菌なしでここまでパンっぽい味になるとは想定外だった為、いい意味で衝撃を受けた漫画料理でした。癖のない味わいなので、何とあわせても合いそうなまさに無限大な可能性を秘めたパンだと思います。砂糖を適量入れて完全なデザートパンにしたらお子さんに喜ばれそうだな~と感じた一品でした。

●出典)『クッキングピープル~使えるカンタン料理コミック~』 たけだみりこ/実業之日本社
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/761-8d00736e
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ