『おかわり飯蔵』の“帝国海軍風スキヤキうどん”を再現!

 セブンイ○ブンの新商品・もちモチスイートリングドーナツの見た目とコンセプトが、某ドーナツチェーン店の某ロングセラー商品にものすごくそっくりなのに驚愕しました;。許可をもらっているのか、それとも半ば黙認状態なのか、個人的に非常に気になるところです…。
 どうも、こんなに衝撃を受けたのはガチャパンを見て以来な管理人・あんこです。

 本日再現する漫画料理は、『おかわり飯蔵』にて飯蔵さんが夜勤中に暖かくなれるようにと知人の中田さんに教えた“帝国海軍風スキヤキうどん”です!
帝国海軍風スキヤキうどん図
 飯蔵さんの自宅兼お店である<古道具屋JIN>の隣には小さなアパートがあるのですが、作中で社交的な飯蔵さんはそこの住人達とちょこちょこ交流を持ってはすぐに仲良くなっており、それが元でしょっちゅう悩み事を聞いたりしています。今回ご紹介する飯蔵さんのお知り合い・中田さんも、その中の一員。中田さんは岩手から弁護士になる夢を叶える為に上京してきて数年目に突入している司法試験受験生で、深夜にビルの中を警備するバイトを週五日こなしつつ日夜勉学に励んでいるのですが、既に過去二回試験に失敗しておりやや自信喪失&ホームシック気味。本当は人一倍寂しがりやなのに、自身の東北なまりに対するコンプレックスや内気な性格が災いして飯蔵さん達からの鍋パーティーの誘いに「参加しま~す!」と素直に参加出来なかった事をきっかけに落ち込み、ちょうどその頃勉強が行き詰っていた事や故郷の家族からの叱咤激励の電話があったばかりな事もあり精神的に段々追い詰められていきます(´Д`;)。
 確かに、寒い冬場に大勢でお酒を飲み交わしつつ熱々のお鍋をつつくのは心浮き立つ物がありますので、そういう訳にもいかずに食べるものといえばコンビニの冷えたおにぎりだけなのは想像すると結構寂しい気持ちになります…。最近はコンビニの食べ物もどんどん美味しくなってきているので、それなりに工夫をすれば充実した夜食ライフが楽しめそうな気がしないでもないですが(ちなみに、コンビニでそろう食材で作れるおすすめな夜食レシピはこちら)、やはり寒い時期は温かい物をワイワイ言いながら食べるのが何よりのご馳走なのかもしれません。それにしても、夜勤中の風景や心情を「夜中のビルって昼間のビルと違って、暗くて冷たくて…すごく寂しいんです。まるで、コンクリートの墓場にいるみたいなんですよ…」「そんなところに一人でいると、自分だけが世の中から取り残された気になるんです…」という秀逸な表現をした中田さんは、実はなかなか文才があるんじゃないかな~と個人的に思いました(いっそ、孤独な主人公を深夜がずっと続く世界で活躍させるラノベっぽい作品を書いたらどうだろうか…など、つい一方的に妄想が暴走してしまいました^^;)。
飯蔵さんの知り合い・中田さんは弁護士志望の警備員
 そんな中田さんの「鍋の残りで作ったうどんみたいに温かくて美味しい物が、夜勤中でも食べられたらな…」という悩みに答える為に、飯蔵さんが昔戦前の料理本から発見したと言って教えたのが、この“帝国海軍風スキヤキうどん”です。作り方はビルの給湯室でもさっと作れちゃうくらいお手軽で(ただ、フライパンとお鍋が必要なので荷物はかさばりそうです;)、バター・醤油・砂糖で味付けした牛肉とうどんを昆布・水・焼き豆腐・長ネギ・しめじ・しいたけを入れて煮ておいたお鍋に投入して味を調え、三つ葉を乗せたら完成だそうです。飯蔵さん曰く「帝国海軍は肉は別に味付けする」のが特徴との事で、こうする事によって肉の旨みを残しつつうどんやおつゆにも肉の旨みを染み込ませる事が可能になると説明されていました。
 その後、普段料理をしない中田さんは“帝国海軍風スキヤキうどん”を自分ひとりでも夜勤中に作る事が出来たのに感動して改めて飯蔵さんに感謝しつつ涙を流し、「自分から人との距離を作っていたら、人の気持ちが分かる弁護士になれない」「僕も飯蔵さんみたいに、分け隔ての無い人になろう…もっと積極的になって、いい弁護士になるんだ!」と生まれ変わったような顔になっていました(^^)。しかし数日後、中田さんが企画して開いた鍋パーティーの場では普通のお鍋ではなく“帝国海軍風スキヤキうどん”が用意され、「スキヤキうどんなら肉を取り合うこともないし、仲良く食べられるでしょ?ノーベル平和賞もののうどんなんです.:*゚..:。:.(・∀・).:*゚:.。:.」などというちょっとズレた考えを披露し、みんなから心の中で「大勢いるんだから、普通に鍋をすればいいのに…」と思いっきり突っ込まれていました;。
何と、昔海軍で作られていたというすき焼きうどんがあると飯蔵さんが紹介!
 最近めっきり冷え込んできて、夜は温かい料理が一番の贅沢になってきた為、ちょうどいい機会だと思い再現する事にしました。早速、巻末のレシピ通り作ってみます!

 という事で、レッツ再現調理!
 まずは、牛肉の用意。フライパンにバターを入れて中火にかけ、バターが音を立てて溶け出したら牛肉を投入して両面を軽く焼きます。牛肉の表と裏の色が変わったのを確認したら醤油と砂糖を加えて味付けし、そのまま焦げ付かないようじっくり焼きます。牛肉にすき焼き風の味が染み込んだら、牛肉の用意は完了です(割り下を使わない九州風の調味だと思いました。『美味しんぼ』風に言うなら、小泉局長流ですね)。
帝国海軍風スキヤキうどん1
帝国海軍風スキヤキうどん2
 次は、うどんとおつゆの下準備。長ネギは斜め切り、焼き豆腐は縦に細長く切り、しいたけは軸を切り落として十文字の切れ目を入れ、しめじは軸を切り落として大雑把にほぐします。これらの具を、適度な大きさに割った昆布と水を入れて中火にかけ、沸騰させておいた小鍋に加えて煮ます。目安としては、この中では一番火が通りにくいしいたけに熱が通るまでです。
帝国海軍風スキヤキうどん3
帝国海軍風スキヤキうどん5
 野菜類に火が通ってきたら茹でうどん麺を投入し、おつゆに馴染ませながらゆっくり菜箸でほぐして混ぜていきます(茹で麺はほぐれる前は非常に千切れやすいので、最初からグリグリ混ぜずにゆっくり慎重にほぐすことをお勧めします)。やがて麺があらかたほぐれたら、そこへ先程炒めておいた牛肉を炒め汁を一緒に入れ、さらに煮ます。
帝国海軍風スキヤキうどん6
帝国海軍風スキヤキうどん4
 おつゆの味見をしながら醤油と砂糖で味の微調整を行い、すき焼きっぽい味を目指して自分好みの濃度に仕上げます。おつゆの最終確認が終ったらざっくり食べやすい長さに刻んでおいた三つ葉を投入し、少しだけ熱を通します。
 ※あんまりこゆい味だと後々胃にもたれやすいので、一口飲んで物足りないくらいがちょうどいいのではと思いました。
帝国海軍風スキヤキうどん7
帝国海軍風スキヤキうどん8
 三つ葉を入れて数十秒経ったらすぐさま火を消し、なるべく素早く丼容器へ具とうどんとおつゆを移せば“帝国海軍風スキヤキうどん”の完成です!
帝国海軍風スキヤキうどん9
 三つ葉の清涼感溢れる香りと、牛肉とバターの艶かしい香りが複雑に入り混じり、匂いを嗅いでいるだけだというのに思わずお腹が鳴ってしまうほど魅惑的な出来栄えです(´Д`*)。意外にもうどんが煮汁をそこまで染み込ませておらず、比較的白いままだったのが予想外でした。鍋焼きうどんよりもずっとボリューム感がある感じなのがたのもしく、ぷりぷりに煮上がったしめじとしいたけが見るからに食欲をそそります。
帝国海軍風スキヤキうどん10
 それでは、熱々の内にいざ実食!いっただっきまーす!
帝国海軍風スキヤキうどん11

 さて、味はと言いますと…本当にすき焼きを食べているみたいな気分になれて美味し!体がポカポカ温まる一品です!
体と心が温まって心底幸せそうな中田さん
 すき焼きのシメに食べるうどんをもう少しマイルドかつあっさりさせた感じのしみじみ美味しい味わいで、野菜類や牛肉の旨味を吸ってツルツルもちもちした噛み心地に仕上がったうどんがたまらないです(完全に柔らかいのではなく、味が染みつつも中心に弾力のあるしなやかなコシが残っているのが煮込みうどんの魅力だと思います)。
 心とろかすようなバターの風味がほんのり漂う和洋折衷のおつゆが意外にもうどんにぴったりで、牛肉から出たまったりコクのある濃厚なお出汁がベースになった甘辛醤油味が癖になる旨さでした。牛肉だけ別にして味付けしたせいか牛肉本来の美味さがちゃんと残っている上にすき焼き風の味が上乗せされ、単に煮込んだだけよりも肉汁がさらに味わい深くなっているのがいい感じです。
 外側はシャクシャク・中身はトロトロに煮上がった長ネギ、肉厚で噛むと歯をブリンッと押し返してくるしいたけ、シコシコキュッと小気味良い歯触りになったしめじ、噛み締めた途端にお出汁がジュッとにじみ出てくる焼き豆腐が甘塩っぱいおつゆと相性抜群で、うどんというよりはお鍋、もしくはちょっと豪勢な肉うどんを食べているような感覚になりました。全体的に少々濃いめでそこそこボリュームがありますが、三つ葉のしゃっきり鮮やかな食感と爽やかな香気が牛肉の癖を見事に押さえ込んで程よく調和させていた為、後口がさっぱりしているのがよかったです。

 気楽に一人前だけ作ってすき焼き気分を満喫したいという時には、このうどんが最適だと思いました。きのこをもっと沢山入れてみたり(エリンギと舞茸がおすすめです)、さらに鍋っぽさを出したい時には三つ葉の代わりに春菊を加えてみてもそれっぽくなるので一押しです(^^)。

●出典)『おかわり飯蔵』 原作:魚柄仁之助 作画:大谷じろう/小学館
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2011.11.29 Tue 18:09  |  

もちもち・・・のリンクが、ちがうページ(7イレ内ですが、平焼き・・?パンかなにかのページになります)に貼られてるようです( ´ノД`)コッソリ

  • #m8362dx2
  • いつもみてます(^^
  • URL
  • Edit
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/766-5da16cbb
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ