『おかわり飯蔵』の“オイスターソース風味のカキ飯”を再現!

 最近、限界までお風呂に浸かって茹でダコ状態になってから湯上りにビールを飲むのにハマっているのですが、この事によって「渇いた喉は、どんなおつまみにも勝る!」という事実に気付きました(^^;)。おかげで、近頃はビールは単品のまま・お酒のつまみはご飯のおかずとして味わうというやや反則的な楽しみ方が常になっています。
 どうも、六一〇ハップの製造&販売中止を知ってショックを受けた管理人・あんこです。

 本日再現する漫画料理は、『おかわり飯蔵』にて飯蔵さんが危うく拒食症に陥りかけた女性政治家の為に作った“オイスターソース風味のカキ飯”です!
オイスターソース風味のカキ飯図
 今回飯蔵さんが手助けしたお客さんは、スキャンダルで心身ともに疲れ切ってすっかり情緒不安定になってしまった元議員・鈴本博美さん。かつてはハツラツとした語り口と不正を許さず徹底的に疑惑を追及する姿勢によって「次代のエース」とまで言われ、大勢の支持者から絶大な人気を得ていた鈴本さんでしたが、秘書の方がよかれと思ってしていた事が後々とんでもない騒動を勃発→責任を問われ辞職、離党を強要される→それだけでは終らず、証人喚問をしなければならないという最悪の事態にまで発展し、そのせいでパッと見では別人にしか見えないほど衰弱します。
 こういう「どうしてこんな事に…」というエピソードを読むと、当管理人はかの有名な政治家・ユリウス=カエサルの名言である「どんなに悪い結果に終わったことでも、それが始められたそもそもの動機は、善意によるものであった」という至言を思い出します。と言うのも、世の中で起こった不祥事や悪法の概要を耳にすると、聞いた当初は必ず「よくもこんな害悪の塊のような事を」と呆れてしまうのですが、一度立ち止まって注意深くそれらが行われた経緯を調べると、よっぽどなケースを除くと大抵は誰かの善意や優しさから始まっている事である事が意外にも多い事に気付かされるからです。ただ、悲しい事に時間がたった後でも<善意>が純粋な<善意>のままであり続けるのは非常に難しく、ゆえに打算・欲得・「なあなあ」精神などが色々絡んできて徐々に最初の形がゆがんでいくのは、今も昔もよくある悲劇なのだと思います。
 おかげで精神的に参ってしまった鈴本さんは何日間もろくに物を食べられなくなり、それが原因で無理に何かを食べたとしても味が全く分からないという味覚障害にまで陥ってしまいます。
精神的にまいってしまい、味が分からない上に食欲まで沸かない鈴本さん
 元々以前から鈴本さんのファンだった飯蔵さんですが、協力すると決めた一番の理由となったのは、鈴本さんの味覚障害をいち早く見抜いて「このままだと、証人喚問どころか日常生活すら危険」だと考えたため。作中の記述によると、味覚障害になるキッカケは極度の心因性ストレス(鈴本さんはこのケース)、激辛食品を食べてなった一時的ショック、ジャンクフードを食べ過ぎによる亜鉛不足など様々だそうで、味覚障害になると舌にある味蕾という味を感じる為の細胞が再生出来なくなる為、味がしないと感じるようになるのだとの事。一見不便そうなものの命に別状がなさそうに見える症状ですが、飯蔵さんが言うには「苦い、酸っぱいなどの味が分からなくなると、毒物などの体に害のある物でも気付かず食べてしまう…それは、非常に危険な事なんじゃ」「食べたものの塩分が多い事が分からなくて高血圧になってしまったり、逆に塩分が高いのに辛いと感じてしまう事もあるんよ」「味覚障害になるとすぐにイライラしたり、攻撃的になったり、それが元であまり食べなくなって他の病気を引き起こすこともある」んだそうで、こうしてまとめて説明されると如何に油断ならない症状なのだという事がヒシヒシと伝わり、同時にガクブルさせられます(((゜Д゜;)))。
 ただ、味覚障害は日頃から亜鉛を多く含む食品を適度に摂取していれば簡単に防げるとの事なので一安心;。飯蔵さん曰く、カキ・抹茶・海苔・たらこ・レバー・小麦胚芽・ココア・カシューナッツには亜鉛が多く入っている上、皮膚や髪の正常化、精神の安定化、血糖値の調節にも効果があるようですので、日常的に食べるよう心がけたい物です(^^)。
苦い、酸っぱいなどの味が分からなくなるのは、大変危険だと諭す飯蔵さん
 そして、飯蔵さんが鈴本さんに亜鉛を手っ取り早く摂らせる為にササッと即興で作ったのが、蜂蜜入りの抹茶とこの“オイスターソース風味のカキ飯”!作り方はとってもお手軽で、オイスターソース・みりん・水でご飯を炊き、炊き上がる寸前に水洗いした生カキを入れて一緒に蒸らしたらもう出来上がりです。この料理はとにかく香りがいいのが特徴で、作中でもカキの匂いが凝縮された湯気を嗅いだ鈴本さんは一気に食欲を取り戻していました。オイスターソースを加えた炊き込みご飯のレシピはよく見かけますが、オイスターソースとみりんだけで味付けするレシピを見るのは初めてですので、どういう味なのか興味津々です…。
炊きたての牡蠣ご飯の湯気に、食欲が一時的に戻ります
 近所でカキのセールが行われていたので、再現するいい機会だと思いました。せっかくですので、巻末のレシピ通り作ってみます! 

 という事で、レッツ再現調理!
 まずは、食材の下準備。カキは表面の汚れを洗い流すくらいを心がけてさっと水洗いし(あんまり洗いすぎると旨味も香りも飛んでしまうので要注意です)、塩を少々まぶして放置します。その間、炊飯用のお鍋へ研いで水切りしたお米、お水、オイスターソース、みりんを入れておきます。
オイスターソース風味のカキ飯1
オイスターソース風味のカキ飯2
 お鍋を強火にかけて沸騰させ、やがてあぶくの音が止んで鍋のフチから出る蒸気が落ち着いてきたら弱火にし、小さくピチピチッという音がしてきたら素早くフタを開けてカキを放り込みます。間髪いれずフタをすぐにしめ、数十秒経ったら火を消して十分~二十分程度余熱で蒸らします。
 ※炊飯器で作る場合は、炊けた直後にカキを入れて二十分~三十分蒸らすのがベストです。
オイスターソース風味のカキ飯3
オイスターソース風味のカキ飯4
 ご飯が炊き上がったのを確認したらしゃもじで鍋の底からざっくりすくいながら切るようにして混ぜ合わせて茶碗に盛り付け(カキを潰さないようご用心!)、傍らに軽く火で炙っておいた海苔を添えれば“オイスターソース風味のカキ飯”の完成です!
オイスターソース風味のカキ飯5
 オイスターソースの焦げた何ともいえない香りと、カキの濃密な匂いが入り混じった湯気がふうわりと漂う為、カキ好きには垂涎物な一品へと仕上がっています。ツヤッツヤのプリップリに火が通っているカキが見るからにおいしそうで、見ているだけで思わず喉が鳴りました。オイスターソースだけで味付けした炊き込みご飯は初めてなので、どういう味がするのかドキドキします。
オイスターソース風味のカキ飯6
 それでは、炊きたてほやほやの内にいざ実食!いっただっきま~す!
オイスターソース風味のカキ飯7

 さて、味はと言いますと…ふっくらツヤツヤに仕上ったカキの旨さに、思わず溜め息。噛めば噛む程癖になる、練れた魅力を備えたご飯です!
 ギリギリ火が通ってプリプリプルンとした口当たりのカキを噛み締めた途端、鮮烈な潮の風味とほろ苦さを帯びたコクが一気に口の中へ溢れ返り、ご飯粒に絡んで混然一体となっていくのがたまりません。カキの貝柱のシコシコ感が味わいをさらに奥行きのあるものにしている上、単調になりがちな炊き込みご飯にいいアクセントを与えていたのがよかったです(うんと小さいホタテの貝柱を炊き込んだらこんな感じになるのかな~と思いました)。
 オイスターソースとみりんだけで味付けしたご飯は初めてだったので少し心配だったんですが、海鮮物特有の自然な塩気と、みりんのほのかな甘さがついていてシンプルながらも奥深い美味しさです。オイスターソースの濃いめな甘辛さが効いた香ばしいおこげがまた美味で、次から次へと食が進みました。
 オイスターソースに含まれている熟成されたカキ出汁と、カキ本体から出たフレッシュなカキ出汁とが入り交じっている為非常にバランスがよく、カキの旨味がよりはっきりと舌に響いてくるのが印象的です。このご飯をパリパリの海苔で巻いてから食すと、バリッと噛み破った海苔からほわっと漂う強い磯の香りがカキをさらに際立てるので、非常に相性ばっちりだと感じました。

 そのまま食べても美味しいですが、海苔があると何十倍にも旨味が膨らみますのでたっぷり用意しておくのがおすすめです。冷めてもおいしい為、牡蠣にもうちょっと火をしっかりめに通しておにぎりするのもありだと思いました。カキ尽くしなせいか昆布の佃煮やめかぶ、お醤油を垂らしたおかかなどとも相性がよかったので、ヘルシーな食事を取りたい時の主食にするのもありです。

●出典)『おかわり飯蔵』 原作:魚柄仁之助 作画:大谷じろう/小学館
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2012.02.12 Sun 13:48  |  ビール。

アサヒスーパードライがあまり好きじゃなかったんですが
以前健康ランドでスーパードライを氷温で提供していたのを
飲んだらめちゃくちゃ美味かったです。

炭酸の強さが氷温でこそ際立ってました
氷温でスーパードライビール是非お試し下さいまし。

  • #-
  • 狐ヶ崎太郎左衛門
  • URL

2012.02.14 Tue 00:53  |  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • #
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/783-1732caff
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ