『王様の耳はオコノミミ』の“キイチ流関西風お好み焼き‏”を再現!

 その昔、当管理人がまだ小さかった頃に友人の家で夕方「小腹すかんかった?よかったらこれ食べて~」と言われて出された料理を、未だ忘れられずにいます。その名も、ズバリ「お好みソースの焼き飯」。うろ覚えなのですが、キャベツ・ネギ・紅しょうが・炒り卵・かまぼこが具で、お好み焼きソースと醤油(?)で味付けされたらしき焼き飯だったんですが、これがかなり美味。濃い目の味で甘辛くて、当時は麦茶がゴクゴク進みましたが今だったら間違いなくビールが欲しくなっていたと思います。実はあれ以来、幾度となく再現しようとしているのですが何故か違う味になってしまう為、今では幻の料理となっています。
 どうも、早くも草むらから虫がリンリン鳴きだすのを聞いて「まだ五月なのに…」と気の早い夏の予感にゲンナリしている管理人・あんこです。

 本日再現する漫画料理は、『王様の耳はオコノミミ』にて主人公・虎ノ宮キイチ君が妹・くるみちゃんのお友達達に作った“キイチ流関西風お好み焼き‏”です!
貴一流関西風お好み焼き‏図
 漫画『王様の耳はオコノミミ』とは、今は亡きご両親が残してくれたお好み焼き屋さんを継いだ現役高校生・虎ノ宮貴一君が、お好み焼きの一番最高な焼き上がりの音を聞き分けられる耳(通称:オコノミミ)を武器に、米食と醤油文化がまだまだ根強い新潟県でどの流派のお好み焼きよりも美味しい「新潟風お好み焼き」を作り出そうと奮闘する情熱系お好み焼き漫画です。
 系統としては『ミスター味っ子』と『中華一番』のノリをミックスさせた感じの激しいバトル描写が目立つ作風で、全国大会が開かれたり、オーバーなリアクションで感動したり、「本当にこんな事が可能なのかー?!」と言いたくなるような調理風景が繰り広げられたりと、バトル要素がふんだんに盛り込まれた料理漫画で、一度読み出したら目が離せなくなる一作。新潟県に住みつつも熱烈な阪神ファンである主人公・キイチ君のエセ関西弁(妹のくるみちゃん曰く「何でも語尾にヤをつければ関西弁になると思うな~!」とのことですが、もっともです;)に慣れるのが少々大変かもしれませんが、小気味良い展開といいおいしそうなお好み焼きの数々といい、個人的にお勧めな作品です。
将来は全く新しい新潟風お好み焼きを作りたいと豪語する主人公・貴一君
 そんな一年中「お好み焼き命!」な兄に悩まされているのが、小学生の妹・くるみちゃん。まだまだ多感なお年頃なのですが、基本的に鈍感なキイチ君から健康にいいと言う理由で毎回お好み焼きオンリーなお弁当を持たされている為、周囲にばれないようにと必死に隠しながらお弁当を食べる毎日を過ごしています;。けれどもそんなくるみちゃんの努力もむなしく、ある日国会議員の父を持つ自他共に認めるセレブな同級生・マミコちゃんにそれを指摘された上にクラス中に暴露されてしまい、挙句の果てには密かに好きな男の子・若松君にその事をクスクス笑われてしまって大ショックを受けます。正直、お弁当の中身と言うのは各家の事情が透けて見える極めてデリケートなアイテムですので、その内容を広められてしまったくるみちゃんの心境を想像すると何ともいたたまれないものがあります…orz。なので、いくらキイチ君から「一枚の中に肉!卵!野菜!炭水化物!必要な栄養素がまんべんなく入って紡ぎ出す絶妙なハーモニー!しかも、キャベツの食物繊維で毎日快便!ヘルシーでうまい!ヤ!!」ともっともらしく大熱弁されても、そりゃー「兄ちゃんのバカ~!」「日本一恥ずかしい兄ちゃんだよ!!」と反抗期を迎えたくもなるのも仕方がないと思いました(^^;)。
毎日お弁当がお好み焼きなのは、思春期の女子には辛いと思います…好きな男の子どころか、クラス中から笑われてしまったくるみちゃん;
 その後、いい所のお坊ちゃんらしい若松君から「僕、お好み焼きって食べたことなかったんだ!よかったら、虎ノ宮さんちに食べに行ってもいい?」と誘われたくるみちゃんは暗い気持ちを忘れて一気に舞い上がり、翌日若松君や二人を邪魔しようとやって来たマミコちゃんとその親衛隊達にお好み焼きを作る事にします(その間、キイチ君はくるみちゃんの「阪神の選手がキャンプに来てるよ!」という嘘を信じて急遽お店を飛び出していました;。ちょっと気の毒です)。しかし、お好み焼きの焼き方のコツを全く知らないくるみちゃんは見た目こそ見てはいても味は全く別物な代物を焼いてしまい、激怒したマミコちゃんから「ウチのパパが電波塔を建てるいい土地をこの辺で探していましたから、あなた方に立ち退いてもらってここに建ててもらう事にしますわ!」と言われてしまい、話が急展開してしまいます。この流れを見ると、『ミスター味っ子』のカレー勝負編の「勝ったら立ち退きなし、でも負けたらお店をやめて立ち退いてもらう」というハイリスクハイリターンな王道的展開を思い出す為、ついノスタルジーに浸ってしまいました;。
 けれども、事実を知って猛スピードで戻ってきたキイチ君の手によって焼かれた絶品なお好み焼きを食べる事よって状況は一変、最初は「庶民の食べ物ですから期待はしていませんけど」と完全に甘く見ていたマミコちゃんに涙目で「トレビア~~ンッ!」と感動させて立ち退き話をナシにさせてしまいます。その際、キイち君が数々の秘技を駆使して作ったのが、この“キイチ流関西風お好み焼き‏”です!
 作り方と材料は普通の関西風お好み焼きとほぼ同じですが、一見びっくりする程大量のキャベツを使う(キャベツが少ないと口当たりがべっとりする為)・生地に空気をたっぷり含ませる(そうすることによって生地はふっくらする)・生地は短時間で混ぜる(長時間混ぜると、キャベツの水分は出るわ空気は入らないわで散々)・生地は高く整形して中が蒸し焼きになるようにする(蒸す事によってキャベツは甘くなる)・極力生地は最小限しか触らない事(女の子と同じで、お好み焼きは触られるのが大嫌い!触る回数の分だけ空気が抜けてぺシャとする)という五つのポイントをしっかり守る事によって極上のお好み焼きに仕上がるとキイチ君は作中で分かりやすく説明しており、読んでいて感心したのを覚えています。それにしても、器を回しながら空気を入れつつ八の字になるよう生地を混ぜる動作を「混ぜ八文字!」と呼ぶキイチ君の姿は、どことなく麺の湯きりを「天空落とし!」と呼んでいる某ラーメン屋の店主さんを彷彿とするものがあり、何だか複雑な気持ちになってしまいました;。けれども、正直こういう勢いのあるノリノリ発言は当管理人的に大好きなので、『ブラックエンジェルズ』の松田さんみたいに「いんだよ、細けぇことは!」のノリでスルーしようと思います;。
 結果、マミコちゃんは立ち退き話をやめる所か若松君と一緒に「お好み焼き弁当、今度から私達の分も作ってください!」とお願いするまでになっており、くるみちゃんもキイチ君を見直して「兄ちゃんなら絶対日本一のお弁当を作れるよ!」とまで励ます一番の理解者にまで成長していました(^^)。
生地に空気をたっぷり含ませる秘技・混ぜ八文字!
 家で関西風お好み焼きを焼くと、お店のお好み焼きみたいにどうしてもふわっとならないのをずっと気にしていた為、是非実験してその効果の程を確かめたいと思い、作る事にしました。詳しいレシピはありませんが作る描写は細かく書いてあったので、早速再現してみます!

 という事で、レッツ再現調理!
 まずは、肝心の生地作り。作中では生地の作り方はほとんどと言っていい程書かれていなかった為、オタフクソースさんのレシピ(我が家はずっとこちらのお好みソースを使っているので、つい贔屓をしてしまいます;)を元にスタンダードな生地を作ります。この生地を、びっくりする程大量に用意した粗みじん切りのキャベツ、刻みネギ、生卵、天かすを入れておいたボウルに加え、ボウルを回しながら生地に空気を含ませるのを意識して八の字になるよう手早く混ぜ合わせます。これで、基本の生地は出来上がりです。
 ※生地は通常の物よりもやや固めに作り、キャベツのつなぎになるようまぶす感じをイメージした量を使うとよりそれっぽく仕上がります。
貴一流関西風お好み焼き‏1
貴一流関西風お好み焼き‏3
貴一流関西風お好み焼き‏4
 次は、焼き作業。熱したホットプレート(又はフライパン)に先程の生地をなるべく高く積み上がるよう流し込んで丸く整形し、必要最低限しか触らないよう気をつけながら焼きます。その際、キャベツの蒸し焼き効果を高める為に一旦してフタをして焼くと効果絶大です。そして、中に火が通り始めてきたら表面に豚バラスライスを乗せてすぐにひっくり返し、中心まで完全に熱が浸透するまでそのままじっくり火を通します。
 ※この時、生地は絶対ヘラで叩いたり押し付けたりしたらNGです!
貴一流関西風お好み焼き‏5
貴一流関西風お好み焼き‏6
貴一流関西風お好み焼き‏7
 やがて、生地がある程度の高さを保ちつつ火が通りきったのを確認したら火力を弱め、特製お好み焼きソースをたっぷりかけて、網の目状にマヨネーズを飾り付けます。お好み焼きソースはノーマルから激辛までお好きなものを使用してOKですが、まず最初はごく普通の物を使ってみることをお勧めします(ちなみに、当管理人の一押しはオタフクの「お好み焼たべたい!お好みソース」か「野菜と果実をつめこんだお好みソース」です)!
貴一流関西風お好み焼き‏8
貴一流関西風お好み焼き‏9
貴一流関西風お好み焼き‏10
 その上からさらにカツオ節と青のりをふんだんにふりかけ、ホットプレートを保温モードにして焦げないようにすれば“キイチ流関西風お好み焼き‏”の完成です!
貴一流関西風お好み焼き‏11
 鉄板にお好みソースとマヨネーズが垂れてジュワ~ッ!とはじける音、濃厚なソースの香り、ひらひらと泳ぐようにたなびくカツオ節が見るからにおいしそうで、思わず喉が鳴ります。作中で書かれていたポイントを実行するだけで、普段の倍はある厚みのお好み焼きが焼けたのでびっくりしました;。ヘラでお好み焼きを切り分ける時も、蒸気がブワッとあふれ出てやけどをしかけるくらい中がよく蒸されていましたし、これなら味も期待できそうです。
貴一流関西風お好み焼き‏12
貴一流関西風お好み焼き‏13
 それでは、出来立て熱々の内にいざ実食!いっただっきまーす!
貴一流関西風お好み焼き‏14

 さて、味はと言いますと…生地とキャベツの配合が絶妙で旨し!こんなにぶ厚いのに、ホワッとした口当たりで一向にべたつきません!
セレブなお嬢様・マミコ様の口にも合った模様で、「トレビアン!」と絶賛
 蒸気によって蒸し焼きにされたキャベツがぎっしり詰まっているのに、空気を大量に含んでいるせいか見た目とは裏腹にふんわり軽い優しい口当たりの生地で、フワフワしてほんのりコクのある天カスやシャキシャキした食感の長ネギがいいアクセントになっている為、一見単純ながらも飽きのこない王道的なお好み焼きって感じです。作中でマミコちゃんが言っていた通り「パリッと香ばしいお肉!そしてキャベツの甘~い歯応え!そしてそして、ふんわりなめらかにとろける生地…繊細で頼りなげなそれをしっかり包むソース!」「例えるなら、夢見る乙女と優しく厳しい王子様のランデブー!今、マミコの口の中は愛の花園ーー!!」と大感激していましたが、正直それはあながち誇張ではないかも…と納得する程美味な焼き上がりでした;。
 このシンプルながらも奥深い味わいの生地に、フルーティーかつスパイシーで甘辛いお好み焼きソースがぴったりの相性で、トッピングしたマヨネーズのこってりまろやかな後口が功をなしていくらでも入りそうな美味しさです。豚バラ肉から染み出たジューシーな油を吸って味わい深い旨さになった下部分、お好み焼きソースとマヨネーズとでがっつり濃厚な味になった上部分、そして蒸す事によりキャベツや長ネギの甘味が最大限まで活きた中央部分などが組み合わさる事によって、バランスのいい美味しさに仕上がっているのに感心しました。カツオ節と青海苔の風味もお好み焼きとよく合っており、まさに文句なしです。

 野菜+生地+豚肉という基本中の基本の組み合わせでこんなにおいしいのなら、イカやタコなどの魚介類、おもち、チーズといった他のトッピングをプラスしたらさらにおいしくなりそうです!正直、キャベツの量や混ぜ方をかえるだけでここまでグレードアップするとは思っていなかったため、いい意味で予想を裏切られました。『王様の耳はオコノミミ』にはこの他にも独創的なお好み焼きがたくさんあるので、いつかまた試してみたいです。

●出典)『王様の耳はオコノミミ』 夏海ケイ/スクウェア・エニックス
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/805-c9c4db77
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ