『華中華』の“塩もやしチャーハン”を再現!

 先日、あちことのお得意先やお客さんからお褒めの言葉を数多く頂く機会があったのですが、内心嫌われているのでは…と思っていた方からも思いがけず温かい言葉を貰えた為、ものすごく嬉しかったです。
 たとえ半分社交辞令が入っていたとしても、自分のした事が無駄ではなかった事、誰かにほんの僅かでも喜んで感謝される事が確かにあったのだと考えると、ありがたく心に染み入るひと時でした。
 その為、今朝目覚めてからは、まるでお気に入りの飴玉をいつまでも名残惜しく繰り返し舐めるかのようにそれらの言葉を思い返し、幸せな気分に浸っています。

 どうも、未熟な私のような人間に御礼をして下さった方々に対して、改めて感謝の気持ちを実感している管理人・あんこです。


 本日再現する漫画料理は、『華中華』にてハナちゃんが島野さんの何気ない一言で思いついた三百円チャーハン第七弾・“塩もやしチャーハン”です!
塩もやしチャーハン図
 前回、生命保険のCM撮影現場にひょんなことが原因で紛れ込んだハナちゃんは、監督の直感的なひらめきで現場の片付け作業をする姿を半ば強引に撮られ、最終的には何と本当にTVでそのワンシーンを本人の許可なしで「今を懸命に生き、努力するその先に未来がある…」「21世紀のシンデレラ」というキャッチコピー付きで放映されるまで至ってしまいます。
 ちなみに、初放映されたその日ハナちゃんはTVを見る間もなく熟睡し、何も知らないまま早朝出勤したものですので、いわば不意打ちのような状態で経営者でもあるマダム・奈可子さん達に呼び出されます。
 満点大飯店では副業を禁止している為、奈可子さんの夫兼オーナー・計太郎さん(…とはいうものの、実質的な経営は前オーナーの娘でやり手である奈可子さんの手に握られている為、内外共に‘お飾りオーナー’として扱われる事もしばしば;。ただ、以前銀行に在籍していた時に培った人脈は大した物があり、最近ではコネを最大限に活かした戦略を取って奈可子さんから見直されています)からきつい口調で詰問されるのですが、ハナちゃんの口からエビ一箱しか出演料を貰っていないと聞き、さすがにずっこけていました;。
 正直、現金を受け取ったのであれば責めようもあったでしょうが、撮影の余りを現物支給されただけだと言われたら「副業したな!」と怒るに怒れなくて内心困ったろうな~と計太郎さんに少し同情します(^^;)。

 そして、一部始終を聞いた奈可子さんは「なるほどね…いかにもあなたらしくて、お間抜けなお話ね」とまるでナチの女看守の如き冷たい視線をハナちゃんに向けつつ呆れた様子でしたが、商魂たくましい奈可子さんはお金を二重に稼ぐ案を考え出し、ハナちゃんへのお咎めをやめにすることにします。
 その策とは、店頭でハナちゃんのCMを大画面TVで流して「この21世紀のシンデレラは、私どもの満点大飯店で頑張っている子です。そして、この子を指導しているのは当店が誇るカリスマ料理人・島野敏郎です」と大々的に宣伝する事によってお客を呼び寄せ、その上保険会社から「うちの従業員がCMに出ていますし、お店でもCMを流しますので…」という理由で定期的に宣伝費を出してもらうという、まさに一石二鳥の作戦。
 この不況の世の中、安くて美味しい料理を出すお店が生き残る事を知りつつ一応は高級店の部類に入る満点大飯店は値段で勝負できない事を奈可子さんは痛感しており、それならばイメージ戦略しかないとの事でこんな荒業をやってのけたとの事でした。
 一応、この作戦は功をなして徐々に満点大飯店は業績が伸びて行くのですが、いやはや…正直、すごいな~と感心しつつも楊貴妃さんが作中で漏らした「友達にはなりたくないタイプだね!」というセリフを否定できません;。
保険のCMに出演した事から、あちこちで人気が出たハナちゃん
 しかし、いい評判が立つと同時に根も葉もない嫌な噂が立つようになるのはどの世界でも同じなようで、このCMを見た中華街の方の中には「何だ、あのフレーズ…まるで未来は、お華一人だけにあるかのような言いっぷりだな!」「この中華街で頑張っているのは、あの子だけじゃないのに…私達だって頑張ってるのにね!」「下働きの華子ってのはタレント気取りで調子に乗ってるらしいぜ!」と感じ、心無い中傷をする人たちも出てきてしまいます。
 ハナちゃんは一向に変わらず、それどころか「‘今を懸命に生き、努力するその先に未来がある…’、この言葉は、日本全国で頑張って頑張ってらっしゃる方達、そして中華街で働く皆さんや先輩達の為にある言葉だと思います!」と言って慢心せずに働いているのに、こういう事態になるのは悲しい事だと思いました。
 悪口は言う時も言われる時も後で何だかどっと疲れが押し寄せてくるので、戦うべき相手は他人ではなくむしろ自分なのかもしれません。
人気と誤解により、中華街の人たちからねたまれて嫌われて行ってしまいます
 けれども、CM撮影の料理を作るという副業をしていた事をハナちゃんからばらされなかったおかげでクビをまぬがれた島野さんも(恐ろしい事に、マダム奈可子さんはCMの料理を一目見て「島野が作ったのでは…」と勘が働いたようで、ハナちゃんに問い詰めていました;)、悪い噂を流した後も変わらず優しく接してきて雑用を頑張るハナちゃんの姿を見たチビ太・ヒョロ吉・ブーちゃんの意地悪三人組も、ようやくハナちゃんのよさが分かってきたのかこの頃を境にいじめをやめるようになります。
 特に島野さんの心の変化が急激な感じで、おかげで当初は「嫌味なオカマ」として描かれ方だったのが、途中から「世話好きで気風のいいオネエキャラ」になってきた為読んでいて安堵したのを覚えています。
 それにしても、自分達で悪評を立てておいて自分達で火消しするのは相当恥ずかしかったでしょうに、それでも中華街中の人たちに「華子はちっとも選ぶってなかった。俺たちの妬みだった!」と言って回ったチビ太さんら三人組は、ちょっと見直しました;。

 今回作ってみるのは、あまりにも腕が細くて白いのに驚いて心配した島野さんが「まるでもやしみたい!栄養つけなさいよ!」と言ったのをヒントにハナちゃんが考え出した、“塩もやしチャーハン”!
 作り方は超がつくほど簡単で、ごま油でさっと炒めてラー油と塩で味付けしたもやしを数秒ザルに入れて余分な水分を取り、熱々の基本チャーハンの上へ乗せたらあっという間に出来上がりです。
 もやしとラー油は相性がぴったりなので、普段から副菜として組み合わせる事が多い食材なんですが、チャーハンの具として活用する事は全く思いつかなかったので初見時はびっくりした記憶があります。
島野さんが言った「もやしみたい」の一言がヒントで生まれたチャーハンチビ太先輩達が誤解を解いてくれてました。グッジョブ!
 安くて栄養満点なもやしとラー油をチャーハンと一緒に食べるとどんな感じなんだろうと思うと、前々から気になっていました。
 早速、作中にあるレシピを出来る限り忠実に再現してみようと思います!


 という事で、レッツ再現調理!
 まずは、もやしの下準備。流水で洗った後水気を切ったもやしを、ごま油を入れて強火で熱した中華鍋(又はフライパン)で十五秒だけざっと炒め、塩とやや多めのラー油で味付けします。
 ※この料理はシャキシャキ感が命なので、「半生上等!」な感じで炒めた方が断然美味しくなります。ただ、生っぽいもやしが苦手な方は、もうちょっと火入れしてから使うなどお好みの炒め加減にしておくのも可です。
塩もやしチャーハン1
塩もやしチャーハン2
 炒めたもやしはすぐにボウルつきのザルへあけ、余分な水分をきっておきます。
 その間、猛スピードで中華鍋(又はフライパン)で以前に作り方をご紹介したハナちゃん流基本チャーハンのレシピ通りに基本チャーハンを作り上げ、お皿へ丸い形に盛りつけます。
塩もやしチャーハン3
塩もやしチャーハン4
 この基本チャーハンの上に、先程の熱々シャキシャキの塩もやしをチャーハンが見えなくなるまでどっさり乗せれば“塩もやしチャーハン”の完成です!
塩もやしチャーハン5
 もやしのピンと張りのある様子が見るからに口当たりがよさそうで、食欲がないときでもごくりと喉が鳴ります。
 火を通しすぎてしまったもやしは鈍くすけた白色になりますが、しゃっきり火を通したもやしは光るような透明感のある白色で、綺麗だと感じました。
 ラー油の刺激的な香りがふわっと漂うのが辛い物すきにはたまらない感じです。
塩もやしチャーハン6
 それでは、チャーハンともやしをレンゲで一緒に持ち上げ、いざ実食!
 いただきま~すっ!
塩もやしチャーハン7


 さて、味の感想ですが…ちゃんともやしがメインになっていて旨し!軽い口当たりでいくらでもいけそうです!
 十五秒しか時間をかけずにもやしを炒めた事はなかった為、最初は「生っぽいのでは…」と心配していたのですが、そこまで生!と強調される感じの口当たりではなく程よい半生なもやしで、チャーハンとぴったりの相性です。
 もやしにしかない、口の中で弾むような独特のシャキシャキした食感がとても爽やかで、シャリシャリと噛み締めるたびに瑞々しい旨味エキスが溢れ出るのがたまりませんでした。
 半生のもやしには清々しい何とも言えない香りがすっと立ちのぼるのが特徴的なのですが、この芳香がチャーハンの後口をさらにすっきりさせる役割を果たしているのでチャーハンにしてはかなりさっぱりした一品に仕上がっています。
 また、炒め過ぎたもやし炒めにありがちな水っぽさは全くない為チャーハンのパラパラ感は損なわれていませんでした。
 ラー油と塩だけのシンプルでドライなピリ辛味がもやしの旨さをちょうどいい具合に引き立てている上、ごま油のコクある風味が香ばしさをプラスしているので、単に乗せているだけでも基本チャーハンに美味しさを格段に向上させています。
 このもやしに一番近い料理を挙げるとするならラーメン屋さんによくおいてある辛いもやしナムルで、あれをもっとしゃっきり歯応えよくあっさり塩味にしたような感じの味わいだと思いました。
 材料費がかからない割に単純ながらも飽きのこないチャーハンなので、末永く定番化したい一皿です。


 もやしの瑞々しさがとても鮮やかな印象を与える一品で、夏らしいチャーハンだと思います。
 もやしとラー油くらいしか使用しないシンプルな料理ですので、安価な物よりも品質のいい物で作ることをおすすめします。

●出典) 『華中華』 原作:西ゆうじ 作画:ひきの真二/小学館
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2012.07.22 Sun 13:22  |  画像の件

レシピ再現は素晴らしく、楽しい素敵なブログですが、漫画画像をたくさん使用してるのが気になります。
これだけの量、もちろん無許可ですよね。
著作権違反行為のため気を付けましょう。

漫画を扱う編集社へリンクするなどで、参考本を紹介する方法なら、違法でないですよ。もちろん、リンクもフリー以外は許可ですが。

  • #IKu8nsaY
  • あのー
  • URL
  • Edit

2012.07.23 Mon 00:27  |  

普通に引用の範囲に思いますがね。

  • #-
  • URL

2012.07.23 Mon 20:35  |  

いつもエントリーを楽しみにしています。
普段はコメントも拍手もしておりませんでしたが(すみません)、
今回初めてコメントを残させて頂きます。


> あのーさん
必然・主従・「 」・出所のいずれもわかるように書かれてますし、
著作権法上認められている部分引用かと思います。

また、それぞれのエントリーから、あんこさんが原典を好きで、
その魅力を伝えようとしていらっしゃること、そして
ネタバレや著作権者の不利益になるような過剰な盗用を
避けようと腐心していらっしゃるであろうことを感じます。
何より、秋田書店さんは「花のズボラ飯を応援してくださるみなさま」
と公式にこのブログを紹介される程です。
ので、問題ないのではないでしょうか。
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/blog-entry-754.html
# 実際私もこのブログでズボラ飯を知り、単行本やレシピ集どころか
# 思わず「お祝い『花のズボラ飯』」まで購入してしまったので、
# ご要望があれば該当ページのアップもさせていただきます。

2012.07.23 Mon 20:42  |  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • #

2012.07.25 Wed 22:03  |  個別対応で…

著作権法上、このブログの画像引用がどう判断されるかは
判りませんが…。

あんこさん自身、クレームがあった場合、記事を削除する
旨を以前明言してらっしゃいますし、現状特に何の変化も
ないところからみて、著作者から(ブログ記事が作品に対し
不利益になると)のクレームは無いのでしょう。

そもそも法律は違反=即罰、ではないのでしょう。何らかの
不利益が生じた場合、停止を求める判断を下す線引き的な
意味合いもあるのかと思います。黒白だけでなく個々人の時々
の判断で裁量が下せるグレーゾーンが無いと、結局は使用する
人間に不便なシステムになってしまいますから。

このブログの画像引用はいわゆる「自炊」などのように、本の
購入を阻害する程、多数ではないように思います。このブログ
を読めば紹介されている本を買う必要が無くなるとは僕は
思いません。もっと言ってしまえばこのブログを読んだのが
きっかけで購入した漫画もたくさんありますし。このブログは
紹介する漫画を批判する内容は全くありませんし、どのような
点が面白いのか、あんこさん自身の視点で紹介されており、
「無償の広告・支援」としてのメリットの方が画像引用による
不利益より大きいように感じます。

  • #SFo5/nok
  • kawajun
  • URL
  • Edit
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/808-00619df9
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ