『華中華』の“クリスマス・チャーハンⅡ”を再現!

 近頃、クリスマス和菓子が周囲で話題になっており、にわかに気になってきています。
 もみの木、サンタさん、トナカイ、ケーキ、雪だるまなどを模した色とりどりの可愛らしい見本が近所のお店で売られているのを見て、つい一個買って試しに食べてみたんですが、味もおいしくて尚且つケーキよりもカロリーが低くて満足しました。
 ホールケーキの晴れがましさもいいですが、こういう手のひらサイズのつつましいクリスマスも悪くないと考え始めています。

 どうも、毎年クリスマスは家で家族と『明石家サンタ』を見つつ酔っ払うのが定番になっている管理人・あんこです。


 本日再現する漫画料理は、『華中華』にてハナちゃんがイブの日に上海亭で特別に作った“クリスマス・チャーハンⅡ”です!
クリスマス・チャーハンⅡ図
 クリスマスが近づくにつれ、横浜中華街も客足が多くなってきたある日、ハナちゃんの身近にいるある人物がハナちゃんに恋心を抱いている事を自覚します。
 その人物とは、何とあの三バカトリオの一人であるブーちゃんで、初見時は「えー!フラグどこどこ?!」とかなり驚いたのを覚えています;。
 何でも、島野さんの専属アシスタントとしてハナちゃんと近い位置で働いている内に自然と意識するようになっていったようで、ブーちゃん自身気付いていなかったのをチビ太さん達に「もしかして、中村華子の事を恋人にしたいとか?」「そういや、最近仲いいもんなぁ~」と冗談交じりにからかわれて初めて分かったようで、そうと分かると急にドキドキして仕事中顔が真っ赤になっていました(^^;)。
 正直、康彦さん以外にハナちゃんとフラグ立ちの可能性が濃厚だったのはチビ太さんの方だった為、予想の斜め上をいく結末を結構意外に感じましたが(『ドラゴンボール』の悟空で例えるなら、ブルマやチチがいるのにランチさんとくっつく並の不自然さ!)、考えてみればチビ太さんはハナちゃんを女の子というよりあくまで後輩兼パシリという目でしか見ていなかったので、ある意味自然な成り行きなのかもしれません。
 どっちにしろ、ハナちゃんは満点大飯店のみんなに隠しているとはいえれっきとした人妻で、尚且つ康彦さんとは未だにラブラブで仮に告白したとしても振られることは火を見るより明らかな為、気の毒だな~と思います;。
遅ればせながら、ハナちゃんに恋心を持ってしまうぶーちゃん(※人妻である事実は知らず)
 そんなブーちゃんの気持ちは露知らず、ハナちゃんは四国にいるお父さん・お母さん・妹さんへクリスマスプレゼントとして送るエプロンを手縫いしながら、イブにクリスマスらしいチャーハンを作ろうと構想を練ります。
 というのも、実は一昨年ハナちゃんはクリスマスパーティーを開いた子ども達のために“クリスマスチャーハン”を特別に振る舞った事があったのですが、その時はパーティーに来た一部のお客さんだけにしか作れなかった為、今度は上海亭に来てくれるみんなにも作れるような新レシピはないものかと色々考えます。
 おかげで、ただでさえ連日の重労働で疲れていたハナちゃんはまだエプロンが出来ないうちに熟睡してしまうのですが、ハナちゃんの頑張りを優しい眼差しで見守っていた楊貴妃さんによって「仕方ないね。千二百年ぶりだけど、ちょいとやってみるか!」と最後の仕上げを手伝われ、無事チャーハンレシピもクリスマスプレゼントもイブの前日までに間に合わせる事が出来ていました;。

 それにしても、楊貴妃さんが手縫いしたエプロンとは…かなりご利益がありそうで羨ましいです(´Д`*)。
 一瞬、「玉の輿運、出世運、金運UP!」というフレーズが頭に思い浮かびましたが、考えてみれば楊貴妃さんは幸運が大きかった分晩年の不運も桁違いでしたので、あまり欲をかいてあれこれ願わず「ボーナスの額が増えていたら嬉しいな…」くらいの気持ちで持っていたほうがよさそうですね;。
前年とはまた違ったクリスマスチャーハンを作ろうと考えているハナちゃん
 こうして、イブ当日にハナちゃんが作ったのがこの“クリスマス・チャーハンⅡ”!
 作り方は手間がかかりそうに見えて実は簡単で、基本チャーハンに鶏ひき肉・長ネギ・塩・荒挽き黒胡椒・ほうれん草ペーストを混ぜて緑色のチャーハンにしたらツリーの形に型取り、その周りに卵の白身、パプリカ、柊の葉、ミモザ(卵の黄身をザルで漉してミモザの花に模した物)を飾り付けたら出来上がりです。
 ハナちゃん曰く、「高校の時使っていたクッキーのツリー型があったのを思い出し」て考え付いたレシピだそうで、前回は卵白のみでふわふわの雪を演出したのに対し、今年は全卵でクリスマスツリーを演出してみたとの事でした。
 卵白の雪も確かに美しかったですが、ほうれん草ペーストで表現された緑のツリーも想像するだけでドキドキする感じで、おまけにまたしても三百円という低価格を実現していた為、ハナちゃんの腕はもはやプロ級に上達したな~と感慨深くなります。
何と、ほうれん草ペーストでいつものチャーハンを緑色に染めます!
 その後、上海亭にきたお客さん達は“クリスマス・チャーハンⅡ”を注文するやいなや、 「クリスマスなんて俺たちには関係ないと思ってたけど、こんな凄いチャーハンだったなんて…」「見た目も可愛くて美味しいなんて、最高!」と大好評で、その日もめでたく満員御礼になっていました。
 しかし、この“クリスマス・チャーハンⅡ”の斬新なアイディアは、ブーちゃんにとんだ不幸を呼び込んでしまいます…。
 普段、ブーちゃんは滅多に上海亭に行かないのですが、「以前、華子は新しいチャーハンを作る人が好きだと言っていた…でも僕には考え付かない。そうだ!“牛タンチャーハン”の時みたいに、また上海亭さんにアイディアをもらいに行こう!」と単純に考えてイブの日に駆けつけ、ハナちゃんが帰って一息ついていたおじいさんとおばあさんに、“クリスマス・チャーハンⅡ”のレシピを教えてもらうよう必死に頼み込みます(←まさか、当のハナちゃん自身が考えたチャーハンとも知らずに…;。楊貴妃さんじゃないですが、「自分で考える事をしないのがダメダメなんだよ!」と手厳しくアドバイスしたい所です)。
 結局、おじいさんとおばあさんはブーちゃんの熱意に負けてレシピを教えるのですが、そこにやってきたのは何と偶然“クリスマス・チャーハンⅡ”を試食しに来ていた島野さん!
 「ブーちゃん、あんたスパイでもしてつかまったわけ!?」と最初は怒っていた島野さんですが、料理の勉強の為に教えてもらったという建前を聞くと感激し、「素敵よ、その前向きな気持ち!」と言ってブーちゃんに抱きつきます。
 これだけでも十分ブーちゃんにとって災難ですが、さらに興奮した島野さんから「これは、あたしからのクリスマスプレゼント!」と数秒間に渡って強烈なキスをされてしまい、哀れブーちゃんはショックの余り気絶してしまいました…orz。
 島野さんには失礼ですが、どう甘く見積もっても若い男から精気を吸い取るゲイの吸血鬼とその生贄以外の何物にも見えず、思わず「セクハラっていうレベルじゃねぇぞ!」元ネタ)と、ブーちゃんの散らされた純情に涙したエピソードでした。
全く嬉しくない強烈なクリスマスプレゼントをもらってしまい、気絶した哀れなぶーちゃん;
 ちょうど今日はイブなので、何かクリスマスらしい物が食べたいと思い、再現を決意しました。
 上記のショッキングな画像をごまかしつつ、早速レシピ通り再現しようと思います。


 という事で、レッツ再現調理!
 まずは、ツリー用のチャーハン作り。しっかり水洗いして泥を落としたほうれん草を塩入りの熱湯でやや柔らかめに茹で、すぐに冷水で色止めして余分な水気を絞ります。
 このほうれん草を適当にザク切りしたらフードプロセッサーにかけ、もったりとしたペースト状になるまで細かくします。
クリスマス・チャーハンⅡ1
クリスマス・チャーハンⅡ2
クリスマス・チャーハンⅡ3
 次に、油を引いて熱したフライパンへ鶏ひき肉を投入してほぐしながら炒め、白っぽくなってきたら塩、荒挽き黒胡椒、刻んだ長ネギを加えてざっと炒め合わせます。
 その合間に、茹で卵を白身と黄身に取り分け、白身の方は大雑把なみじん切りにし、君は金ザルで裏漉ししてミモザにしておきます。
クリスマス・チャーハンⅡ4
クリスマス・チャーハンⅡ5
クリスマス・チャーハンⅡ6
 この鶏ひき肉と長ネギの炒め物を、あらかじめ用意しておいたハナちゃん流基本チャーハンへ投入して混ぜ、最後にほうれん草のペーストを加えてまんべんなく行き渡るようよく混ぜ合わせます(火を通しすぎると変色するので、火力を弱めるか消すかしてから混ぜた方がいいです)。
 これで、ツリー用チャーハンの出来上がりです!
クリスマス・チャーハンⅡ7
クリスマス・チャーハンⅡ8
クリスマス・チャーハンⅡ9
 ここまできたら、いよいよ盛り付け作業。
 ツリーの型(当管理人の場合、探してもいい物が見つからなかったので、アルミホイルと型紙で自作した物を使用しました。形がいびつですみませんorz)に先程のチャーハンを詰めて形を整え、型を取ったらその周りに刻んだ白身を雪のように散らします。
 この白身の上に、星型にくり抜いて油でさっと炒めておいた赤色&黄色のパプリカとピーマンをトッピングし、柊の葉(又は柊に模した飾り物)をそっと添えます。
クリスマス・チャーハンⅡ10
クリスマス・チャーハンⅡ11
クリスマス・チャーハンⅡ012
 仕上げに上からミモザをパラパラとふりかけ、ツリーでライトが点滅しているように見えるよう仕立てれば“クリスマス・チャーハンⅡ”の完成です!
クリスマス・チャーハンⅡ13
 ほうれん草によって瑞々しい緑色のチャーハンに、ミモザの目に眩しい鮮やかな黄色が映え、雪に模した白身とあいまって本当にクリスマスツリーっぽい出来栄えで感動しました。
 パプリカやピーマンの星がお皿をカラフルにしている為、とても華やかな印象です。
 味の方がどうなるのかちょっと想像がつきませんが、どんな味がするのかワクワクします。
クリスマス・チャーハンⅡ14
 それでは、ミモザをチャーハンに絡ませていざ実食!
 いっただっきま~す!
クリスマス・チャーハンⅡ15


 さて、味の感想ですが…見た目通り洋風な味わいで美味し!ホウレン草がいい仕事をしています!
 型でしっかり押し固めたので、最初は「ちょっと固そうだな…」と心配だったのですが、鶏ひき肉とホウレン草ペーストがチャーハン一粒一粒の間に入ってばらつくようになっていた為、意外にもパラッとすぐほぐれる仕上がりになっていました。
 ホウレン草の素朴な甘味とほのかな苦味が効いているせいか、ヘルシーな美味しさが印象的なチャーハンで、時々荒挽き黒胡椒のビリッとくるスパイシーな辛さがいいアクセントになっています。
 それまでのチャーハンに比べると醤油控えめでシンプルなネギ塩味が特徴的な味わいなのですが、ホウレン草の風味のおかげで物足りなくなるギリギリ寸前で美味しく頂けるように工夫されているのに感心しました。
 とはいえ、鶏ひき肉の淡泊な旨味が程よいコクをプラスしているので、一口ではあっさりした味に感じても徐々に食べ応えが増し、最終的にちょうどいい腹持ちになるのがよかったです。
 また、肉厚パプリカのジュワッと甘い汁気といい、白身のプリプリした食感といい、目先の変わる添え物のおかげで飽きが防げてるのがナイスでした。
 ミモザのふんわり柔らかいような、それでいてホコホコしているような不思議な舌触りもチャーハンの口当たりをフワッと優しい物にしていますし、普通のチャーハンとはまた違った味なのが面白い一皿です。


 今回のチャーハンも、第一弾の物と同じく卵をうまい具合に活かした(しかも今回は、卵黄もちゃんと料理に使ってます)、クリスマスらしい一皿でした。
 家で食べるのはもちろん、冷めてもおいしいので、お弁当にして持っていてもよさ気です。

●出典)『華中華』 原作:西ゆうじ 作画:ひきの真二/小学館
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2012.12.26 Wed 16:39  |  

はじめまして。
ちょこちょこ拝見させていただいてます( ^ω^)

華中華、レシピにそそられつつストーリーも大変興味を引いたので書店で探すもこれがなかなか見つからないwwwく、悔しい…ビクン

  • #-
  • 7氏
  • URL

2012.12.30 Sun 14:22  |  

http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4091875610/ref=mp_s_a_1?qid=1356842825&sr=8-3&pi=SL75
Amazonなら手に入るかもしれません。Amazon恐るべし。

私は華中華、ハナチャイナ購入しました(*^^*)届くの楽しみ〜〜♪

ドラゴンボールの恋愛事情、チチもポッと出といえばポッと出で、いきなり成長し、ちゃっかり結婚…しかも教育ママで悟空への不遇な対応で感じ悪かったです(>_<)
だから、ブルマが独り言で、惜しかったな発言をした時ホッとしましたね。
楊貴妃さんはこの前人参のチャーハンをおいち♪と食べていたり、実態のある食欲のある幽霊?小人のように、針仕事もしてくれる守護霊??
どんな存在なのでしょうか?そのへんを読むのも楽しみだし、
あんこさんのLOVE解説がどんな感じにしっくりくるのかも、華中華を読む楽しみです♪

ジャンプに看板料理漫画がないのはやはり…真島クンすっとばすの打ち切りのように厳しい打ち切り制度から料理漫画が育たないのでしょうか…それもさみしいですね。

料理漫画の侮れなさを最近教えて頂いてる、私です。

  • #-
  • ふじちぃ
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/876-15b52362
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ