『平野レミのアイデアクッキング』の“バラ肉のごぼう雑炊”を再現!

 先日、初めて食べに行って以来すっかり虜になっているお寿司屋さんへまた行ってきたのですが、鉄火巻きを頼むと「赤身というか、これはもはやトロ巻きでは…」と言いたくなるような美しいピンク色の切り身が巻かれた鉄火巻きが運ばれ、仰天しました;。
 内心慌ててつつこっそり値段を見直しても、法外に高いどころか「鉄火巻きにしては少し高いかな?」程度だった為、「こんなに商売っ気なくて大丈夫なんだろうか…」とつい余計な心配をしてしまいました。

 どうも、いつか山ごぼうとたくあんの巻物を食べてみたい管理人・あんこです。


 本日再現する漫画料理は、『平野レミのアイデアクッキング』にてレミ先生がひとみさんに教えた“バラ肉のごぼう雑炊”です!
バラ肉のごぼう雑炊図
 それは、新年を迎えて少し経った頃の事。
 二世帯住宅に住むお義母さんから新巻き鮭丸ごと一尾をお裾分けしてもらったひとみさんは、表面上はありがとうございます~と笑顔で感謝するものの、鮭どころか魚自体捌いた事がなかったため、「どうしよう、これ…」と困り果ててしまいます(ちなみに、お義母さんはお裾分けする時「ふだんろくな物食べてないんでしょ、これで武に美味しい料理作ってあげてちょうだいな」と辛口な言葉までひとみさんにプレゼントしていました;。作中を見る限り悪い人ではないんですが、一言多いばかりにトラブルを起こすという非常に厄介なタイプのお姑さんと言えそうです;)。
 その結果、ひとみさんは腐らせるよりはとレミ先生へ新巻き鮭をあげようとするのですが、「あら、いい鮭じゃない。捌き方が分からないだけなら、いい機会だしチャレンジしましょ」とレミ先生が捌き方をレクチャーしてくれたおかげで、無事新巻き鮭を半分こ出来ていました。
 ただ単に捌いてあげるのではなく、ひとみさんが今後も困らないようわざわざ丁寧に説明しながら捌いてくれるレミ先生の優しさが読んでいて微笑ましいシーンです。
 この時、人のいいレミ先生はもらうばかりでは悪いから、という理由で「おかえしにごぼう持ってって、たくさん買ったの」とごぼうを差し出そうとするのですが、料理初心者なひとみさんは「せっかくだけど、あんまり食べないなら…」と言って断ろうとします。
レミ先生から新巻き鮭をもらったお礼にと、ごぼうをお裾分けされます
 すると、レミ先生は「えー、うそォ。こんなにおいしいのに?!」と驚き、様々なごぼう料理の名前を例として挙げてくれます。
 レミ先生曰く、キンピラ・煮物・サラダ・雑炊にすると最高だとの事で、ごぼう好きな当管理人は「参考になるな~」と感心したのを覚えています←他にも挙げるとするならハンバーグや肉団子に練りこんでもいけますし、ペペロンチーノソースやクリームソースに絡めればスパゲティにも合いますし、何だったら素揚げにして塩をちらすだけでも美味です)。
 おかげで、最初は乗り気でなかったひとみさんはどんどんその気になっていき、レミ先生が少し意地悪して「いらないんだったら残念だけど…」とごぼうをしまおうとした時、「いただきまーす、レミ先生っ」と慌ててすがっていました;。
ごぼうを使った料理の豊富さ、おいしそうさに惹かれ、慌ててもらうひとみさん;
 その後、レミ先生が数あるごぼうレシピの中で一押ししてひとみさんに教えていたのが、この“バラ肉のごぼう雑炊”です!
 作り方はそこそこお手軽で、ごま油で炒めた豚バラ肉とごぼうが入った鍋へ水・和風出汁の素・醤油・酒・みりん・塩を加えて煮込み、最後にご飯を投入して三つ葉を散らしたら出来上がりです。
 レミ先生が言うには、「ごぼうは食物繊維がたくさ~ん入ってるから便秘にいいの。おまけに新陳代謝がよくなるから、ぜひ取るようにしたいわね」だそうで、野菜の中でも特におすすめしていました。
 調べた所、ごぼうはこの他にもコレステロールを低下させたり、皮膚トラブルを改善する効果がある事も立証されているようで、感心です。
ごぼうは食物繊維が多い上、新陳代謝も高めてくれるとお勧めしていました
 ちょうどごぼうを安売りセールで大量購入していましたので、これをいい機会だと思い再現する事にしました。
 作中には詳細なレシピが載っていますので、早速その通りに作ってみようと思います!


 という事で、レッツ再現調理!
 まずは、炒め作業。鍋へごま油と一口大に切った豚バラ肉を入れて中火でざっと炒め、全体に火が通ってきたらささがきにして水洗いした後ザルで水気を切っておいたごぼうを投入し、よく炒め合わせます。
 ※ごぼうのアクを抜いておかないとエグミがきつくなりますので、水洗いだけで足りない場合は水の入ったボウルに浸けてしっかりあく抜きする事をお勧めします。
バラ肉のごぼう雑炊1
バラ肉のごぼう雑炊2
バラ肉のごぼう雑炊3
 ごぼうに油が回ってきたら水と和風出汁の素を入れてこまめにアクを取りながら煮込み、段々アクが出なくなったら醤油、酒、みりんを加え、柔らかくなるまで煮ます。
 ごぼうがしんなりしてきたら塩で味を調節し、食べる直前にほぐしたご飯を投入してもうひと煮立ちさせます(←ご飯を入れてからあんまり長く火を通し過ぎると、ご飯粒がクタクタになる為要注意です。また、ご飯サラサラタイプがお好きな場合は、ザルに入れてご飯を軽く洗っておく事を推奨します)。
バラ肉のごぼう雑炊4
バラ肉のごぼう雑炊5
バラ肉のごぼう雑炊6
 鍋がもう一度沸騰しだしたらすぐに火からおろし、刻んだ三つ葉を飾り付ければ“バラ肉のごぼう雑炊”の完成です!
バラ肉のごぼう雑炊7
 ごぼうと三つ葉の風味豊かな香りが温かな湯気となって立ち上る為、それだけでもう食欲がそそられます。
 基本茶色一色の雑炊ですが、三つ葉の鮮やかな緑色のおかげで、そこまで殺風景な仕上がりでないのにほっとしました。
 ごぼうと雑炊は、果たして相性がいいのか…実際に食べて確かめてみようと思います!
バラ肉のごぼう雑炊8
 それでは、出来立ての内にいざ実食!
 いただきま~すっ!
バラ肉のごぼう雑炊9


 さて、味はと言いますと…見た目よりずっと食べ応えのある雑炊で美味し!ごぼうの魅力が光る一品です!
 適度に柔らかく煮えつつも、まだザクザクした歯応えがしっかり残っているごぼうが食べやすく、そのせいか信じられない量のごぼうでもペロリと平らげられちゃいます。
 パッと見はさっぱり系に見えますが、豚バラ肉の濃いコクと魚介系の和風スープが効いている為なかなかボリュームがある感じの味わいで、雑炊というよりは「ごぼうと豚肉のヘルシースープご飯」というイメージだと思いました。
 豚バラ肉の甘味すら感じる脂分のおかげで、あっさりストレートな醤油味のつゆにまろやかさがプラスされ、それがまたサラサラしたご飯とよく合っていて食が進みます。
 意外な事に、ゴマ油を使った割にはそこまでゴマの風味は主張してこず(ほんのり後口で漂ってくる程度)、代わりに炒めたごぼう特有の香ばしい、そして土気を思わせる野趣溢れる香りが全面的に出てくる感じで、正直野菜がここまで力強い出汁を出せるとは…と驚きました。
 ごぼうの味・香り・食感を十二分に楽しめるので、ごぼう好きにとってはまさに夢のような料理です。
 あと、みりんの甘味がわずかに舌へ残るせいか、ちょっぴり後味が甘辛いのが特徴的で、個人的に「甘さ控え目のごぼうの柳川風の出汁をぐっと薄めたら、こんな味になるのかな?」という印象を受けました。


 ごぼう好きの方にとっては垂涎ものの逸品だと思います(^^)。
 晩御飯を軽く済ませたい日に頂いたり、飲んだ後の〆として食べてもよさげでした。

●出典)『平野レミのアイデアクッキング―まんが版傑作選』 監修:平野レミ 原作:小林誠子 作画:泉万里/主婦と生活社
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2013.11.02 Sat 20:50  |  


美味しいそうですね!これからの時期にもピッタリですし明日にでも試してみます(≧∇≦)

前に再現されてたクッキングパパの《つみれ鍋》の〆も牛蒡たっぷりの雑炊ですが、果たしてどちらが美味しいですかね?

  • #-
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/891-909605bb
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ