『たけだみりこの極楽ゴハン』の“簡単チーズケーキ”を再現!

 最近、オムライスが誕生したきっかけは<北極星>というお店の主が、「常連の小高さんは、胃が弱いからといって毎回白飯とオムレツを別々に頼んでいる」「いつも同じものでは可哀そうだ」と思ってケチャップライスをオムレツで包んだのが始まりだと知り、感心しました(参考URLはこちらこちら)。
 食べ物の誕生話はどれも意外で面白いので、読んでてあきません。

 どうも、切れ目を入れてフワトロにするオムライスのアイディアを提供したのが、かの伊丹十三さんだと知って仰天した管理人・あんこです。


 本日再現する漫画料理は、『たけだみりこの極楽ゴハン』にてある奥さんが定期的に作るご主人の好物・“簡単チーズケーキ”です!
簡単チーズケーキ図
 『たけだみりこの極楽ゴハン』とは、七福神の一人として有名な大黒天ことかまどの神様が、日本の台所で料理に悩んでいる人々の元を訪れてはナイスなレシピを教えて救っていくという、ファンタジー系簡単グルメ漫画です(時には海外に進出したり、動物の悩みを聞いたり、タイムスリップしたりする事も;)。
 何しろ神様が主人公なので、鍋に乗って空を飛んだり、瞬間移動したり、神通力を使って不味い料理を美味しく変えたりと超人的な力が目立つのですが、性格も言動も普通の人間とそう変わらない為、神様というよりはマイペースで世話好きな突っ込み上手のおじさんという感じで、読んでいると妙に親近感が湧いてきます。
 美味しそうでお手軽なレシピが数多く収録されているのはもちろん、ストーリーも例外なく起承転結がしっかりして面白く読めるものばかりだったので(『セイシュンの食卓』は物語と料理を無理やり絡めようとしてカオスな展開になる事もしばしばだったので、尚更そう思います;)、個人的にはたけだみりこ先生の作品の中で一、二を争うほど好きな単行本だったりします。
 実はこのかまどの神様、意識せず料理の名言をもらすことが多く、「素材の短所を長所に変える。これが料理の醍醐味よのう」「いろんな材料の旨味が渾然とした時、それをまとめあげるのは<時間>な事も多いもんじゃ」「やっぱり下ごしらえは大事じゃな。料理もパーティーも人生も。なんてな」「洋風のも和風のも、煮物には不思議と作った人の個性が出る。神のワシにもわからん謎じゃ」など、油断してページをめくっていた管理人は何度もハッとさせられたのを覚えています(^^;)。
本当は大黒天なのですが、台所で困っている人を助ける時は「かまどの神」と名乗ってます
 今回ご紹介するのは、結婚して二十五年経つあるご夫婦のエピソード。
 このご主人、新婚時代から妻・ヨシエさんが作り続けているチーズケーキが大好物でしょっちゅう焼いてもらっているのですが、その都度ヨシエさんは何故か「いいですよ。その代わり…作っている姿は決して見ないでくださいね」と、まるで鶴の恩返しに出てくる鶴のように念押ししてから台所に立つ為、それが気になって仕方がない状態。
 新婚当初はそこまで気にならなかったものの、二十五年も内緒にされているとさすがに作り方が気になってきたようで、近頃ではチーズケーキを作ってもらうたびに悶々して「なぜなんだ…どうして見ちゃいけないんだ…一体あのチーズケーキにはどんな秘密が…」と悩んでいると語っていました;。
 当管理人自身、「非公開レシピ」「製法は企業秘密」「ここからの工程は取材拒否」といった単語をテレビやサイトで見るたび「見たい…知りたい…教えてほしい…」とモヤモヤする機会が多い為、ご主人の気持ちはよくわかります(←のりたまの材料欄にある「こしあん」は一体何なんだと考えるたび、夜も眠れません;)。
鶴の恩返しに出る鶴のように、チーズケーキを作る姿を決して見せようとしない奥さん
 その後、ただならぬ気を感じてやって来たかまどの神様は「お願いです、どうかあいつのチーズケーキの秘密を…っ!!」と懇願して土下座までするご主人にタジタジになりつつ(←まるで飛び込み営業をしているサラリーマンを思わせる必死さでした;)、ヨシエさんの元を訪れて一通りのチーズケーキ作りを観察します。
 その際、ヨシエさんがミキサーを使用してあっという間に作ったのが、この“簡単チーズケーキ”です。
 作り方はものすごく簡単で、ミキサーにクリームチーズ、生クリーム、卵、砂糖、小麦粉を入れてよく混ぜ合わせ、型に流し込んで焼くだけでもう出来上がりです。 
 かまどの神様が言うには、「文明の利器を使って超カンタンに」「フワフワというよりみっちり詰まったタイプのチーズケーキ」との事で、初見時はあまりにも分かりやすくてお手軽な手順に感動すら覚えたのを覚えています。

 実を言いますと、かまどの神様とヨシエさんは二十五年前から旧知の仲で、そもそもこの“簡単チーズケーキ”も、何とかまどの神様が料理下手だった頃のヨシエさんに伝授したレシピとのこと;。
 その為、かまどの神様はご主人に本当の答えを教える事が出来たのですが、ヨシエさんの意思を確認してから教えようと考えたようで、「そろそろ本当の作り方を教えてやってくれんかー。カンタンすぎてありがたみはなくなるがのぅ」とお願いするのですが、何故かヨシエさんは「いえねー、そりゃぜんぜんいいんですけど」と言いつつも、浮かぬ顔になります。
 というのも、どうやらご主人は悩んだ期間が長すぎたせいか、今更ミキサーを回しているだけと言ってもとても信じてもらえなさそうな状態になっているようで、実際に最後の方で「あいつ、もしかして乳牛の生まれ変わりだったりして…」「いや、魔法使いなのかも…」という妄想で頭がいっぱいになっている様子が描かれていました(想像力が無駄に豊かなのも考え物ですね;)。
 一人の料理に悩む妻を救った代わりに、今度は一人の妻の正体に悩む夫を作り出したとは、何とも皮肉なお話です(´∀`;)。
なんと、かまどの神様と奥さんは二十五年前からの知り合いで、このチーズケーキもかまどの神のレシピでした
 前々から「たったこれだけで、本当にチーズケーキが出来るんだろうか?」と疑問を持っていた為、真偽を確かめるべく再現することにしました。
 作中のレシピ通り、早速作ってみようと思います。


 という事で、レッツ再現調理!
 まずは、生地作り。ミキサー(又はフードプロセッサー)へ常温に戻して柔らかくなったクリームチーズを入れ、滑らかになるまで根気強く混ぜます。
 やがて、クリームチーズが混ざりきったら全卵を投入し、混ぜ合わせます。
 ※この時、クリームチーズをどれだけ滑らかなクリーム状にするかどうかで出来栄えがかなり変わってきますので、要注意です。
簡単チーズケーキ1
簡単チーズケーキ2
簡単チーズケーキ3
 続けて、砂糖と生クリームを加えてさらに混ぜ合わせます。
 ※もしふんわりした口当たりにしたい場合は、全卵ではなく卵黄と砂糖の半量を入れて作った生地(その他は普通の手順と同じ)を、砂糖と卵白を合わせて作ったメレンゲへ投入し、さっくり混ぜ合わせて型に入れたらOKです。
簡単チーズケーキ4
簡単チーズケーキ5
 材料が混ざりきったら、何度かふるいにかけた小麦粉を入れてよく混ぜ合わせ、クッキングシートを敷いた型(又は使い捨てのケーキ型)へ流し込み、170~180度に熱したオーブンで約五十分かけて焼きます。
簡単チーズケーキ6
簡単チーズケーキ7
 焼き上がったら荒熱をとって冷ましてから型をはずし、そのままお皿へ移せば“簡単チーズケーキ”の完成です!
簡単チーズケーキ8
 ぱっと見た感じでは地味な焦げ茶色一色のケーキですが、切り分けてみると中は真っ白で、見るからに食欲をそそります。
 スポンジというよりはムースのように滑らかな断面で、とてもあんなに楽して作ったケーキだとは思えませんでした;。
 一体どんな味がするのか、早速食べて確かめてみようと思います!
簡単チーズケーキ9
簡単チーズケーキ10
 それでは、小皿に取り分けていざ実食!
 いっただっきまーす!
簡単チーズケーキ11


 さて、味の感想ですが…中身がみっちり詰まったボリューム満点のチーズケーキで美味し!単にミキサーを回しただけとは信じられないくらい、本格的な味がします!
 クリームチーズの淡くて柔らかな酸味、乳製品特有のまろやかなコク、優しくとろけていくクリーミー感が最大限まで活かされたケーキで、噛んだ時はややしっかりしめの口当たりなのに、徐々にしっとりと舌の上で溶けてしまうのがたまりません。
 糖度はそこそこあるものの、どちらかと言うと甘さは控え目な方に分類される為、甘い物好きからケーキが苦手な方まで幅広く受け入れられそうな感じがします。
 不思議な事に、チーズと生クリームの旨味をギュ~ッと濃縮したようなこゆい味の割にはサラッとした後口でくどくなく、スフレチーズケーキ並に軽い食後感なのが印象に残りましたこの爽やかな後味は、ヨーグルトケーキに通じる物があります)。
 ベイクドタイプのチーズケーキなので、クリームチーズその物を食べているかのような重厚かつリッチな味わいが特徴的ですが、その反面まるで湯煎焼きしたチーズケーキみたいに滑らかでキメの細かい舌触りにもなっていたので、内心「そのまま焼いただけなのに、蒸し焼きしたような繊細な仕上がりになっている…」と感動しました。


 甘い物好きの母も、甘い物がそこまで好きじゃない相方さんら男性陣にも好評だったケーキで、すぐに定番化を決定しました(^^*)。
 ミキサーを回すだけでこんなにおいしいケーキができるのかと、目からうろこが落ちた再現でした。

●出典)『たけだみりこの極楽ゴハン』 たけだみりこ/竹書房
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2013.05.08 Wed 13:04  |  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • #
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/897-06059c25
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ