『美味しんぼ』の“バナナのカクテル&抹茶のカクテル”を再現!

 我が家は大分前からずっと朝食はご飯だったのですが、近頃は美味しいパン屋さんがオープンしたのもあり、パン食ばかりになってきています。
 当初はバタートーストばかりでしたが、最近では各々がジャムに凝るようになった為急速に冷蔵庫のスペースが狭くなってきており、「早く使い切らねば」とジャムを厚塗りする毎日です;。

 どうも、練乳ジャムといちごジャムを組み合わせていちごミルク味にして食べるのがここ数日間のお気に入りな管理人・あんこです。


 本日再現する漫画料理は、『美味しんぼ』にて山岡さんが新しく考え出した創作カクテル二種・“バナナのカクテル&抹茶のカクテル”です!
バナナのカクテル図抹茶のカクテル図
 それは、栗田さんの妊娠が分かって少し経った頃の事。
 妊娠して以来、味覚や食の好みが激変した栗田さんに山岡さんは戸惑いがちで、一度大好物のクサヤを焼いている時栗田さんから「きゃあ、クサヤ!やめて、やめて!」「体が変わったのかしら、嫌いになったみたい。ごめんなさい」と拒否されて自由に食べられなくなったのをきっかけに、徐々に元気がなくなっていきます(←食いしん坊の山岡さんにとっては死活問題ですね;)。
 しかし、どういう訳かブラックさん・中松警部・大石警部・団さんの四人とコソコソ集合して飲み会をするようになってからは妙に機嫌がよくなり、行動や言動に怪しい物が目立つようになります…。
 そんな山岡さんの様子に不安を覚えた栗田さんは、相談相手である荒川さんや三谷さんのアドバイスに従い、ブラックさんの妻・テルエさん、中松警部の妻・歌子さん、大石警部の妻・みさ子さん、団さんの妻・ジュディさんとこっそり連絡を取り合い(すごい偶然ですが、皆様妊娠中です;)、集まって相談しあうのですが、浮気疑惑は収まるどころか返って真っ黒な状況証拠がわんさと出る羽目になり、奥様方は一時騒然となります;。

 テルエさんは栗田さん同様元気がなかったブラックさんが急に浮き足立つようになったのを目撃、みさ子さんは大石警部の口から「男どもの欲求不満の解消だ」という言葉を立ち聞き、そして歌子さんに至っては旅館経営をしている中松警部の知り合いから唐突に電話が来たのを取っており、初見時は「確かに、これは限りなく怪しい…かもしれない!」とこちらまで冷や汗が流れました;。
 ※今回のお話は、時々山岡さん視点のシーンが混じる事もあるにはあるのですが、そこで山岡さん達は「はあ…結婚生活って難しいもんだなあ。俺だって、最近の栗田さんには参ってるからな~」「俺ッちも、歌子さんとの生活に不満が溜まってるんだ」「不満も限界を超えた!」「我々が取ろうとしている行動は、裏切りではない!止むに止まれぬ、自衛の為の行動だ!」などとかなり不穏な言葉ばかりなので、あながち栗田さん達の気のせいだとは言い切れないのが辛いところ;。

 それでも、ほとんどの奥さんはまだ半信半疑だったんですが、ジュディさんの「みんな甘いわね。‘A guy is a guy’よ、男は男」(←相方さんが感心してました;)「亭主が浮気をするのは、妻が妊娠している時が一番多いのよ」というなかなかリアリティーのあるセリフにすっかり疑心暗鬼になり、お互い新しい情報が手に入ったらまた落ち合う事を約束し合ってました。
 それにしても、普段は分かりにくいですが、こうやって五人集まるとそれぞれの奥様方の個性が浮かび上がる感じで、ハラハラしながらも興味深く感じたのを覚えています(←後々の行動を念頭に入れて見ると、総司令官=ジュディさん、参謀副長=歌子さん、諜報員=テルエさん、一等兵=栗田さん、新人二等兵=みさ子さんみたいな印象を受けました;)。
妊娠中の奥さん達に隠れ、なにやらコソコソと動く山岡さん達ご主人連盟;すかさずその動きを察知し、不穏な空気になっていく栗田さん達奥様連盟!
 その夜、栗田さんは思い存分相談できて気が晴れたせいか、少し機嫌がよくなって帰宅するのですが、帰ってきて早々山岡さんから「知恵を貸してくれ!」「新しいカクテルを作ろうと思ってね。君が頼りなんだ」と言われ、カクテルの味見をする事になります。
 その際、山岡さんが栗田さんの目の前で作って飲んでもらった創作カクテルが、この“バナナのカクテル&抹茶のカクテル”です!
 作り方は二つとも簡単で、“バナナのカクテル”はミキサーにかけたバナナと牛乳にラム酒を合わせて上にバニラの種を散らすだけ、“抹茶のカクテル”は抹茶で溶いたジンに蜂蜜と炭酸水を合わせてレモンの薄切りを乗せるだけで出来上がりです。
 山岡さん曰く、“バナナのカクテル”に入れるバナナは通常店で売られている長いバナナではなく、甘味・酸味・芳香のバランスが取れたモンキーバナナという短いバナナを絶対に使うべきだそうで、長いバナナの事を「あれはだめだ。酸味がないし、香りも甘みもない」と相変わらずの毒舌で否定していました(^^;)。
 ともあれ、既に何百種類という膨大なレシピがあるカクテルがある中、こういう独創的なカクテルを考え付く山岡さんは、なんだかんだ言ってやっぱり凄いと思います。
唐突に、新しく考えたカクテルの味見をして欲しいとお願いする山岡さん世界各国の様々なお酒とフルーツを使い、試行錯誤した模様
 味見中、栗田さんはどれも美味しいとさらに上機嫌になって的確な評価を下し、山岡さんもそれを聞いて安心するのですが、その直後山岡さんがポロッとこぼした「どうだい?こういうカクテルなら、若い女性にも好かれるだろう」というセリフによって、二人は一転して気まずいムードになります;(←余程仕事モードになっていたのか、栗田さんはすぐには気付かず「ええ、見た目にきれいだし、味も優しいし、そして上品だし……若い女性?」と、ワンテンポ遅れてから突っ込むという天然っぷりを見せていました;)。
 けれども、タイミングがいいのか悪いのか、その直後にじテルエさんから緊急招集の電話を受けた栗田さんはアタフタする山岡さんを置いて家を飛び出し、集合先である歌子さんのアイスクリーム店で驚くべき真実を聞くこととなります。
 実は大胆な事に、テルエさんは話し合い後すぐに歌子さんから聞いた旅館へ直接聞き込みをしに行ったそうなのですが(←すごい行動力!頼りになります)、そこで旅館の人から「土曜日に山岡さん達五人が集まる予約が入っている」「女性も同じ部屋に五人くるようになっている」という聞き捨てならない事実を確認したとの事で、これにはさすがに全員がざわ…ざわ…状態になります。
 さらに、呆然とした栗田さんが「それでだったのね…山岡さん、若い女性に受けるカクテル作りを研究してたわ」と言ってからは一同はますますヒートアップし、疑惑が確信に変わったような雰囲気になっていました。

 こうして、怒りで爆発寸前になった奥様方五人は(←但し、みさ子さんだけはずっと弱気でメソメソしていました;)、土曜日になったら現場へ踏み込み、直接バトルをする事を決めます。
 果たして、山岡さん達は本当に浮気をするのか…栗田さん達はどのように噴火するのか…真実は一体、どこにあるのか…?
 続きは、次回に持ち越したいと思います!
山岡さんがポロッとこぼした「若い女性」という単語で、ますます疑いを深めていきます;
 作中では山岡さんがボロを出すキッカケとなる因縁の飲み物扱いになっていますが、味自体はとてもおいしそうだったので再現を決意しました。
 カクテル作りは初心者なのでなれませんが、早速レシピ通り作ってみようと思います!


 という事で、レッツ再現調理!
 まずは、“バナナのカクテル”作り。山岡さんがおすすめした通りモンキーバナナを用意したら、皮をむいてミキサー(又はフードプロセッサー)に入れ、牛乳を流し込んだらスイッチを入れて滑らかにします。
 ※低脂肪牛乳ではなく、成分無調整の牛乳を使う方がぐっと美味しくなります。
バナナのカクテル&抹茶のカクテル1
バナナのカクテル&抹茶のカクテル2
バナナのカクテル&抹茶のカクテル3
 モンキーバナナと牛乳が完全に一体化したら、冷やしておいたラム酒(当管理人は製菓用で作っちゃいましたが、勿論本物のラム酒でも可です;)を好みの割合になるよう加えてさらに混ぜ、ワイングラスの中へ注ぎます。
 この上に、あらかじめ包丁でこそいでおいたバニラビーンズの種をパラリと散らしたら、“バナナのカクテル”はOKです。
バナナのカクテル&抹茶のカクテル4
バナナのカクテル&抹茶のカクテル5
 次は、“抹茶のカクテル”作り!
 茶漉しでサラサラになるまでふるっておいた抹茶に冷やしたジンを入れ、ダマが残らずトロットロになったのを確認するまで泡立て器でよーく溶きながら混ぜます。
バナナのカクテル&抹茶のカクテル6
バナナのカクテル&抹茶のカクテル7
バナナのカクテル&抹茶のカクテル8
 そこへ蜂蜜をたらしたら念入りにもっと混ぜ合わせ、蜂蜜が抹茶に溶け込んだらさらに炭酸水で割り、氷入りの長いグラスへすぐに注ぎます。
 なお、炭酸水を入れるとたちまちシュワーーッと泡が立ち上ってくるので、入れすぎるとこぼれる危険性がある為注意が必要です;。
 ※氷入りのグラスに蜂蜜入り抹茶を入れ、そこへ炭酸水を投入して長いスプーンで混ぜて作っても大丈夫です。
バナナのカクテル&抹茶のカクテル9
バナナのカクテル&抹茶のカクテル10
バナナのカクテル&抹茶のカクテル11
 これらのカクテルを出来たての内にテーブルへいそいそと運べば、“バナナのカクテル&抹茶のカクテル”の完成です!
バナナのカクテル&抹茶のカクテル12


 それでは、いざ実飲!
 一番目は、“バナナのカクテル”。いただきまーす!
バナナのカクテル&抹茶のカクテル13
 さて、味の感想ですが…バナナオレをぐっと香り高く、大人っぽくした印象の美味しさ!バナナのフルーティさが活きています!
 バニラビーンズの官能的なまでに甘やかな香りと、モンキーバナナのフレッシュで濃密な甘さが混然となっている為、栗田さんが言った通り「とても濃厚な味のお菓子といった感じ」に仕上がってます。
 モンキーバナナは単に甘いだけでなく、酸味が絶妙なバランスで組み合わさっている品種な為、よりカクテルに複雑な奥行きを与えていました。
 どことなく焦がし砂糖を彷彿とさせる香ばしさが特徴なラムの香りが、いい仕事をしています。
 やや強めのカクテルですが、牛乳のクリーミーさとバナナのとろみのおかげでシェイク風のなめらかな舌触りになっており、柔らかな口当たりになっているのがよかったです。


 二番目は、“抹茶のカクテル”!いただきま~す。
バナナのカクテル&抹茶のカクテル14
 さて、味の感想ですが…抹茶とレモンの爽快な後味が喉に嬉しいカクテル!程よい甘さが嬉しい一品です。
 ジンは薬っぽい独特の癖があるので、どちらかというと苦手だったんですが、これは抹茶の渋くて上品な香りと蜂蜜のじんわり深くて濃い甘さが効いている為、まるで抹茶オレのようにスルッと軽く飲む事が出来ました。
 レモンの持つ、柑橘類特有のスカッと爽やかな風味と瑞々しい酸味がいいアクセントになっており、おかげでジンのキレがいい喉越しの良さと相まってかなり飲みやすかったです。
 より詳しく名前を変更するなら「抹茶味のハニー・ジントニック」というイメージで、和風とも洋風とも言えない不思議な後味が心に残りました。
 炭酸のシュワシュワ感が喉を刺激してくる割には、結構落ち着いた印象のカクテルです。


 二つとも「さすが山岡さん!伊達に究極のメニューの担当者をやってないですね!」と賞賛したくなる素晴らしいカクテルでした。
 特に“抹茶のカクテル”は、ジンが苦手な方でも目からウロコな味でびっくりする事請け合いなので、お勧めです。

●出典)『美味しんぼ』 原作:雁屋哲 作画:花咲アキラ/小学館
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2013.02.23 Sat 17:32  |  初めまして!

鉄鍋のジャンの飲めるラー油炒飯を探していたところ、此方のブログにたどり着きました。
今記事を一つ一つ読ませていただいてますが、とっても美味しそうで作りたくなってしまいます(笑)
これからも見させていただきますので更新頑張ってください!

  • #-
  • ぽっきり
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/902-3e7e936e
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ