『華中華』の“春キャベツ包みチャーハン”を再現!

 どういう訳か、当管理人はキャベツ料理を思案する時必ず「カレー味のキャベツ炒め」が頭によぎる癖があり、大分前から不思議に感じていたのですが、先日「そうか!給食でずっと食べ続けていたからだ!」と気付き、合点しました;。
 子どもの頃はそこまで好きではありませんでしたが、大人になった今はおつまみのソーセージによく合う組み合わせなので大好きになっています。

 どうも、焼きそばに入っているソース味のキャベツが好きな管理人・あんこです。 


 本日再現する漫画料理は、『華中華』にてハナちゃんが陳料理長の牛肉包みチャーハンをヒントにして作り出した“春キャベツ包みチャーハン”です!
春キャベツ包みチャーハン図
 “玄米の春キャベツチャーハン”で上海亭に一騒動あった数日後、ハナちゃんは満点大飯店の先輩であるチビ太さん・ノッポさん・ブーちゃん、そして後輩の原田明菜ちゃんと一緒に、陳料理長のいる東京ニューオリエントホテルのレストランへ話題の“牛肉包みチャーハン”を食べに行きます。
 この時、男性陣は「ダブルデートだ!」と内心ウキウキ気分でやって来ていたのですが、ハナちゃんは完全に新しい料理の研究の為、明菜ちゃんは「チビ太さん達は適当にまいて、帰りは華子先輩と買い物しよう♪」とデートの認識全くなしで、男女間の温度差がひどかったのが少し気の毒でした;。
 レストランに到着後、満点大飯店とはまた違った高級感のある空間に一時は萎縮するハナちゃん一同でしたが、たまたま各テーブルへ挨拶回りをしに来ていた陳料理長とつかの間の再会を果たし、おかげですぐに料理人の顔に戻ってリラックスできていました(^^)。
 実はこの時、偶然パクリ屋の有田店長も別のテーブルに座っていてコソコソ写真を撮ったり、タッパーに料理を詰め込んだりと怪しさ満点の行動を取っていて、それを見つけたハナちゃん達は「きっと牛肉包みチャーハンのレシピを盗みに着たんです!追い返しましょう!」と忠告するのですが、意外な事に陳料理長は「そうか…でもいいじゃないか。盗まれるのはそれだけ料理が素晴らしい証拠なんだからな」と落ち着いていました。
 何でも、陳料理長が言うには「料理人は盗み盗まれて成長するもんなんだ」「ただし、盗んだレシピのまま料理を作って、お客様に出すのは最低だ。自分なりの工夫を加えて進化させてこそ、真の料理人だ」との事で、初見時は陳料理長の度量の大きさに感心したのを覚えています(←蛇足ですが、当管理人はこのセリフを知った時、『ダイの大冒険』に出てきた「別にどうでもいいじゃんか、誰が勇者かなんて。強い仲間なら何人いたっていいし、その内勇者は一人だけっていう決まりがあるわけでもないし」というセリフに匹敵するくらい、視野の広さを感じました)。
陳料理長の、心に残る教え。確かに一理あるので、勉強になります陳料理長から叱咤激励されたハナちゃん達は、俄然やる気を出します
 その後、ハナちゃんは陳料理長が「さー、うちの料理を食べて、気に入ったらどんどん盗んでくれ!」と茶化すのに微笑みながら“牛肉包みチャーハン”を食べるのですが、そのあまりの完成度と美味しさに先輩共々言葉を失い、「これを自分流に工夫しようと考えたら、とんでもなく難しいなぁ…」と少し落ち込んでしまってました;。
 しかし、ハナちゃんはめげずに色んな案を考え、ようやく三百円で出来る範囲で陳料理長のチャーハンを自分なりにオマージュしたと言える新作チャーハンを考え出します。
 こうして、ハナちゃんが夫の康彦さんによって差し入された春キャベツを使って作り上げたのが、この“春キャベツ包みチャーハン”です!
 作り方はそこそこ手が込んでおり、蒸した春キャベツの葉へ春キャベツと豚ひき肉入りの基本チャーハンをロールキャベツ状に包み込み、ごま油で両面を焼いて刻みキャベツを敷いたお皿へ盛って仕上げに甘酢餡をかけたら出来上がりです。
 ハナちゃんが言うには、蒸す時に使う葉は外側のしっかりして青々とした部分、チャーハンや刻みキャベツに使う葉は内側の黄色っぽくて柔らかい部分を使うのがポイントだそうで、巻く時に邪魔になってくる茎は薄くそいでチャーハンに使えば無駄がないと話してました。
 ハナちゃん曰く、「康彦さんが懸命に作ったキャベツを、大事に使いたいだけなんです」だそうで、旦那さんへの愛情がにじみ出ているのに思わずニヤニヤしました(・∀・)。
陳料理長の牛肉包みチャーハンに対する、ハナちゃんの答えがこのチャーハンです!
 ある意味夫婦合作と言えなくもないこのオリジナルチャーハンは、上海亭の常連さんだけではなく、何と銀河楼飯店から偵察に来ていた女性スパイ(!?)二人組にも「めちゃ美味しくない?」「本当に美味しいわ!春キャベツが甘くって…」と大好評で、おかげでハナちゃんはほっとした様子でした(←幸い、有田店長が気まぐれでも起こしたのか、“春キャベツ包みチャーハン”が銀河楼飯店で出される事はありませんでした;)。
 その為、ハナちゃんは当分康彦さんから配達される春キャベツでチャーハンをこしらえようという考えを強めていたのですが、ハナちゃんが満点大飯店へ戻ろうとした時、康彦さんが申し訳なさそうに「華子さん、ごめん…。春キャベツ、全滅しちゃったんだよ」と報告にきた為、いきなり春キャベツ作戦は頓挫する事となってしまいます…。
 どうやら、春キャベツは可愛い見た目と悪魔のような食欲を持つ、ある小動物によって全滅させられたようなのですが…これ以降の話は、また次回に詳しく書きたいと思います!
何と、康彦さんがハナちゃんの為に丹精込めて育てていた春キャベツが全滅!
 春キャベツの甘さと食感が大好きなので、再現する事を決意しました。
 作中の詳細なレシピ通り、早速作ってみようと思います!


 という事で、レッツ再現調理!
 まずは、中に入れるチャーハン作り。ごま油をひいて熱したフライパン(又は中華鍋)へ豚ひき肉を入れて混ぜ、パラパラになって透明な肉汁が出てきたら数ミリ程度にみじん切りにした春キャベツを投入してさらに炒めます(外側の葉ではなく、内側に近い柔らかな葉のほうを使います)。
 なお、この時蒸す用のキャベツの茎から削ぎとっておいた茎も刻んで入れた方が無駄もなく、食感もいいのでおすすめです。
 キャベツが半生くらいに炒まってきたら、塩とこしょうで味付けして火を消します。
春キャベツ包みチャーハン1
春キャベツ包みチャーハン2
春キャベツ包みチャーハン3
 この炒め物を、あらかじめ用意しておいたハナちゃん流基本チャーハンへ投入して混ぜ、しっかり炒め合わせます。
 なお、後々甘酢餡をかけたりしますので、基本チャーハンを作る時は塩と醤油を通常より気持ち少なめにして入れた方がいいです。
 これで、チャーハンの用意はOKです!
春キャベツ包みチャーハン4
春キャベツ包みチャーハン5
春キャベツ包みチャーハン6
 次は、包み作業&焼き作業。
 春キャベツの外側の葉を軽く蒸して水気を拭き取っておいた物をまな板に広げ、先程のチャーハンを上に乗せて四角形にまとまるよう巻き巻きしたら(←ロールキャベツのイメージでやるとうまくいきます;)、爪楊枝で縁をとめます。
 ※電子レンジを使って蒸すと、あっという間に出来るのでお勧めです!ただ、蒸しすぎるとフニャフニャになりすぎて焼いたり包んだりするのが難しくなりますので、注意が必要です。
春キャベツ包みチャーハン7
春キャベツ包みチャーハン8
春キャベツ包みチャーハン9
 このチャーハン包みキャベツを、ごま油を引いて熱したフライパンで両面に焼き目がつくくらいにさっと焼きああげます。
 その間、別の小鍋で中華スープ・醤油・砂糖・お酢を混ぜ合わせて熱し、水溶き片栗粉でとろみをつけて作った甘酢餡を準備しておきます。
春キャベツ包みチャーハン10
春キャベツ包みチャーハン11
春キャベツ包みチャーハン12
 こんがり焼けたチャーハン包みキャベツを、生の刻みキャベツを敷いたお皿へ盛り付け、その上から甘酢餡をたっぷりかければ“春キャベツ包みチャーハン”の完成です!
春キャベツ包みチャーハン13
 正直、原作で絵を見たときは「キャベツだらけで殺風景なチャーハンにならないかな?」と心配でしたが、作ってみるとそこまで寂しい見た目ではなく安心しました;。
 焦げたキャベツのなんともいえない香りが意外に食慾を刺激してきます(←焼き肉屋の焼きキャベツを連想するからかもしれません)。
 一体どんな味がするのか、実際に食べて確認しようと思います!
春キャベツ包みチャーハン14
春キャベツ包みチャーハン15
 それでは、一口大に切り分けていざ実食!
 いただきまーす!
春キャベツ包みチャーハン16


 さて、味はと言いますと…春キャベツだからこそ出せる幸せな甘さが活きていて、美味!ヘルシーで体に優しい味わいです!
 生キャベツのシャキシャキした張りのある食感、炒めキャベツに染み付いたゴマ油の風味、蒸しキャベツのミルキーさすら感じる瑞々しい密な甘味がチャーハンとしっかり調和しており、春キャベツの滋味が口の中いっぱいに広がります。
 中でも蒸しキャベツが秀逸で、しんなりザクザクした柔らかい歯触り、繊維を噛み切るたびに溢れ出す自然で強烈に甘いエキス、焼き目についた何とも言えない香ばしい匂いがシンプルなチャーハンを何ランクもレベルアップさせていました(単なる蒸しキャベツではなく、回鍋肉に入ってる焼きキャベツの美味しさをプラスしたイメージです)。
 トロリととろける甘酸っぱい醤油味の甘酢あんがいい仕事をしていて、蒸しキャベツチャーハンにとってはいいソース、生キャベツにとってはいいドレッシング代わりになっており、よく考えられたレシピだな~と感心しました。
 豚ひき肉のコクのある肉汁が淡泊になり過ぎるのを防いでいますし、非常にバランスがいいです。
 調理法によってガラリと変わる三種三様の春キャベツの旨さが楽しめる為かなり贅沢な味わいで、正直この一皿だけでも春の訪れを実感出来ました。


 正直、予想していたよりもかなり味がいい上にボリュームがあり、満足しました(ただ、ナイフで切り分けて食べないと食べにくいので要注意です;)。
 春キャベツ好きにとっては垂涎ものな美味しさなので、多くの方にお勧めしたいです!

●出典)『華中華』 原作:西ゆうじ 作画:ひきの真二/小学館
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/907-25a7c927
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ