『まかない君』の“イカの塩辛とベーコンと菜の花のスパゲッティ”を再現!

 先日スーパーへ行くと、五~六歳くらいの男の子が「マ~マはどこだ~♪マ~マはどこだ~♪」と歌いながら鮮魚コーナーを歩いているのを目撃し、かわいいな~と和みました。
 思えば小さい頃、自分も周囲の子もよく自作の即興曲を口ずさんでいたものだなーと懐かしい気持ちになりました。

 どうも、中学に上がるまで「カ~ラァ~スー、なぜ鳴くの~?カラスの勝手でしょー♪」という替え歌の方が正しいと本気で信じていたことがある管理人・あんこです。


 本日再現する漫画料理は、『まかない君』にて主人公・浩平君が同居一日目に作った“イカの塩辛とベーコンと菜の花のスパゲッティ”です!
塩辛とベーコンと菜の花のスパゲッティ図
 『まかない君』とは、大学進学をきっかけに年上美人従姉妹三人組が暮らす一軒家に同居する事になり、料理当番を任された青年・浩平君が、平々凡々時々ドキリとさせられる日々を送りつつ、実用性の高い美味しい料理を作っていく様子を描いた日常系家庭レシピ漫画です。
 主人公の浩平君は、十九歳にしてはやや大人びているイメージのごく普通の眼鏡青年なのですが(←しかし、従姉妹達に微エロな空想や視線を向けたりするので、むっつりスケベの疑いあり^^;)、クールなしっかり者に見えて実はなかなか茶目っ気のある凜さん、のんびりマイペースなお調子者でからかい上手な佳乃さん(巨乳のせいか、エロく見えるサービスカット多し)、明るく気が強いものの実は天然系な食いしん坊の弥生ちゃんなど、従姉妹達は皆かなりの個性派ぞろいで、おかげで浩平君は弥生ちゃんの「オモチャにされるのは、一番下の運命だから仕方ないね」という言葉通りの毎日を送る羽目になっています;。

 何か大きな事件やドタバタギャグ展開が起きるわけではなく、年の割に物知りな浩平君が料理に役立つ豆知識を披露しつつ淡々とご飯を作り、従姉妹と四人そろって他愛ない世間話や思い出を語り合いながらほのぼの食事するという、ただそれだけの内容なんですが、よく知っている者同士が集まってご飯を食べている時に出る、独特のリラックスした空気が自然に表現できているのが大好きな漫画です。
 ちょっぴりエロスな表現もありますが、決してくどくなくほんのり匂わす程度なのが返っていいアクセントになっている印象で、「年頃の男性が年頃の美人女性と食事すると、こういう発想の視線がくることがあるのか~」と興味深かったのを覚えています。

 ちなみに、浩平君が日頃関わることが多いのは、二か月だけ年上で実際はほぼ同い年の弥生ちゃんなのですが、どうやら浩平君は弥生ちゃんに淡い恋心のような感情を抱いているらしく、全く異性として意識してこない弥生ちゃんが無防備に接触するのにドギマギする浩平君の慌てぶりを見るだけでも結構楽しかったです(´∀`*)。
 ※なお、凜さんと佳乃さんは姉妹ですが、弥生ちゃんも浩平君と同じく別の家出身の従姉妹ですので、三姉妹という訳ではありません(kawajunさん、コメント欄でのご指摘ありがとうございます)。
年上の美人いとこ三人組に振り回されてしまう、料理上手な青年が主人公;
 今回作ってみるのは、浩平君が従姉妹三人組の家へ同居しに来た初日に有り合わせを使い、即興で作った晩御飯・“イカの塩辛とベーコンと菜の花のスパゲッティ”です!
 本当は、三人全員からいくつかリクエストをもらった上で何か作ろうとしていたようなのですが、凜さんは「まかせる」・佳乃さんは「なんでもー」・弥生ちゃんは「とにかく美味しいもの」と非常にアバウトな意見しか言わなかった為すぐに諦め、冷蔵庫に残っているもので適当に作る事にした模様;。
 作り方は簡単で、油をひいたフライパンにイカの塩辛・にんにく・ベーコン・紅しょうが・スパゲティの茹で汁で作ったソースに、同時進行で茹でておいたスパゲティと菜の花を投入して混ぜたら出来上がりです。
 イカの塩辛をパスタソースにするとは一見意外に見えますが、浩平君が言うには「昔は日本中で塩辛を調味料に野菜とか煮てたみたいだよ」だそうで、そう言われると妙に納得してしまいます(事実、以前“イカの塩辛スパゲティ”を作った時はかなり美味でした)。
 最初、浩平君は鷹の爪を使ってピリ辛する予定でしたが、家になかったので代わりに味を締める物としてたまたまあった紅しょうがで代用したとの事で、初見時は「買いもらしがあったらフリーズするだけの自分より、ずっと料理上手orz」とちょっとした敗北感を味わいました;。
いかの塩辛だけではなく、紅ショウガまで入れてしまうフリーダムさにびっくり!
 台所でお手伝いしていた弥生ちゃんは、当初「なんか生臭さそー」「何?塩辛だけじゃ飽き足らず、紅しょうがも入れるの?!」と抵抗感がありそうな感じでしたが、実際に食べてみるとかなり気に入る味だったらしく、凜さんや佳乃さんと一緒に「ブオーノ!ブオーノ!」と喜びながら食べていました。
 実を言いますと、浩平君の前に食事当番を担当していたのは弥生ちゃんだったのですが、「呪わしいほどマズイ」「それはそれはひどかった」と語り草になる程料理の腕はひどかったようで、食事中その事で少しからかわれてすねていたのですが、“イカの塩辛とベーコンと菜の花のスパゲッティ”のあまりの美味しさに「だめだー、おいしくて頬がゆるんで怒ってらんないや」とすぐに機嫌を直し(←この笑顔がまたかわいいのです^^)、その様子を見ていた浩平君は何とも言えない優しい表情で弥生ちゃんを見つめていました。
料理下手なのを指摘されていったんむくれるものの、すぐに期限を治すやよいちゃん
 『まかない君』の料理はどれも手軽に作れそうで美味しそうなものばかりだったのですが、このスパゲティは初回でインパクトがあった上に「塩辛と紅しょうが?!」という驚きもあって印象に残っていたので、ずっと再現したいと思っていました。
 最近菜の花が安く手に入るようになったことですし、早速作ってみようと思います!


 という事で、レッツ再現調理!
 まずは、ソース作り。フライパンに油、イカの塩辛、にんにくのみじん切りを入れて火にかけながら混ぜ、にんにくの香りが立ってきたら細い拍子切りにしたベーコンを加えて炒めます。
 全体に火が通ってきたら紅しょうがを投入し、さらに混ぜ合わせます。
 この時、「紅しょうが…」と一瞬ためらいを感じ方も多いと思いますが(←正直、当管理人もあんまり好きではないです;)、入れすぎさえしなければちゃんと美味しいので、勇気を出してみてください。
 ※なお、どうしても紅しょうががダメな方は、最初のレシピ通り鷹の爪を使って作ってもちゃんと美味しいです!
イカの塩辛とベーコンと菜の花のスパゲッティ1
イカの塩辛とベーコンと菜の花のスパゲッティ2
イカの塩辛とベーコンと菜の花のスパゲッティ3
 その間、塩を多めに入れて沸騰させた熱湯入りの大鍋にスパゲティを入れて茹で、茹であがる数分前になったら半分サイズに切った菜の花を加えて茹でます。
 茹であがったら、一緒にザルで湯切りしておきます(茹で汁はソースに使うので、全部捨ててしまわないよう要注意です)。
 なお、菜の花は一気に入れるのではなく、茎部分の方だけ数十秒早く入れて湯がくと茹で加減が平等になってさらに美味しくなります。
イカの塩辛とベーコンと菜の花のスパゲッティ4
イカの塩辛とベーコンと菜の花のスパゲッティ5
イカの塩辛とベーコンと菜の花のスパゲッティ7
 スパゲティソース入りのフライパンへ、先程の茹で汁をちょいと足して少し煮詰め、とろみがわずかについてきたら茹で上がったスパゲティを菜の花ごと投入してよく混ぜます。
イカの塩辛とベーコンと菜の花のスパゲッティ6
イカの塩辛とベーコンと菜の花のスパゲッティ8
 スパゲティにソースが十分に絡んだら火からおろし、お皿へそのまま盛り付ければ“イカの塩辛とベーコンと菜の花のスパゲッティ”の完成です!
イカの塩辛とベーコンと菜の花のスパゲッティ9
 一見、ごく普通の菜の花&ベーコンのパスタに見えますが、よーく見ると紅しょうがの赤色が所々に見える為、ちょっとした違和感を感じます;。
 匂いはそこまで「紅しょうが!!」という感じではなく、ふんわりしょうが特有のすっきりした香りが漂うイメージで、「これは当たりの可能性高し!」と勘で思いました。
 紅しょうがとスパゲティは、本当に合うのかどうか…緊張の一瞬です!
イカの塩辛とベーコンと菜の花のスパゲッティ10
 それでは、熱々の内にいざ実食!
 いっただっきまーす!
イカの塩辛とベーコンと菜の花のスパゲッティ11


 さて、味の感想ですが…こりゃンマーイ!調味料を一切使っていないとは信じられないくらい、しっかり味がついています!
まさか、藤子先生風のンマーイ!を他作品で見ることになろうとは…!
 イカの塩辛からにじみ出て凝縮したエキスの、まるで魚醤とアンチョビを足して二で割ったような味わい深い塩気がパスタや具に程よく絡んでおり、一口食べると止まらなくなる甘塩っぱい旨さが印象的でした。
 しんなりザクッと茹で上がった菜の花の春らしい爽やかなほろ苦さに、イカの塩辛の強い魚介系の出汁や日本酒系の香り、にんにくのがっつりした風味が抜群に合っていて、癖になります(心なしか、塩辛の塩味には菜の花の苦味を適度に和らげる効果があるように思います)。
 以前、イカの塩辛と鷹の爪のパスタソースを作った事があったんですが、あちらはペペロンチーノ寄りの味だったのに対し、こちらは辛味がない上にベーコンのコクや野菜系の旨味がプラスされている分、どちらかと言うと「あっさり和風アンチョビソースパスタ」と例えたくなるような味に仕上がっているように感じました。
 浩平君の狙い通り、紅しょうがのキリリとした鮮やかな酸味が全体を引き締めているのがいい感じで、濃いめの味付けの割には後味がさっぱりしているのがよかったです。
 ただ、紅しょうがのせいか妙に焼きそばっぽいイメージが最後まで付きまとった為、苦笑しました;。


 菜の花の良さが引き出された、とても斬新な味のパスタだと思います。
 母と相方さんに味見してもらった所、「ブオーノ!」…もとい、「おいしい!」と高評価でしたので、当分定番メニューになりそうです。

●出典)『まかない君』 西川魯介/白泉社
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2013.04.08 Mon 20:21  |  改めて読んでみると

あんこさん、こんばんは。いつも楽しく拝見しています。

『まかない君』、単行本を入手し、全話改めて読み直しました
が、掲載誌の関係でしょうか、「女子の食事描写のエロス」と
いう、何ともニッチな性的嗜好を追求していますね。

女の子の食べる口元をそこまで熱心に観察した事はないので
浩平君のように感じるかは判りませんが、少なくとも作中には
ドキリとさせられる描写が多いです。

それはともかく、生姜焼きや弥生ちゃんの1人酒盛りの
場面など、どれも美味しそうで、最近の「おつまみ代わり漫画」の1つになっています。

それと、蛇足ですが、弥生ちゃんは凛さん・佳乃さん姉妹とは
(浩平君とは別の地方から来ている)従妹だと思います。

自分の分の朝ご飯を平らげられてしまった佳乃さんが凛さんと
弥生さんを非難する場面や、弥生ちゃんがマスを実家でよく
食べていて、凛さんたちが初めて食べる話などから浩平君とは
違う地方からやって来ている事が伺えます。

まあ、とはいえ判り辛くはありますよね。
これからの楽しみにしています。では、また〜。

  • #SFo5/nok
  • kawajun
  • URL
  • Edit

2015.02.27 Fri 14:40  |  家系

最近この漫画を知りコミックス1,2巻を買いました。3月には3巻がでるようで楽しみです。
自分も読んでみて最初は三姉妹だと思ってましたが読み進めていくうちに弥生ちゃんは姉妹ではないっぽい感じがして何度か読みなおしてくうちに温麺の回に答えがありました。
雪ちゃん(浩平の母親)の事を凜さん、佳乃さんは雪叔母さんと呼んでますが、弥生ちゃんは雪伯母さんと呼んでます。
ですので浩平の母親は少なくとも3人兄弟以上で凜さん、佳乃さん姉妹(ここはさすがに姉妹だろうと思いますが確実な証拠なし)の父母どちらかが雪ちゃんの兄(姉)で、弥生ちゃんの父母どちらかが雪ちゃんの弟(妹)ですね。まあ本当にどうでもいい事なんですが気づいたのが嬉しかったので誰かに言いたかっただけです。
自分は料理は殆どしませんがいつかはこの漫画に出てくる料理をつくってみたいです。

  • #-
  • けい
  • URL

2015.02.27 Fri 20:47  |  

連投すみません。
そう言えば佳乃さんが高校生の凛姉さんにたらこそのままのっけ添えカレー弁当作ってた回想があったから上2人は姉妹ですね。
他にも証明出来るのあったかもしれませんが出先で思い出しながら書いてるのであやふやですいません。

  • #-
  • けい
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/917-80d7929e
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ