『木曜日のフルット』の“鯨井風汁なし麺”を再現!

 つい先日、今更ながらタモリ流インスタントラーメンの美味しい作り方を知って作ってみたんですが、確かに激ウマで驚きました。
 これまでにも、タモリさんの料理上手っぷりは豆腐丼豚生姜焼きのレシピを作ってみて実感していたのですが、こういうジャンクなものまで美味しく作れるとは…さすがです。

 どうも、毎週「タモリ倶楽部」を欠かさず見ては空耳アワーで爆笑している管理人・あんこです。


 本日再現する漫画料理は、『木曜日のフルット』にて主人公・鯨井先輩が作って食べていた“鯨井風汁なし麺”です!
鯨井風汁なし麺図
 『木曜日のフルット』とは、儲け話が好きで気楽な貧乏生活を送っているズボラ女性・鯨井先輩と(←時折、微妙に乙女心を発揮する一面あり;)、自分では完璧にノラ猫のつもりなものの、しょっ中鯨井先輩の家に泊まったりご飯をもらったりと中途半端に飼われている状態の半ノラ猫・フルットの一人一匹が主人公となって繰り広げられる、ゆるくてフリーダムな日常生活を描いたショートギャグ漫画です。
 大抵、ギャグ漫画はある程度まとまったページ数があるか四コマかの二極化する事が多いんですが、『木曜日のフルット』は珍しい事に合計二ページのショート漫画形式で、短時間でもするっと楽しめるエピソードが数多く収録されています。
 大雑把に分けると、お話は「鯨井先輩視点の人間界」「フルット視点のノラ猫界」「両方とも主役の世界」の三つに分類される感じで、限られたページ数だというのに起承転結に至るまできっちりまとめ上げている為、安心して読む事ができます但し、お話によっては全く関係ない人物が主人公になる事も)。
 中でも笑ったのが、「四千円がパチンコで二万円と缶詰になった、今度は二万円を元手に麻雀で増やす!」と勝負に出てボロ負けした鯨井先輩に呆れたフルットが、「その点俺は計画的だ。ひとかけのシーチキンで魚を釣り、この魚を餌にもっと大きいのを釣ってお腹いっぱい食べる」と釣り竿をおろし、結果魚が餌を食い逃げして自分も昼ご飯抜きになってしまったというお話で、何だかんだ言って似た者同士だな~と苦笑したのを覚えています;。
 また、極度にめんどくさがりな鯨井先輩は社会との接点がほとんどない為、律儀な性格が災いして今やすっかり鯨井先輩の世話女房役となっている地道な整体師・頼子さんと、同じアパートに住んでいる穏やかな常識人の漫画家・白川先生くらいしか知り合いがいないんですが、登場人物が少ない分かえってネタの粒がそろっているのがいいです(←登場人物が増えすぎて何が何だか分からなくなった漫画の、如何に多い事か!)。
整体師の職を持つ突っ込み役の頼子さんに、時々面倒をみてもらっています;
 元々、フルットはペットショップで飼われていた温室育ちの仔猫だったんですが、どういう訳か外の世界に対して憧れを抱き、「これから俺は最高で最低なハードロック的猫になってやる!」とまるで中二病みたいなセリフを言ってペットショップを逃げ出すんですが、その日の夜にはあっけなくノラ猫生活の過酷な現実に負け、ぱったり行き倒れ(←後々、ノラ猫達からフルットは「猫にあるまじき運動神経のなさ」「常識を知らない」と呆れられていますので、この脱走はかなり無謀だったと言わざるを得ません;)。
 しかし、運がいい事に行き倒れた道の横には、せっかく刺身を大量に分けられたというのに冷蔵庫が壊れてしまい、「どうすっかな、残った刺身…干してみるか?」と悩んでいた鯨井先輩の住むアパートがあり、たまたま窓を開けた鯨井先輩によってフルットは無事拾われていました(^^;)。
 ちなみにフルットの名前の由来は、弱っていたフルットが震えていたのを見た鯨井先輩が「お前何だかフルフル震えてるから、フルットって名前にしよう」と思い付いたからだそうで、ずっこけました;。
 が、よくよく考えてみれば、当管理人の周囲で飼われている猫達も、ある猫はたまたま家にあったお酒の銘柄名をつけられてたり、またある猫は「目つきがキリッとしてるから、キリ丸」になったりとかなり適当な命名がなされていましたので、どこの家も名付けする時はそれくらいアバウトなものなのかもしれません…。
ペットショップから逃げ出したフルットと、大量のさしみをもらったのに冷蔵庫を壊してた鯨井先輩の出会い
 今回作ってみるのは、ある日鯨井先輩が頼子さんと一緒にお昼を取る時にちゃちゃっと作ってみせた“鯨井風汁なし麺”!
 作り方はメチャクチャ簡単で、フライパンへ水を入れて沸騰させた所にインスタントラーメンの麺のみ入れてほぐし、水分が残っている内にスープの素を入れてさらに煮込み、段々汁が少なくなった時に生卵を落として蒸らしたら出来上がりです。
 最大のポイントは、「水分が残ってる内にインスタントラーメンに付いているスープの素を、半分に満たない量入れます」だそうで、入れ過ぎてしまうと味が濃くなりすぎてしまうだとか。
 鯨井先輩曰く、「袋麺タイプならどれででも作れるから、いろんな味を試してみよう。金に余裕があればネギとか入れるとうまいよ」「私はこれを思い付いてから、世界が倍に広がったね」だそうで、そのセリフを聞いた頼子さんから「世界観ちっさ!!」と驚かれていました;。
 正直、インスタントラーメンをあえて焼きそば風にするという発想自体ありませんでしたので(←せいぜい水の代わりに牛乳を入れたり、ミニオムレツを乗せたりする程度のアレンジしかしませんでしたorz)、初めて読んだ時は「その手があったかーっ!」と衝撃を受けたものです。
汁気がなくなりだしてから生卵を割り入れるのがポイントみたいですね「私はこれを思い付いてから世界が倍に広がったね」といい、呆れられてました;
 「残った袋麺のスープはどうしたらいいんだろう…」と思うとなかなか踏み出せんでしたが、先日野菜炒めに入れるとなかなか合う事に気づき、再現しようと決めました。
 果たして、鯨井先輩の言う通り世界が倍に広がるのかどうか、作ってみて確かめてみようと思います!


 という事で、レッツ再現調理!
 まずは、火入れ作業。フライパンに水を少々入れて強火で沸騰させ、グラグラいいだしたら中火にしてお好みのインスタントラーメン(袋麺タイプ)の麺を入れ、菜箸で徐々にほぐしていきます。
 ちなみに今回、当管理人はチャルメラ醤油味を使ってみる事にしました。
鯨井風汁なし麺1
鯨井風汁なし麺2
鯨井風汁なし麺3
 一分近く経って麺がほぐれ出したら、水分が残っている内に付属のスープの素を半分に満たない量だけ投入し、混ぜ合わせます。
 ※麺は十分火が通ってるのに水分が多いままだった場合は、ちょっぴり隙間を開けてフタをかぶせ、麺がこぼれないよう慎重にお湯をきる事をお勧めします!
鯨井風汁なし麺4
鯨井風汁なし麺5
 適当に混ぜていく内に水分が少なくなってブジュブジュという音が聞こえてきたら、真ん中に生卵を割り入れ、フタをして約一分未満待ちます。
鯨井風汁なし麺6
 フタを取って生卵が半熟になっているのを確認したらすぐに火を止め、そのままお皿へ滑らせるようにして移して刻みネギを振りかければ“鯨井風汁なし麺”の完成です!
鯨井風汁なし麺7
 匂いだけは馴染みのあるあのチャルメラの香りだったんですが、一見焼きそば風なので、少し混乱してしまいます;。
 卵やネギがなかったらあまりにも素っ気なさすぎる見た目になっていたと思いますので、卵もネギも絶対あった方がいいです(^^;)。
 味の想像はつきそうでつかないので、早速食べて確かめてみようと思います!
鯨井風汁なし麺8
 それでは、麺が伸びない内にいざ実食!
 いただきま~すっ!
鯨井風汁なし麺9


 さて、味はと言いますと…いつも食べている袋ラーメンとは違った味で旨し!普通のインスタント麺に飽きた方にお勧めです!
 慣れない手つきで火を通したせいか、普通に作った時よりも少しだけ麺が柔らかめでしたが、茹で汁と合わさってとろみのついたスープがまんべんなく絡んでおり、すごく食べやすいです。
 例えるとするなら、ちゃんぽん麺のようにスープの旨味を内に吸い込んで尚、やんわりシコシコした歯応えが残っているおいしさというイメージで、油麺みたいに具がなくても麺だけで十分美味という印象を持ちました。
 食べ進んで行くと段々単調過ぎて飽きがきそうになるのを、半熟卵のトロトロまろやかなコクが釜玉風に変化させてくれるのがナイスです。
 感覚的には博多の焼きラーメンに近い感じの、こってり系でワイルドな味わいで、B級グルメを思わせるざっくばらんさが気に入りました。
 あと、ネギのシャキシャキ感と鮮やかな風味が与えてくれるアクセントは実は結構重要で、これがあるのとないのとでは大分変わって来るので必須です!
 チャルメラ特有の秘伝のスパイスが効いていて、ブラックペッパーのピリッとくる辛味が癖になります

 いつもの安定したあっさり醤油味よりも若干濃いめで、チャルメラだと言われなければとっさに分からない程、濃ゆい醤油味に変わっていたのには驚きました。


○おまけ
 本来ならチャルメラだけで再現を終わらせるつもりだったんですが、相方さんから「どうせだったら、他の袋ラーメンでも作って感想書いてみたら?」とリクエストされましたので、他にもいくつか試してみる事にしました。
 ちなみに、作ってみたのはサッポロ一番塩ラーメン・うまかっちゃん魚介とんこつ味・サッポロ一番みそラーメン・出前一丁・うまかっちゃんスタンダード・ラ王味噌味です(↓下の画像には「麺の力」が写っていますが、これはうっかり普通に食べてしまったので、今回は省略します;)。
鯨井風汁なし麺10

 サッポロ一番塩ラーメンは、程よくさっぱりした香ばしいネギ塩ゴマ味が美味で、キリリとした塩ダレ風のスープが麺にぴったりでした。
 卵を絡ませると、塩気が和らぐ分まろやかな味わいに変化します。
 どことなく漂うカレー風味が印象的でした。
鯨井風汁なし麺11

 うまかっちゃん魚介とんこつ味は、とんこつ味よりも意外と鰹出汁の奥深い風味が効いたあっさりした味わいで、後から程よいコクが舌を包んでいく為バランスがよかったです。
 イメージ的には「出汁粉をかけた魚介系焼きラーメン」という感じで、気に入りました。
鯨井風汁なし麺12

 サッポロ一番みそラーメンは、七味スパイスのストレートな辛味が効いたピリ辛味噌味が美味で、塩ラーメンととんこつラーメンの中間くらいのボリュームがあります。
 味噌特有の深い塩気が卵の黄身によって丸みのある味わいに変化しており、どことなくほっとする一品です。
鯨井風汁なし麺13

 出前一丁は、ごまラー油の香ばしい風味が効いたこっくり醤油味が美味で、どちらかと言うとさっぱり系でした。
 同じ醤油系であるチャルメラに比べるとやや塩気は薄めですがその分優しい味わいになっているのが食べやすく、卵を絡めるとさらにまろやかさが増します。
鯨井風汁なし麺14

 うまかっちゃんスタンダードは、思ったよりもあっさりサラリとしたとんこつ風味の塩味が美味で、豚骨臭さはあまり感じませんでした。
 仕上げにかけた調味オイルのおかげでツルツル感が増しているのが食べやすく、程よいコクがプラスされているのがナイスです。
鯨井風汁なし麺15

 ラ王味噌味は、まるで生麺と銘打っているだけあり本当にツルツルな生麺で、麺はダントツよかったです。
 液体スープなせいか、ねっとり濃厚な甘辛いコク味噌味のタレに仕上がっており、焼きラーメンというよりは味噌焼きそばっぽい美味さです。
 卵との相性抜群でした。
鯨井風汁なし麺16


 毎週土日のお昼に一日一個のペースで作って食べた為、全部の袋ラーメンを制覇するのに約一ヶ月近くかかりましたorz(←確実に鯨井先輩から「暇人だなー!」と呆れられますね;)。
 なお、当管理人の完全な好みで作ったランキングでは、1位・サッポロ一番塩ラーメン、2位・うまかっちゃんスタンダード、3位・ラ王味噌味でした。
 今度は、『それでも町は廻っている』の料理を一つでも満足のいく出来で再現できるよう、頑張ってみようと思います。

●出典)『木曜日のフルット』 石黒正数/秋田書店
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2013.06.15 Sat 22:07  |  はじめまして!

以前より拝見させてもらっています!

私のブログのトップページにこのサイトへのリンクとRSSの配信を行いたいのですが宜しいでしょうか?

  • #-
  • コキートくん
  • URL

2013.06.16 Sun 03:04  |  

私の住むシンガポールやお隣のマレーシアには「マギー・ミー・ゴレン」と云う似た様な料理が屋台で売られています。
「マギー」はメーカーで「ミー」は「麺」。
「マギー・ミー」は此方ではインスタント・ヌードルの代名詞なのですが其れを「ゴレン」=「炒め」て出すというものです。
因みに韓国とは違い、「マギー・ミー」を普通に調理し店で出すことは有りません。

  • #-
  • 在星邦人
  • URL

2013.06.16 Sun 12:55  |  はじめまして。

いま、鉄鍋のジャンを読んでいまして…再現料理ないかな〜とか、ネットサーフィンしていたら!飲めるラー油チャーハン!感動しました〜(・ω・)ノ 自分も、料理すごく好きで再現料理とか憧れます!これからも、美味しい料理待ってます!いままで作って来た再現料理に…ご馳走様でしたの言葉を〜*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*では、失礼します(笑)

  • #n08XGfOg
  • 病院坂黒猫
  • URL
  • Edit

2013.06.17 Mon 02:05  |  

おお、鯨井先輩麺。
食べ比べは面白いですね。ちょうどうまかっちゃんとサッポロ塩があるから今度試してみます。

それ町の料理…まさか冥丼を!?

  • #Wa8vY8KE
  • はむ
  • URL
  • Edit

2013.06.17 Mon 07:19  |  

あんこさん、おはようございます。
『フルット』では、はんぺん1枚とかでフルットに魔法の道具を
売りつける謎の商売人(?)の話が好きですね。

あまったラーメンスープの素は、『クッキングパパ』の初期の
レシピにあるように、野菜炒めなどに流用してみては?

  • #SFo5/nok
  • kawajun
  • URL
  • Edit

2013.06.17 Mon 12:10  |  

実際に ほぼこれと同じ調理手順で作る インスタント焼きそばがあった気がします
自分は 袋ラーメンの粉末スープでチャーハンを作ったりするので 粉末スープをストックしたいときに袋ラーメンでソース焼きそばとかにしちゃいます

  • #-
  • しがない会社員
  • URL

2013.06.18 Tue 00:54  |  

はじめまして。
管理人さんの再現料理を見ながらマンガめしを作りはじめ、私も料理の世界が倍に広がりました。

汁なし麺、旨かったです。
麺にねっとり絡んだスープと卵がなんともいえません。
私はマルちゃん生麺の醤油味しかなかったんですが、これもかなりいけました。
残ったスープの素は、お湯に溶かして麺のお供にしました。
なるほど、野菜炒めに使うって手もありましたね。
チャルメラも試してみます。

ネギはやっぱり、入れた方がぐっと旨いですね。
パンチが欲しくて、ニンニクペーストや豆板醤を少し加えてみても旨かったです。
アレンジの余地のある料理ですが、元々は貧乏料理なので、オリジナルが一番かもしれませんね。

  • #-
  • りん
  • URL

2015.11.22 Sun 00:27  |  

はじめまして。

西原理恵子先生の亡夫さんがうまかっちゃんとモヤシで作る焼きそば的な何か、がめちゃくちゃ美味しいらしくて、こちらのレシピによく似ていますのでコメントさせて頂きました。
[西原理恵子 うまかっちゃん]で画像検索するとすぐに引っ掛かると思います

  • #-
  • ふに
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/927-acdb1f7b
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ