『たけだみりこの極楽ゴハン』の“青ジソスパゲティ”を再現!

 先日、ある雑誌の表紙に「目指せ!年齢不詳女子!」というあおりが書かれていたのを見、「そうきたか…!」と衝撃を受けました。
 作者としては、「いくつなのか真剣に分からない」というプラスの意味で考え出したのだと思いますが、昔から「○○不詳の××氏、逮捕!」というニュースを見てきたせいか、少々複雑な気持ちになりました;。

 どうも、今も昔もプラス何歳にしか見られていない老け顔の管理人・あんこです。


 本日再現する漫画料理は、『たけだみりこの極楽ゴハン』にてかまどの神様がある気の毒な女性の為にレシピを教えた“青ジソスパゲティ”です!
青ジソスパゲティ図
 今回ご紹介するのは、日に日に暑さを増していく夏の日にとんだ災難にあった、ある女性のお話。
 一見、七~八十代くらいのごく普通の老婦人に見える彼女ですが、ご本人曰く実年齢は何と二十五歳(!?)だそうで、どうやらその原因は「そうめんの薬味にでも使うか…」と軽い気持ちで買った、ある植物のせいではないかと疑います。
 それは、二か月程前に買った鉢植えの青ジソ!
 何でも、毎日青ジソがスクスク育っていくのに比例するようにして自分の若さが衰えていくのを肌で実感していたようで、このままではいけないと思った女性は、ある胡散臭い霊能者に相談します(←見るからに怪しさ満載な老人なので、「もうちょっと吟味してからお願いした方が…」と内心思いましたが、それだけ余裕がなかったんだろうな~と同情しました;。探し回っている間に限界まで若さと寿命を吸い上げられたら、洒落になりませんしorz)。
 すると、案の定「間違いない、あなたの老化の原因は、この青ジソじゃ!」「見なさい、この生き生きとした姿を…!あなたの生気を吸って成長しとる証拠じゃ!」と断言され、女性は号泣していました(´Д`;)。
 主の若さと生気を徐々に吸い上げ、青々と茂っていく青ジソ…女性にとってかなりのホラーというか、天敵以外の何物でもありませんね;(←一瞬震えあがり、家庭菜園で青ジソを育てるのにちょっぴり躊躇したのは内緒です)。
 挙句、嘆いて何とかしてほしいと頼み込む女性に対して霊能者は、「これはかなりの手強い相手、ちょいと値は張るがいいかの?」霊感商法の持ちかけ調子に乗る始末で、読んでいて「ちょっと待ったー!」と止めたい気持ちでいっぱいになりました;。
生気を吸い取る妖怪青ジソのせいで、二十五歳のはずが老女になってしまった気の毒な女性;
 しかし、間一髪でかまどの神様が女性の元へ駆けつけて「そうかのう…」と突っ込み、妖怪青ジソから女性に若さを取り戻させるレシピを教えてくれます(←もちろん、無料で;)。
 それが、この“青ジソスパゲティ”です!
 作り方は簡単で、青ジソ・にんにく・白ゴマ・オリーブ油・粉チーズ・塩・こしょうをすり鉢でねっとりするまですり混ぜ、茹でたてのスパゲティに合わせたらもう出来上がりです。
 かまどの神様が言うには、「青ジソの葉をどっさり使った緑のパスタ」との事で、とにかく青ジソをこれでもか!というくらいたくさんすりつぶすのがポイントだと作中で説明していました。
 なお、青ジソをバジルに、白ゴマを松の実に置き換えて作れば本格派のジェノベーゼソースにも変身するのだそうで、その日の気分によって材料を変えてみてもいいかもしれません。

 あと、これは蛇足になりますが、青ジソには食欲増進・健胃作用・防腐作用・殺菌作用がある香り成分のペリルアルデヒドが含まれている上、精神安定や貧血にも役立つ夏バテにはぴったりの食材ですので、夏にはなるべく摂取するよう心掛けたい野菜です(なお、その際若さをわがものにする妖怪青ジソにはご注意を!←まあ嫌な話、悪い商売に色々使えそうなので、あったらあったで喜ぶ偽霊能者人はいそうですが…;)。
いわば青ジソ版ジェノベーゼともいうべきソースで、パスタだけでなく茹でじゃがに和えてもOK
 その後、“青ジソスパゲティ”を食べた女性は食べていく内にみるみる若さが戻っていき、全部食べ終えた頃には元通りの二十五歳の外見に戻って大喜びしていました(・∀・)。
 かまどの神様曰く、仮に若さを吸われたとしてもその青ジソをたっぷり使った料理を食べたら元の年齢に戻れるそうで、危うく大金を取られるところだった女性は「ありがとう、神様」と泣いて感謝していました。
 が、その隙に余っていた若さ入りの“青ジソスパゲティ”を霊能者が「おお、これはうまいっ!!」「若さの味がするわい」と勝手にムシャムシャ食べていた為(←ある意味、直接セクハラされる以上に腹が立つ行為ですね;)、女性はすぐに般若の形相になり「何すんのよ、このインチキ霊能者が!!」と容赦なく蹴り倒していました;。
 ともあれ、たった数口では効果がなかった模様で、哀れ霊能者は特に若返らず、かまどの神様に助けを求めて無視されるという散々な目にあってお話は終わっていました…合掌。
 正直、当管理人も同じ目にあったら確実に「このスパゲティは私のものだ、食べるな食べるな」『蜘蛛の糸』のカンダダ並に拒否していたと思いますので、女性に大きく共感したエピソードでした;。
自分の若さを吸った青ジソをたっぷり摂取し、無事元に戻れてました若さ入りスパを勝手に食べているインチキ霊能者を、タコ殴りしてました;
 八百屋さんで青ジソを大量に安く購入できたましたので、再現する事を決めました。 
 バジルで作ったジェノベーゼは食べたものの、青ジソで作ったなんちゃってジェノベーゼは食べた事がありませんので、一体どんな味がするのか食べて確認しようと思います。


 という事で、レッツ再現調理!
 まずは、ソース作り。すり鉢へ白ゴマ、適当に刻んだにんにく、流水で洗って水気をしっかり拭いた後細切りにした青ジソを投入し、すりこぎでねっとりしてくるまでよくすりつぶします。
 ※最初からいきなり混ぜ合わせようとするのではなく、すりこぎで全体をゴンゴンとまんべんなく叩き潰してしんなりさせてからすると、とても混ぜやすくなります。
青ジソスパゲティ1
青ジソスパゲティ2
 材料が混ざり切ってねっとりしたペースト状になってきたら、オリーブ油、粉チーズ、塩、こしょうを加え、さらにすり混ぜていきます。
 全体的にゆるいとろみがつき、途中味見をしてちょうどいい塩加減になっているのを確認したら、特製ソースの出来上がりです。
 この特製ソースを、茹でたてのスパゲティにたっぷり和えます。
青ジソスパゲティ3
青ジソスパゲティ4
青ジソスパゲティ5
 スパゲティに特製ソースがまんべんなく行き渡るまで混ぜ、お皿へ高く盛り付ければ“青ジソスパゲティ”の完成です!
青ジソスパゲティ6
 ジェノベーゼに比べると少し暗めの緑色ですが、それでも青ジソ特有のすっきりした香りが食欲をさそうので、さほど気になりません。
 松の実ではなく白ゴマを使用したせいか、香ばしい風味がより強い気がしました。
 バジルではなく、青ジソを使うとどんな味がするのか…早速食べて確かめてみようと思います!
青ジソスパゲティ7
 それでは、熱々の内にいざ実食!
 いっただっきま~すっ!
青ジソスパゲティ8


 さて、味の感想ですが…和と伊がちょうどいいバランスで調和してて旨し!夏にふさわしい逸品です!
 見た目はジェノベーゼそっくりなのですが、味は似て非なるさっぱり系の美味さな為、びっくりします。
 うまく言えませんが、ジェノベーゼはバジルの鼻をスッと通る爽快なハーブ臭と、松の実のナッツに近い濃厚な油分が効いた如何にもこってり系イタリアンという味なんですが、これは青ジソの上品で清々しい香気と、白ゴマの香ばしくて程よいコクが絡み合って生まれた如何にも和風な味わいで、初めて食べるのに不思議と懐かしい気持ちになりました。
 ペペロンチーノに通じる物があるにんにくの力強い風味と、青ジソの旨味エキスが溶け込んだオリーブ油がコシのあるスパゲティに絡み、具がなくても十分ボリューム感のある仕上がりになっています。
 青ジソの葉は結構しっかりしているので、時々ペーストになりきれなかった破片が歯を刺激するのですが、適度なサクサク感が思いがけずいいアクセントになっていて、シンプルな味ながらも飽きがこない複雑な後味になっていました。
 すり鉢で一緒につぶされたチーズの熟成された塩気が全体へ行き渡っているせいか、噛むごとに奥深い味わいに変化していくのがよかったです。


 簡単なのにこんなに本格的にできるとは…と感動しました。
 茹でじゃがに和えたり、トーストしたフランスパンに塗っても美味しくなると作中で書かれていましたので、今度試してみようと思います。

●出典)『たけだみりこの極楽ゴハン』 たけだみりこ/竹書房
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2014.09.03 Wed 16:28  |  

あんこさん、こんにちは。
いつも楽しく拝見しています。挨拶ではなく、本当に楽しいです(笑)。

料理ベタなのですが、あんこさんの楽しそうな語り口から
やってみたい意欲が高まり、先日こちらの
「青ジソスパゲティ」に挑戦したのです。
ところが、「すり鉢でねっとりするまですり混ぜ」とありましたが
混ぜても混ぜてもペースト状にならず…。
母は「ミキサーなしには無理だ」と言っていたのですが
どのくらいの時間で写真のように混ざりましたか?

これからも色々な再現、応援しています!
どうかご無理などなさいませんよう、お過ごしください。

  • #-
  • セン
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/932-b052a805
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ