『たけだみりこの極楽ゴハン』の“中近東風カレー”を再現!


 先日、近所でふかふか毛皮&甘え上手だった猫が、見る影もなく毛がごっそりなくなる&威嚇ばかりするようになったのを発見して、「もしや病気…!?」と心配になったのですが、飼い主さんから「暑そうだったから毛刈りしたんだけど、それ以来不機嫌なのよ~」と話すの聞き、「あれはすねていたのか…」と安心しました。
 考えてみたら、自分の意志に関係なく無茶苦茶な髪形にされたら人間でも怒りますので、如何に涼しく快適になったとはいえ、彼女(その猫はメス)も何か思う所があったのかもしれません…。

 どうも、相方さんの実家にいるオス猫がケンカに負けた日しょんぼり落ち込み、その日一日は結局ご飯を食べなかったという話を聞いて萌えた管理人・あんこです。


 本日再現する漫画料理は、『たけだみりこの極楽ゴハン』にてかまどの神様がある奥さんと一緒に作った夕食・“中近東風カレー”です!
中近東風カレー図
 ある夏の夕べ、かまどの神様は以前から顔見知りだったある奥さんの元へ晩ご飯作りを手伝いに天下り、和気藹々としながら料理の支度をしていたのですが、そこへいきなり強盗が押しかけて来た為、二人とも仰天します。
 何でも、銀行強盗をしようとしてあえなく失敗し、やむなく逃走中に唯一鍵が開いていたこの家へ侵入したとの事で、これにはさすがの神様も「ワ、ワシは神じゃぞ…」と小声で呟いて固まるほかないようでした;。
 正直、仮にも神様の一員(←かまどの神様の正体は、大黒天)なら超常的なパワーを使って強盗を一捻りできるのでは…と思わなくもなかったのですが、考えてみれば大黒天は時が経つにつれて「福の神」「台所の神」としての穏やかな面が強調され、伝来当初に伝わっていた憤怒の表情や戦闘力はほぼなかった事扱いにされていますので、かつての荒々しい一面を期待されても困るしかないのかも知れません;(←実際、他の話で弁財天から「大黒天!」と呼ばれても「大黒天…?ああ、ワシの事か。スマンスマン、最近かまどの神としての活動が多いのでな」と危うく自分の本名を忘れかけていましたorz)。
顔見知りの奥さんにお料理を教えている最中、何と強盗が侵入してきます
 ちなみに、強盗が乱入してくる直前までかまどの神様が奥さんに教えていたのが、この“中近東風カレー”!
 作り方はとても簡単で、切った玉ネギ・ピーマン・鶏もも肉・にんにく・しょうが・トマト水煮缶・カレー粉・ガラムマサラ・塩・サラダ油を大鍋に全部放り込んで揉み込んだ後、三十分(余裕があれば一晩)寝かせ、最後にフタをしたまま中火で約三十~四十分かけて煮込んだら出来上がりです。
 かまどの神様曰く、「水を一滴も加えずに煮込むので、炒めなくてもトロミとコクのある香り豊かなカレーになるのじゃ」「長時間コンロの前に立つこともないので、暑い季節には嬉しいぞよ」だそうで、甘味が欲しい時にはいちごジャムなどを加える事をお勧めしていました。
 突き詰めて言えば混ぜて置いて煮込むだけなので、これ程作るのに楽なカレーはそうないと思います(^^;)。
 ただ、以前作ったたけだみりこ先生の同じ系統の料理である“オニオンアドボ”はびっくりするほど美味しかったので、味はかなり期待できそうです。

 ポイントは、最短だと三十分置くだけで出来上がるもののなるべく一晩じっくり寝かせてから火にかける事と(煮てからさらに一晩置くとさらに美味との事…って、それは大半のカレーにも言えますね;)、鶏もも肉の皮や黄色い脂肪を取り除いてから煮る事で、特に後者はぐっと垢抜けた味わいにするには必要不可欠な過程だと欄外で説明されていました。
鍋の中身をもみもみと揉みこみ、時間を経過させるだけでカレーは出来上がります!和気藹々としながらカレーを作っていましたが、背後には怪しい影が早くも忍び寄ってました;
 その後、奥さんとかまどの神様は「ど、どうしよう神様!」「心配いらん、あとは煮るだけじゃ」(←これは奥さんでなくても、「いえ、カレーでなくて強盗の心配!」と激しく突っ込んでしまいました;)という、緊迫してるのか気楽なのか分からない会話をしつつ三十分人質に取られるのですが、そんな時玄関からご主人の「ただいま~」という声を聞いた強盗は殺気立ち、「しょうがない、こいつも人質に…」と目を付けられてしまいます。
 …が、ご主人は中肉中背の強盗とは違って筋肉モリモリで逆三角形の体を持った見るからに屈強な男性で、哀れ強盗は事情を知って激怒したご主人によってボッコボコにお仕置きされていました;(←ちなみに、かまどの神様は身の安全が確保されるや否や、真っ先に“中近東風カレー”の煮え具合をチェックしてました。さすがは台所の神;)。
 こうして、強盗はものの見事に大人しくなり無事奥さんとかまどの神様は解放されるのですが、何故か警察へ突き出される前に強盗はかまどの神様達と共に“中近東風カレー”を食べており、「今度から夕食時は避けてよね~」(←また人質に取られるつもりでしょうか;?)と奥さんから説教されていました。
 こういう、何だかんだありつつも丸くまとまるエピソードが『たけだみりこの極楽ゴハン』には多いので、大好きです(^^*)。
怒るご主人、怯える強盗、応援する妻、カレーを確認しに行く神様など、現場はカオスでした;
 ジメジメ暑い日が続いていい加減コンロの前に立っての料理がうんざりしてきていた為、再現を決意しました。
 作中には詳細なレシピが分かりやすく書かれていることですし、早速作ってみようと思います!


 という事で、レッツ再現調理!
 まずは、下ごしらえ。鶏もも肉は皮や黄色い脂肪部分を丁寧に切り取ってから大きめの一口大に切り、ピーマンは種を取って輪切り、玉ネギは薄切りにし、にんにくとしょうがはすりおろしておきます。
 ※残った鶏皮はフライパンでカリッと両面を焼き、塩・こしょう・レモン汁を振りかけたら立派なおつまみになります。
中近東風カレー1
中近東風カレー2
中近東風カレー3
 大鍋の中へ、先程の鶏もも肉、ピーマン、玉ネギ、おろししょうが、おろしにんにく、トマトの水煮缶、カレー粉、ガラムマサラ、塩、サラダ油を投入し、手でよく混ぜ合わせます。
 その際、トマトの塊をつぶしつつ、スパイスと調味料を鶏もも肉や野菜類にしっかり揉みこむのが最大のポイントです。
中近東風カレー4
中近東風カレー5
 材料に調味料がよく染み込んだらフタをして冷蔵庫に入れ、三十分~一晩かけて寝かせます。
 時間が経ったらコンロの上へ置き、中火にかけて三十~四十分近く煮込みます。
 ※最初は中火のままでいいですが、鍋の癖や火力によって焦げ付く危険性もありますので、途中で弱火にしたり、時折中身を木べらでかき混ぜたりするのもありです。 
中近東風カレー6
中近東風カレー7
 全体に火が通ってとろみがつき、いい香りがしてきたら火を止め、仕上げに炊き立ての白いご飯を盛ったお皿へよそえば“中近東風カレー”の完成です!
中近東風カレー8
 市販のカレールー小麦粉でとろみをつけたカレーと比べるとサラサラしてますが、とろみになる素が何も入ってない割にはとろみがあります。
 スパイスの強烈な香りやトマトの甘やかな風味がふわっと漂い、そのおかげで食欲がいい具合に掻き立てられていきます。
 果たして、本当に火にかけて放置するだけで、美味しいカレーは出来上がるのか…食べて確認してみようと思います!
中近東風カレー9
 それでは、ご飯にルーを絡めていざ実食!
 いっただっきまーっす!
中近東風カレー10


 さて、味の感想は…予想以上に本格的で美味し!放っておくだけでこの味とは、衝撃です!
 一見スープカレー風に見えますが、水を一滴も入れていないせいか、まったりとろけるコクが特徴的な濃厚エスニック風カレーに仕上がっており、玉ネギの奥深い旨味成分が全体をうまくまとめてます。
 欧風カレーみたいに色んな材料のエキスが凝縮されていてこっくり甘辛いですが、とろみはポタポタ程度で口溶けはサラッと軽く、後口はすっきり爽やかでした。
 大抵、トマトをルーに加えると作りたては酸味が突出してちぐはぐした味になりやすいのですが、不思議な事にこのカレーは出来てすぐでもトマトが存在を主張し過ぎずバランスが取れており、ほのかな甘酸っぱさが徐々に舌へ伝わっていくのがいいアクセントになっていてよかったです。
 カレー粉の魅惑的でスパイシーな風味と、ガラムマサラのストレートな辛味が効いた、大人向けの刺激的な味わいが印象的なカレーですが、辛さの中に野菜の優しい甘さが活きている為、食べやすいと感じました(トマトクリームに近いまろやかさが出ていて、ナイス!)。
 また、玉ネギに漬けて煮たおかげで鶏もも肉がお酢のさっぱり煮に匹敵する程ホロッと柔らかく、それでいて弾力が残っているのに感激しました。
 クタクタに煮えたピーマンも、ほろ苦い味がカレーにメリハリを与えていて美味ですし、満足です。


 コンロの前に立たなくていい上、味も夏向けのコクがあるのにすっきりしたカレーといった感じだったので、まさに今からの季節にぴったりのカレーです。
 本当に簡単で美味しいので、多くの方にお勧めしたいカレーです!

●出典)『たけだみりこの極楽ゴハン』 たけだみりこ/竹書房
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/939-e2517aad
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ