『まかない君』の“炊飯器で作るアジアンチキンライス”を再現!

 前々から「かわいい!」「面白い!」と愛読していた漫画・『干物妹!うまるちゃん』が、早くも9月19日に第1巻が発売されると知り、内心小躍りしています。
 成績優秀・スポーツ万能・容姿端麗という超人妹・うまるちゃんが、家に帰った途端二等身(!?)のデフォルメキャラへと変貌し、人が変わったようにグータラするのを兄・タイヘイがため息をつきつつ面倒を見るというギャグ漫画なのですが、読んでいるだけで癒され笑いが浮かんでくるのでお気に入りです。
 こちらのページで1話~3話を無料で試し読み出来るので、合うと思った方には是非ともおすすめしたいです!

 どうも、作者のサンカクヘッド先生の名前を聞いて真っ先に思い浮かんだのは『サイレントヒル』の三角頭だった管理人・あんこです。


 本日再現する漫画料理は、『まかない君』にて浩平君が弥生ちゃんと二人きりの夜に作った“炊飯器で作るアジアンチキンライス”です!
炊飯器で作るアジアンチキンライス図
 普段、凜さん・佳乃さん・弥生ちゃんの三人と賑やかに生活している為、弥生ちゃんと二人きりになるのはお買い物の時や帰り道の時くらいしかない浩平君ですが、ある夏の日、偶然凜さんと佳乃さんがそれぞれ泊りがけで出かける事になり、一日だけ弥生ちゃんと二人きりで過ごすことになります。
 傍から見ていると、男女というよりは兄妹にしか見えないお二人なので凜さんは全く心配していない様子でしたが、佳乃さんは浩平君の弥生ちゃんに対するほのかな気持ちにうっすら気づいているらしく、冗談交じりに「戸締り、火の用心、そして貞操をしっかり守るように。若い二人の事だし、間違いがあっちゃいけないからね」←最後に「お母さん達に怒られちゃう」と付け足している辺りが従兄妹恋愛のリアルさを見事に表現しており、妙にドギマギします;)と釘を刺していました。
 浩平君は特にドキドキも期待もしていないものの、佳乃さんの言葉の意味を十分理解している様子でしたが、弥生ちゃんは浩平君を全然意識していないので真意が分からなかった模様で、「間違えるなよ!」と浩平君へ無邪気に注意していました;。
 この時、浩平君が複雑な表情をしながら「…うん、そうだね」と調子を合わせてあげているのが可笑しいやら、少し気の毒やらでしたが;、改めて弥生ちゃんは浩平君を心底家族だと思っているんだな~とほのぼのします。
一日、二人だけで留守番する事になり、「間違えないように!」と冗談半分で釘を刺されます
 そして翌日の夕方、「ただいまー、ご飯なにー?」とまるで小学校から帰宅直後にお母さんへ献立を聞く子どものように振る舞う弥生ちゃんを尻目に、浩平君は夕食の支度を開始します(←もしかしたら兄妹どころか、お母さん的要素まで浩平君の中に見ているのかもしれません;)。
 この時、浩平君が用意した料理が、“炊飯器で作るアジアンチキンライス”です!
 作り方はかなり簡単で、おろししょうがと塩こしょうをすりこんだ鶏胸肉・生米・キャベツ・水を炊飯器に入れて炊いた後それぞれ食べやすい大きさに切ってお皿へ盛り、最後に目玉焼きを上に乗せたら出来上がりです。
 浩平君曰く、「スイッチを入れるだけでご飯と同時にメインのおかずが出来上がる楽ちんメニューだよ」だそうで、弥生ちゃんから「鶏肉まるごとでゴーカイだね」と興味津々に覗き込まれていました。
 ちなみにポイントは、そのまま食べるのではなく、あらかじめ用意しておいた二種類のオリジナルだれをつけて食べる事!
 一つは甘くないピーナッツバター・日本酒・ポン酢・練りがらし・マヨネーズを混ぜたピーナッツだれ、もう一つはおろしきゅうり・梅干し・塩・砂糖・わさび・お酢・サラダ油を和えたきゅうり梅だれで、両方ともかなり個性的で面白い味付けなんですが、これが意外とチキンライスに合って美味しいと作中で紹介されていました。
 ピーナッツだれはまだ理解出来なくもないのですが、きゅうり梅だれは未知の領域で、初めて読んだ時は「味の予想が全くつかない…」と頭を抱えたものです;。
炊飯器のスイッチを入れるだけで出来るアジアンチキンライスで、かなり楽ちんなメニューですとろとろの半熟卵と、蒸し鶏の組み合わせがまずいはずはないとご満悦な弥生ちゃん
 その後、浩平君と弥生ちゃんは出来立ての“炊飯器で作るアジアンチキンライス”をつっつきながら、「んー、おいしいおいしい」「それはよかった」「蒸し鶏と鶏の脂が染みたご飯と半熟玉子でまずい訳がないねー」「作るのも楽だし、いいことづくめだよ」と和やかに会話をし、のんびりした時間を過ごします。
 なので、初見時は「このまま何もなさそうだな~」と読者であるこちらものん気に構えていたのですが、二人とも食事を終えていつものお茶の代わりにお酒を飲み、その結果飲み過ぎた弥生ちゃんが完全に酔っぱらってしまう事によって、ちょっとドキドキする展開になります←但し、「間違い」だけはないのでご安心を;)。
 この後の流れは直接単行本で読まれた方がほんのり甘酸っぱい気持ちに浸れると思いますので控えますが、個人的に弥生ちゃんが中学時代、梅酒で酔っぱらって浩平君にキスをしたというエピソードが出てきた時には、「意識が朦朧としていたとはいえ、罪な事をしちゃったね」「記憶も残っていないなんて、余計モヤモヤされちゃうよ;」と苦笑しました。
 心理学的に、女性は恋愛感情を持つ人だけでなく精神的親近感を持つ人にもキスをしやすい生き物だそうですが(小さいお子さんを持つお母さんが、子どものほっぺにチューをするのはその好例)、男性は女性に比べて先へ進みたい人としかキスをしにくい傾向があるみたいなので、その事を踏まえて考えると、浩平君にとって弥生ちゃんが特別な存在になるのは無理からぬ事だと思いました。
 翌朝、何も覚えておらずいつも通り振る舞う弥生ちゃんを見る浩平君の寂しさ半分、ほっとする顔半分の何とも言えない表情は、読んでいるこちらまで切ない気持ちになったのです(´・ω・`)。
酔っぱらった弥生ちゃんは浩平君にベタベタ絡み出し、困惑した浩平君は中学生の頃を思い出します
 東南アジア風の鶏の出汁が効いたチキンライスは好みなので、大分前から是非再現したいと思ってました。
 先日いい地鶏の鶏胸肉を手に入れた事ですし、早速作中の詳細なレシピ通り作ってみようと思います!


 という事で、レッツ再現調理!
 まずは、メインとご飯の下準備。あらかじめ余分な黄色い脂肪を取り除いておいた鶏胸肉全体に塩を多めにすりこみ、すりおろしたしょうがとこしょうもまぶします。
 この鶏胸肉を、生米→気持ち少なめの水→キャベツの葉の順に材料が入っている炊飯器へ入れ、そのまま通常通りスイッチを入れて炊きます。
炊飯器で作るアジアンチキンライス1
炊飯器で作るアジアンチキンライス2
 時間が経ってご飯が炊けたら、キャベツと鶏胸肉を取り出してからご飯をさっくり混ぜて蒸らし、キャベツと鶏胸肉は食べやすい大きさに切って別皿へとっておきます。
 これで、メインの具とご飯は準備OKです。
炊飯器で作るアジアンチキンライス3
炊飯器で作るアジアンチキンライス4
 その間に、二種類のたれ作り。
 ボウルに甘くないピーナッツバター(SKIPPYのクリーミータイプがおすすめです)、日本酒、ポン酢を入れてよく溶き、段々のびてきたら練り辛子とマヨネーズを加えてよく混ぜます。
 味見して塩加減と辛味がちょうどよかったら、ピーナッツだれの出来上がりです。
 ※甘くないピーナッツバターというと他の使い道に困ってまいそうですが、甘くないがゆえに料理に使えて重宝します。一番簡単な利用法はなんちゃって担々麺で、市販の味噌ラーメンにラー油と一緒に入れちゃうだけで本格的な味になるので便利です。
炊飯器で作るアジアンチキンライス5
炊飯器で作るアジアンチキンライス6
炊飯器で作るアジアンチキンライス7
 一方、別のボウルには皮ごとすりおろしたきゅうり、種を取って包丁で細かく叩いた梅干し、塩、砂糖、練りわさびを投入して混ぜ合わせ、続けてお酢とサラダ油を加えてさらに混ぜます。
 サラダ油が全体へ行き渡ったら、きゅうり梅だれの出来上がりです。
 ※さんまのかば焼き缶にかけると、おつまみっぽくなっていけるみたいです。
炊飯器で作るアジアンチキンライス8
炊飯器で作るアジアンチキンライス9
炊飯器で作るアジアンチキンライス10
 お皿にチキンライスと切った鶏胸肉やキャベツを盛り付け、その上へ半熟の目玉焼きを乗せ、仕上げにピーナッツだれときゅうり梅だれが入った容器を添えれば“炊飯器で作るアジアンチキンライス”の完成です!
炊飯器で作るアジアンチキンライス11
 思った以上にアジアンテイストに仕上がり、満足しました。
 ご飯から立ち上る鶏スープのいい香りが食欲をそそり、緑と茶色の変わったソースが「どんな味がするんだろう」と見るからに好奇心をくすぐります。
 鶏スープで炊き込んだご飯は何度か食べた事がありますが、ピーナッツバターやおろしきゅうりのたれをつけて食べた事はなかったので、一体どういう感じの味になるのか非常にワクワクします。
炊飯器で作るアジアンチキンライス12
炊飯器で作るアジアンチキンライス13
 それでは、半熟卵の黄身を鶏肉やごはんに絡めたり、たれをつけたりしていざ実食!
 いっただっきま~すっ!
炊飯器で作るアジアンチキンライス14


 さて、味の感想ですが…弥生ちゃんの言う通り、蒸し鶏と半熟卵の組み合わせが反則級に旨し!二種のタレが味に奥行きを与えています!
 しょうがで独特の匂いが消え、シンプルな塩味にしっとり蒸し上がった鶏胸肉が素晴らしいです。
 ご飯の芯まで鶏の深い出汁が染みてあっさりした脂が絡み、噛めば噛む程ほのかな塩気と共に鶏のエキスがにじみ出てくるのがしみじみ美味で、派手さはないものの滋味溢れる旨さでした。
 クタクタになったようでジャキジャキザクッとまだ張りのある歯応えが残っている甘い蒸しキャベツが、いい箸休めになっています。
 ピーナッツバターのたれは、ピーナッツのこってり重厚なコクの後にポン酢やマヨネーズの酸味が効いて後口をすっきりさせているのが食べやすく、これをたっぷりつけて頬張ると「ピーナッツマヨのアメリカン棒棒鶏」と例えたくなるような、洋風のもったりした味わいが鶏胸肉の淡泊な旨さをがっつり系に変身させててナイスでした。
 一方きゅうり梅だれの方は、見た目以上に複雑な味で衝撃!
 見た目ほど素っ気ない味ではなくまろやか系の味付けで、梅干しドレッシング風の酸っぱしょっぱい味付けを、サラダ油の油分やわさびのピリッとした辛味、そして大根おろしみたいにモロモロッとした口当たりでさっぱり爽やかなすりおろしきゅうりがうまい具合に丸くまとめ、蒸し鶏をサラダ仕立てにしているのがたまりません(←あと、きゅうりの青臭さをわさびの清々しい香りが打ち消しているのがよかったです)。


 ピーナッツバターのたれもいいですが、きゅうり梅だれの方が美味しさも意外性も大きくてびっくりしました。
 きゅうりの梅和えをそのままドレッシングにしたような味なので、生野菜や蒸し鶏だけでなく、豚肉のソテーや魚の塩焼きにかけても合いそうです。


○P.S.
 前回、たくさんのお祝いコメントを下さった皆様、誠にありがとうございました。
 正直に申し上げますと、こんなに反響があるとは夢にも思わず淡々とアップした記事だったので、驚きを隠せませんでした。
 いつもコメントをして頂いている方、初めてコメントをして下さった方、久方ぶりにコメントをして頂いた方…皆様、当管理人にとってはどんなに感謝してもしきれない、大切な存在です。
 亀仙人にあやかれるよう、細々と頑張っていく所存です(←ご指摘された時、「バレた!」と苦笑しました;)。

●出典)『まかない君』 西川魯介/白泉社
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2013.08.31 Sat 04:16  |  うまるちゃん!

 あんこさん、こんばんは。(おはようございます?)
最近好きな漫画の事が書かれていて、思わずコメントしました。
『干物妹!うまるちゃん』、いーですね。ヤンジャンでは、
『ハチワンダイバー』『ニポンゴ』共々愛読している漫画で、単行本化
がとても嬉しいです。先々週の号で、お兄ちゃんの作る晩ごはんに
文句タラタラながらも、苦手なピーマン以外はがんばって食べる
うまるちゃんにグッときました。今後も楽しみな漫画ですね。

  • #SFo5/nok
  • kawajun
  • URL
  • Edit
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/949-2a6628b2
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ