『セイシュンの食卓』の“パセリスパゲティ”を再現!

 実を言いますと、当管理人は焼きそばによくかかっている青のりが少し苦手だったんですが、約一ヶ月前に三島食品の青のり(国産すじ青のり使用)を“面影膳の謎の揚げ物”にかけて食べた際、その美味しさと香りの良さに大変衝撃を受け、一気に好きになりました。
 カップ焼きそばについている青のりよりも遥かに風味が濃厚で、「ああ、そういえば青のりは海藻の一種だったんだなぁ…」という事を思い出させてくれる清々しい磯の香りが最高で、焼きそばを食べる時に必ずドバっとかけて食しています。
 これだけ風味がいいとスパゲティの具にしてもいけると思う為、近々様々なレシピを参考にして青のりパスタを作ってみようと考えている今日この頃です。

 どうも、青海苔が好きになり過ぎて「焼きそばの青のりまぶし」と呼べるほど青のりを振りかけた時は、我ながらやり過ぎだと反省した管理人・あんこです。


 本日再現する漫画料理は、『セイシュンの食卓』にて俳優のタマゴ・高橋さんが自分と同じ脇役であるパセリで作った“パセリスパゲティ”です!
パセリスパゲティ図
 今回ご紹介するのは、今一つ華がないせいでなかなか主役の座を手に入れる事が出来ない若手の時代劇俳優・高橋さんのお話。
 新人の頃は「大根役者!」とののしられてクビになってばかり、最近はやっと役をもらえるようになったものの今度は脇役ばかりで注目されない高橋さんは、それでも腐らずに一生懸命仕事に取り組みます。
 おかげで、数年たった今は周囲から「ピリッとした斬られ方をする」「名斬られ役」として称賛されるほどにまで実力をつけるようになり、共演した主演俳優からは「今回の映画の成功は、この高橋の斬られっぷりがよかったからですよ」と名指しで褒められるようにまでなっていました(←福本清三さんをふと思い出しました;)。
 けれども、いずれは主役になりたい高橋さんは皆の「名脇役がいなきゃ、主役も光りようがないからですね!」という言葉に複雑な想いになっていて、ある映画の打ち上げパーティーの時など、コロッケに添えられたパセリを見て「そういや、パセリと俺って似てるな…」「俺達って、いつまでたっても主役にはなれない運命なのかな…;」と自嘲的な笑みを浮かべていました。
 正直、脇役には脇役の良さがありますし、主役の立場では表現できない味のある部分を演出する事も可能な力量の問われる立場だと思っている為、そこまで主役にこだわる事はないんじゃないかな~?と感じましたが、俳優として自身の演技力に自信があればあるほど、スポットライトが当たるのを夢見るのも無理からぬことなのかもしれません。
パセリと同じで脇役ばかりの自分に対して苦笑いする高橋さん;
 けれどもそんなある日、高橋さんはデビュー時以来目をかけてもらっていた映画監督から、新作映画の主役へと大抜擢されます。
 実はこの監督、高橋さんが大根葉のピリッとした味を参考にキレのある斬られ役を演じるようになった頃からずっと高橋さんの才能を見込んでいて、それでわざわざ高橋さんの為に台本を書いてくれたとの事。
 その話を聞いた高橋さんは、人生初の主演と監督への感謝の気持ちで受かれまくり、自分と同じ脇役のパセリを主役に据えた料理を考え出して作ります。
 それが、この“パセリスパゲティ”です!
 作り方はとっても簡単で、ベーコン・スパゲティ・塩を合わせて炒めた所へパセリを投入し、最後にバターを加えてざっと混ぜたらもう出来上がりです。
 ポイントは、パセリをみじん切りにする事と、パセリがしなっとするまで火を通す事の二点で、こうすると癖の強いパセリでも食べやすいマイルドな味になると語られていました。
 はっきり言ってパセリは苦手な方ですので、初めて読んだ時はあまり興味をひかれませんでしたが;、パセリはビタミンCが100g中200mgも含まれるほど豊富な上、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンE、食物繊維、カルシウム、鉄分、カロチン(←何と、にんじんに匹敵する量が含まれています)などの栄養素が多量に含まれていて栄養は野菜界でもトップを誇る優秀な為、ここまで健康的な食材をパスタの具感覚でたっぷり食べられたら大助かりだな…と後々すごく興味が湧いてきたのを覚えています。
そんな目立たないパセリ役者の高橋君に、とうとう映画の主役の話が!!
 その後、高橋さんは早速撮影に入るのですが、主役という割にはいつもの如く斬られるシーンばかりで、何かおかしい様子…。
 それもそのはず、高橋さんが出る事になった作品は「不死身の男」というちょっと変わった時代劇で、何度斬られようが倒れようが決して死なない頑丈な武士を主役にした映画だそうで、結局高橋さんは主役になっても脇役時と全く同じ斬られるシーンばっかりという悲しいオチがついていました;。
 その為、てっきり高橋さんは落ち込んでいるのかなと考えていたんですがそんなことは全くなく、逆にすぐモチベーションを切り替えて斬られまくりの役を着々とこなし、監督が小腹をすかせた際には“パセリスパゲティ”を振る舞ったりと、涙ぐましいまでに身を尽くしていました(^^;)。
 ここまで心ならずとも耐え抜く忍耐力と、何が何でもしがみつく根性があるなら、きっとまた思わぬチャンスに恵まれると確信したため、内心「高橋さん、頑張れ―!」と心の中でエールを送りつつ見習いたいと思ったエピソードでした。
何度斬られても決して死なない不死身の主人公の座を獲得!!
 生パセリへの苦手意識(←ただ、出てきたらもったいない精神で残さず平らげています;)が強すぎて何度も再現を見送って来ましたが、どういう味なのか好奇心の方が勝り再現を決意しました。
 作中には分量つきのレシピがある事ですし、早速その通りに作ってみようと思います!


 という事で、レッツ再現調理!
 まずは、炒め作業。フライパンへオリーブ油を引いて熱したら拍子切りにしたベーコンを加え、中火でカリッとするまで炒めます。
 ベーコンに焦げ目がついてきたら、固めに茹でたスパゲティを投入して丹念に混ぜ、塩で味付けしながら少し焦がすようにして炒め合わせます。
 ※塩だけでなく、スパゲティの茹で汁を少々足すといい具合に塩味ととろみがついてさらに美味になります。
パセリスパゲティ1
パセリスパゲティ2
 スパゲティ全体にベーコンの肉汁が絡まったら火を消し、パセリのみじん切りを加えて余熱でしんなりするまで熱を通します(パセリがなかなかしなっとしない場合は、弱火のまま作業するのも可です)。
 パセリの緑色が濃くなってしんなりしてきたらバターを入れ、よく混ぜ合わせます。
パセリスパゲティ3
パセリスパゲティ4
 バターが具にもスパゲティにも行き渡ったらお皿へ盛り付け、テーブルへそのまま運べば“パセリスパゲティ”の完成です!
パセリスパゲティ5
 みじん切りにして火を通したせいか、パッと見だとバジルや他の香草を混ぜたパスタに見えなくもないです。
 パセリの香りはベーコンの香ばしい風味やバターのとろけるような香りによってそこそこ抑えられており、そこまで主張してこない感じがしました。
 こんなにパセリを大量に入れたスパゲティは初めてなので少し恐ろしい気がしますが;、一体どういう味なのか気になりますので、頑張って挑戦しようと思います。
パセリスパゲティ6
 それでは、麺がのびない内にいざ実食!
 いただきま~っす!
パセリスパゲティ7


 さて、味はと言いますと…「あれ?」と拍子抜けする程パセリの癖が弱まっていて旨し!ワインやビールとの相性抜群です!
 生のパセリは噛むと柔らかいんだか固いんだかよく分からないモサモサした食感や、鮮烈過ぎて鼻を突き刺す強い匂いがあるのでどうも苦手だったんですが、炒めた途端にこれらの難点が一気に解決した為驚きました。
 ベーコン特有のこってりした旨味たっぷりの油分と、熟成されてまろやかになった塩気を絡ませたスパゲティが個性的な味わいのパセリとばっちり合っており、パセリの存在感に負けていないのがよかったです。
 熱を加える事によってしんなりかつジャクッとした食べやすい歯触りに変化している上、みじん切りにしたのが功を奏してあの嫌なもっさり感がきれいさっぱり消えていて満足しました。
 匂いの方は多少和らいでいるとはいえさすがに少し残っていましたが、生の時の爽快過ぎて刺々しくすら感じる風味に比べると段違いに適度に清涼感のある香りに生まれ変わっており、加えてバターのなまめかしいとろけるような風味がパセリの刺激を包み込んでハーブソースに似た味わいへと仕立て、パセリ嫌いな人間でもパクパクいける魅力に溢れています←芹系の野趣に満ちた香気が平気な方なら大丈夫です)。
 例えるとするなら、「パセリのシンプルジェノベーゼ風パスタ」というイメージで、おつまみにもなる優れパスタでした。


 今までパセリは敬遠していましたが、火を通して食べてみて初めて「いける!」と確信しました。
 パセリが苦手な当管理人でもするっと頂けるくらいよくできたソースですので、これなら誰でも手軽にビタミンCを多量に摂取できるんじゃないかな~?と思いました。

●出典)『セイシュンの食卓(3)愛情編』 たけだみりこと東京ブリタニアン/角川書店
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2013.11.13 Wed 21:27  |  

出た!パセリスパゲティ!
この話は腹を抱えて笑うほど好きなので再現されて嬉しいです。
自分はこれの前にあるダイコンパメシを作ろうとして大根の葉っぱが見つからず
に断念した覚えがあります。

  • #-
  • 清酒んの嘱託
  • URL
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/969-8ab4e50d
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ