『まかない君』の“簡単カルボナーラ”を再現!

 先日スーパーへ行った時、卵売り場に「あらきれい」という表記があったのを見て、「あらきれい?人名?荒木レイさん(仮名)がご自分の名前を卵に名付けたんだろうか?」と疑問に思ったんですが、パッケージをよく見ると「あら、キレイ!」という意味合いだった事が分かり、恥かしくなりました;。
 こういう読み間違いがある度、早とちりしたまま誰かに話してしまわないよう注意しなくてはいけないな~と、襟を正す思いになります;。

 どうも、ある八百屋さんでほうれん草を「法蓮草」と表記しているのを見た時、仏教用語と勘違いしかけてしまった管理人・あんこです。


 本日再現する漫画料理は、『まかない君』にて浩平君が弥生ちゃんの横に立って作り方を教えた“簡単カルボナーラ”です!
簡単カルボナーラ図
 それは、浩平君と弥生ちゃんがまたしても二人きりで夕食を食べるようになった日のある日の事(前回、二人きりになった時のお話はこちら)。
 珍しく、普段は料理をしたがらない弥生ちゃんが「今日はあたしが作るよ!」とやる気を出してくれるのですが、浩平君は心なしか顔色が青くなります。
 というのも、実は弥生ちゃんは浩平君が来る前に一時期食事当番だった頃があったのですが、凜さんや佳乃さん曰く「あのむごたらしい食卓を繰り返してはいけない」「弥生の料理は呪わしいほどマズいよ」としか形容できない悲惨な料理ばかり出されていたようで、前々から散々警告されていた浩平君は本能的に嫌な予感を察知します;。
 弥生ちゃんとしては、「凜姉もヨっちゃんもあたしの料理ブーたれてたけど、浩平なら黙って食べてくれるよね!」という考えがあったので久々に料理に挑戦しようと思ったみたいですが、無情にも浩平君は「いや、あまりにもマズい時は文句言うよ」とばっさり切りかえした為、当てが外れた弥生ちゃんは「食べ物の好きキライ言う子はブン殴るよ!」と問題のすり替えをして誤魔化そうとしていました;。
 正直、浩平君は日頃から弥生ちゃんの半分じゃれつくようなワガママを何だかんだ言って受け止めていましたし、ましてや特別な感情を抱いているらしきシーンがありましたので、初見時は「弥生ちゃんの料理だったら頑張って食べてくれるんだろうな~」という想いを当管理人すら抱いていましたので、浩平君のドライな返答はちょっと意外に感じたのを覚えています;。
 まあ、黙って食べて問題解決を先延ばしにするよりも、正直な感想をズバズバ言って改善するようにした方が結果的に弥生ちゃんの為になりますので、これは浩平君なりの愛のムチなんだろうな~と思いました(´∀`)。
「呪わしいほどマズイ」と酷評された弥生ちゃんの料理の腕…怖いもの見たさでちょっと見たい気も;
 結局、弥生ちゃんから「何食べたい?」と聞かれた浩平君は「簡単カルボナーラがいいかな」と答えるのですが、どうやって作るのか分からない弥生ちゃんの為に、一緒に台所に立ってレシピを教える事にしていました(←実は当初「弥生ちゃんに任せるよ」と言っていたのですが、日常的に同じ発言をする弥生ちゃんから「ざっくりと任されても困るんだけど!」と自分を棚に上げて怒られてしまった為、急遽カルボナーラをリクエストする運びとなってました。この自由気ままなものの憎めない勝手さは、どことなく猫を彷彿とさせますね;)。
 こうして、数か月ぶりにエプロンを着た弥生ちゃんと浩平君がワイワイ言い合いながら手早く作り上げたのが、この“簡単カルボナーラ”です!
 作り方はその名通り簡単で、卵・麺つゆ・すりごま・マヨネーズ・ハムをボウルで混ぜ合わせた後に茹でたてのスパゲティを入れて和え、最後に粗びき黒胡椒を散らしたら出来上がりです。
 浩平君が「言ってみれば、玉子かけご飯のスパゲティ版だから、とてつもなく簡単だよ」と話していた通り、確かに本格派カルボナーラに比べるとすごく簡単で、これなら弥生ちゃんの呪わしい腕も発揮しようがないはず…と安心しました。
 …が、先を読み進めれば進めるほど、弥生ちゃんの料理の腕は予想以上に凄まじい物があり、卵をぐしゃっと潰して殻を入れまくる・スパゲティを茹でるお湯に塩を入れ忘れそうになる・味付けは「えいやっ」と気合で入れるなど、こんなに簡単にも関わらず早くも美味しい法則からズレそうになっており、衝撃を受けました(数年前の当管理人そのものです)。
 味付けを気合でするのは、一見するととても乱暴な方法に思われるかもしれませんが、よくよく考えてみれば分量がないレシピを再現する際に必要だったのは思い切りの良さでしたので、あながち弥生ちゃんの言葉は的外れではないのかもしれません;。
調味料の分量が分からない漫画料理を作る時は、当管理人も同じ心境でやってます;
 その後、あっという間に出来た“簡単カルボナーラ”を前に弥生ちゃんは「ほんとに簡単だね!」と喜び、食べてからは「んー!もったりまろやかー!ごまの香りが利いてておいしー!」とご満悦になっていました。
 塩加減もちょうどよく、初めてにしては上出来な仕上がりだった為、浩平君は「次からは弥生ちゃん一人で作れるね」と太鼓判を押すのですが、弥生ちゃんは同意しかけて「あ、でもやっぱり浩平に作ってもらおう!」と発言します。
 その理由は、「浩平の作ったご飯だと、お腹いっぱいになるだけじゃなくて、いっつも胸の中がわー!!ってなるんだよ」だからだそうで、あやうく浩平君はときめきそうになるのですが、すぐに「褒めてこれまで以上にこき使うつもりだな!このー」と真意に気づいて突っ込み、弥生ちゃんも「へへーバレたかー」と照れ笑いをしていました;。
 けれども、そう言いつつ浩平君も満更ではなさそうでしたので、ほっとしました。
 非論理的かもしれませんが、心を込めて丁寧に作った料理はそうでない料理に比べ、温もりのある嬉しい味がするのは事実ですので、当管理人もそんなことを家族から言われたら浩平君と同じく「よし、明日も料理頑張るか!」と気合が入るだろうな~と羨ましく感じたエピソードでした。
料理を食べている最中、こんなうれしい事を言う弥生ちゃんでしたが、もちろんからくりが…;
 ごま風味のカルボナーラとは一体どんな味がするのか、非常に気になったので再現する事にしました。
 作中にはざっくり説明されたレシピがありますので、早速その通りに作ってみようと思います!


 という事で、レッツ再現調理!
 まずは、ソース作り。ボウルへ生の全卵、麺つゆ、たっぷりのすりごま、マヨネーズを投入してよ~く混ぜ合わせ、卵液に調味料がなじんだら刻みハムを加えてさらに混ぜます。
 ※シンプルなソースですので、ハムはそこそこいい物を使う事をおすすめします。
簡単カルボナーラ1
簡単カルボナーラ2
 このボウルへ、ザルに開けて余分な水気を切った茹でたてのスパゲティを加え、トングか菜箸で素早く絡め合わせます。
 その間、ホールの黒胡椒を叩き潰して粗挽き状にしておきます(最初から粗挽き状になっている黒胡椒を使ってもいいですが、挽きたてはやはり香りが段違いによく、シンプルスパの味わいをさらに高めてくれます)。
簡単カルボナーラ3
簡単カルボナーラ4
 スパゲティに卵ソースが絡みきったらお皿へ丸く高く盛り付け、その上から先程の粗挽き黒胡椒を振りかければ“簡単カルボナーラ”の完成です!
簡単カルボナーラ5
 ぱっと見はカルボナーラ風ですが、あれ程ねっとりした感じではなくサラサラッとした感じに見えましたので、どちらかと言いますとクリームスパっぽく見えなくもないです。
 すりごまの香ばしさと粗びき黒胡椒のスパイシーな香りが、食欲を否が応でも掻き立ててくれます。
 カルボナーラに必要不可欠な材料を入れずとも、本当にそれらしい味になるのか…食べて確認しようと思います!
簡単カルボナーラ6
 それでは、麺がのびない内にいざ実食!
 いっただっきま~すっ!
簡単カルボナーラ7


 さて、味はと言いますと…簡単過ぎる手順に見合わず美味!和と洋の要素が入り交じったソースが素晴らしいです。
 正直、カルボナーラ特有のチーズやベーコンがガツンと存在を主張してくる濃厚味ではない為、本格カルボナーラというよりは亜種の創作和風カルボナーラだと思うのですが、正統派にはないさっぱりした後味と、もったりまろやかな旨味が魅力的ですので、これはこれでありだと思います(←程よいとろみがあるくせに、不思議と口に含んだ途端サラリとスープスパ並に口溶けがよくなるのが印象的)。
 生クリームの代わりにすりごまが適度な油分を、チーズの代わりにマヨネーズが優しいミルキー感を、炒めベーコンの代わりにハムが塩分をプラスしているのがカルボナーラっぽさを演出しており、セオリーを外れているにしてはまともな味わいでびっくりしました。
 意外にもマヨネーズを使った割には油っこさや酸味はほとんど感じられず、どちらかと言うとごまマヨドレッシングに似たあっさりマイルドなコクが特徴的です。
 麺つゆ由来のほんのり甘辛い和風醤油味がこの卵ソースにぴったりで、パスタとの相性も上々でした。
 また、挽き立ての荒挽き黒こしょうだけが持つ荒々しいまでに爽快なスパイシーさと香り高い辛さが、すりごまの香ばしい風味と複雑に絡みあい、味に深みが増していたのがよかったです。


 パスタソースにせず、そのまま焼いてみても美味しい玉子焼きになりそうです。
 また、絡める麺もパスタではなくうどんにしても合いそうですので、近々また試してみようと思った再現でした。

●出典)『まかない君』 西川魯介/白泉社
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/979-113cfec6
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ