『くーねるまるた』の“覚醒ミルクスープ”を再現!

 先日、某ショッピングモールに行くと、広場に短冊をぶら下げたクリスマスツリーが堂々と据え置かれ、その前に「あなたの願い事を短冊に書いて、ツリーに飾ってみましょう!」と書かれた看板が立っていたのを見てびっくりしました;。
 クリスマスと七夕の融合と言うと聞こえがいいかもしれませんが、個人的には「とうとうこの領域まで踏み込んでしまったか…(´Д`;)」と複雑な気持ちになりました。
 ただ、複数の宗教が並び立つ日本だからこそ成立した光景と考えると、ちょっと感慨深かったです。

 どうも、プレゼントのみならずお願い事まで叶えるよう希望されたサンタさんが気の毒になった管理人・あんこです。


 本日再現する漫画料理は、『くーねるまるた』にてマルタさんが二日酔いで苦しむ神永さんに差し入れした“覚醒ミルクスープ”です! 
覚醒ミルクスープ‏図
 ある日、マルタさんは医師業で多忙な同じアパートの住人・神永さんにおつかいを頼まれ、駒込まで足をのばします。
 そのおつかいとは、駒込に支店があるお煎餅屋<煎遊>の名物・黒胡椒せんべいを代理として何袋か買ってくるというもので、マルタさんはお駄賃代わりに毎回一袋頂いていると語っていました(←ちなみに、このお店お煎餅も実在します)。
 そのままパリパリ食べてしまっても十分美味しいみたいなのですが(←今回、マルタさんはちょっとお行儀が悪い事に数枚歩き食いをしていました;)、マルタさんがさらに気に入っている食べ方は、その名もズバリ「黒胡椒追加大量トッピング」!
 ポルトガルから日本へ移り住む時に大切に持ってきたプジョー製のペッパーミルを煎餅袋の上にセットし、黒胡椒をたっぷり挽いて煎餅にまぶすだけなんですが、これがかなり美味で、黒胡椒せんべいを手に入れたら必ず試すのだとか。
 当管理人自身、クッキーバニラ味のアイスにオレオを砕き入れてクッキー増量して食べるのが密かに好きだったりする為、マルタさんの「もうちょい足したい!」という気持ちには非常に共感したものです。
 ※車メーカーとして有名なプジョーですが、実は最初は祖先が粉挽き業をしていたのを鋳鉄工場へと路線変更し、様々な製品を作っていく内に自動車が主力商品となったみたいで、むしろミルの刃の方が歴史が古いのだと知り感心しました(←何でも、特許をもつ切削加工技術が活かされた独自の構造で作られているとの事で、切れ味ならぬ挽き味はさぞいいんだろうな~と思わずこちらまで欲しくなっちゃいました;)。
自動車の部品を作る会社・プジョーは、ミルの刃を作っている事でも有名
 本来でしたら、このまま黒胡椒せんべいを神永さんに渡すだけでおつかいは終了のはずだったんですが、その日神永さんは病院の歓送迎会で帰りが遅くなる事を知っていたマルタさんは、ある予感を察知して料理を作り始めます。
 この時、マルタさんが神永さんへ差し入れする為に前もって拵えておいたのが、この“覚醒ミルクスープ”です!
 作り方は簡単で、ひき肉・玉ネギ・じゃがいも・水・牛乳・コンソメをゆっくり煮込んで作ったスタンダードなミルクスープへ、大量に挽いた黒胡椒をかけたら出来上がりです。
 この料理のポイントは、食べる直前に挽きたての黒胡椒を「これでもか!!」というくらいたっぷりかける事で、こうすると黒胡椒の鮮烈な香気が一気に引き立ってスッキリ爽快な味になり、何も食べたくないような時でも胃が目覚めて食欲が復活すると作中にて説明されていました。
 調べた所、黒胡椒に含まれるピペリンという成分には代謝能力の向上・冷え性改善・食欲増進効果・栄養吸収の促進効果があるのだそうで、まさに体が弱りかけている時にはうってつけのスープだと思います。
二日酔いで死にそうになっている神永先生の食欲を戻そうと、ミルクスープを差し入れ
 事実、マルタさんの嫌な勘が当たって神永さんは飲み過ぎで見事な二日酔いになっていたんですが;、“覚醒ミルクスープ”を一口飲むや否や「!?」「なんだコレ!?うっま~~!!」とまるで成長期の小学生男児のような勢いで平らげ、つい数分前まで「…食欲ないよ…」と弱っていたのが嘘だったみたいにお代わりしまくっています;。
 正直、マルタさんが楽しげに「まだまだ。もっともっと~!」と無邪気にペッパーミルを回していた時は内心「本当に大丈夫か…?」と心配していたっぽかったんですが、疑いつつも傍でニコニコしているマルタさんを気遣って「じ、じゃあせっかくだから…ちょっとだけ…」ととりあえず素直に口にしてくれた神永さんの思いやりがほんわかする感じで、一見傍若無人で気ままに見えて実は友だち想いの優しい性格という一面は、やはりジャイアンにそっくりだな~と苦笑しました;。
 ただ、この“覚醒ミルクスープ”には「黒胡椒がたくさん入っているので刺激が強い→飲み過ぎると唇がヒリヒリして喋りにくくなる」という難点があり、後にマルタさんの制止をふりきってかなりの量を飲んだ神永さんは勤務中に唇が火事になってあまりしゃべれなくなり、他の医師の方々から「神永先生、今日はやけに無口だな」と不審がられていました(^^;)。
 という訳で、もし再現をされるとするなら、飲み過ぎにはご注意です!
つい調子に乗って食べすぎてしまった神永先生は喋れなくなり、同僚の先生方から不審がられてました
 当初は「もし唇が大変なことになったら、仕事は…」とチキン状態になっていたので再現に躊躇していたのですが、仮になったとしてもギリギリ翌朝までには治るだろうと強気な気持ちになりましたので、再現する事にしました。
 優しいミルクスープと、刺激の塊のような黒胡椒が出会った時、果たしてどんな味になるのか…レシピ通り作って確かめてみようと思います!


 という事で、レッツ再現調理!
 まずは、ベースとなるミルクスープ作り。熱したお鍋に合いびき肉を投入してざっと炒め(すぐに混ぜようとすると肉が引っ付いて離れませんので、少し置いて肉から脂が出て鍋肌から離れていくのをじっと待った後かき混ぜた方がいいです)、香ばしくなってきたらお水を加えて弱火~中火の間で煮ます。
 やがて沸騰してきたら、薄いくし型切りにした玉ネギと、電子レンジで適度に温めてスライスしたじゃがいもを入れ、アクをこまめに取りながら約二十分ほどコトコト煮込みます。
覚醒ミルクスープ1
覚醒ミルクスープ2
覚醒ミルクスープ3
 玉ネギとじゃがいもに火が通ってきたら、一旦火を止めてコンソメキューブを加えて溶かし混ぜ、再度火にかけて牛乳を注ぎ込んで少し煮ます(コンソメでいい塩味が付きますので、味見をしながら量を調節します)。
 これで、ミルクスープは準備完了です!
 ※このまますぐに食べてもOKですが、作中だとマルタさんは一晩置いていましたので、当管理人もそれに倣って一晩寝かせてみました。
覚醒ミルクスープ4
覚醒ミルクスープ5
 次は、トッピングに使う粗挽き黒胡椒の用意。
 ミルクスープが出来上がる直前を見計らって、ペッパーミル(又はすり鉢とすりこ木)を使ってホールの黒胡椒を粗挽きにします。
 最初から粗挽きタイプになっている黒胡椒と、ホールタイプを直前に粉々にした黒胡椒とでは風味も味も天と地ほど違いますので、是非ともホールタイプの黒胡椒を使う事をお勧めします。
覚醒ミルクスープ6
覚醒ミルクスープ7
 温め直してスープ皿に移したミルクスープへ、先程すったばかりの粗挽き黒胡椒を「まだまだ~!!」とばかりにドバーッと振りかければ、“覚醒ミルクスープ”の完成です!
覚醒ミルクスープ8
 挽きたて黒胡椒の鮮烈な香りが鼻腔を通り抜けて脳を直撃する為、全細胞がグワッと目覚めていくかのような感覚に陥ります。
 ミルクの淡い乳白色のスープを覆うようにして浮いている黒胡椒はインパクト大で、見た目は予想通りかなり衝撃的です;。
 こんなにかけちゃって普通に食べられるかどうか心配ですが、実際に食べてみないと分かりませんので、怯まず挑戦してみようと思います!
覚醒ミルクスープ9
 それでは、ほかほかの内にいざ実食!
 いただきま~すっ!
覚醒ミルクスープ10


 さて、味の感想はと言いますと…優しいミルクスープが、途端にスカッとした味わいへと大変身!その名通り、脳も目も一気に覚醒します!
 ミルクスープ自体は、コンソメ特有の牛肉の深い出汁や野菜の甘い滋味がまろやかな牛乳へ溶け込んだ、シンプルながらも後を引く洋風スープ。
 一晩置いたおかげで落ち着いたコクが生まれており、シチューに似た心温まる美味しさですが、バターや小麦粉が入っていないのであっさり頂けて胃に負担がかからないのがよかったです。
 しかし、ここに黒胡椒が加わると癒し系がワイルド系へと180度変わり、神永さんの言う通り味がスッキリ爽やかになっていました。
 唐辛子の舌全体に広がるズシンとした辛味とは違い、黒胡椒は一か所に集中するようなキレのある、ピンと張り詰めたシャープな辛味が印象的です。
 意外な事に、結構な量を入れても「辛すぎてこれ以上は無理!」とはならず、黒胡椒のスーッとむせ返るような、どことなく神秘的なスパイスの風味がガツンと効いているせいか複雑な後口になっており、尚且つ牛乳のまったりした乳脂肪で刺激が少し和らいでいる為、逆に食べ過ぎてしまうくらいでした。
 塩は全く入れていないものの、コンソメから出たほのかな塩気でちょうどいい塩梅になってて牛乳と黒胡椒の味を引き立てていますし、じゃがいものホコホコ感もスープにぴったりでナイスです。


 マルタさんの言う通り、食べすぎると口の中がしばらくの間ヒリヒリしますので注意が必要ですが;、よっぽどドバドバと注ぎ込まない限りは唇は大丈夫ですので、辛い物に自信がある方にはおすすめしたいスープです。
 パンを浸しながら食べても美味しいので、朝食メニューとしてもってこいです!

●出典)『くーねるまるた』 高尾じんぐ/小学館
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

2014.06.19 Thu 21:14  |  あぁおいしそう

>優しいミルクスープと、刺激の塊のようなミルクスープが出会った時、果たしてどんな味になるのか…レシピ通り作って確かめてみようと思います!
優しいミルクスープと、刺激の塊のような黒胡椒 の誤字でしょうか?

  • #zbT7meO.
  • とおりすがり
  • URL
  • Edit

2014.06.22 Sun 09:32  |  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • #
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/990-d20f5e7d
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ