『セイシュンの食卓』の“じっくり丼”を再現!

 ラーメン屋さんに置いてあるトッピングの卵は、茹で卵か半熟煮卵の二択であることがほとんどだと思うのですが、当管理人の自宅近くにあるラーメン屋さんは、何故か生卵だけがトッピングとして置いてあります。
 袋ラーメンに生卵を落として固めつつ食べる事はよくしていますが、正直お店に置いてあるようなこってりとんこつスープで生卵を食べるとどんな感じなのか今一つ想像がつかないため、毎回迷いつつも普通のラーメンを注文しています。

 どうも、生卵はすぐに崩さず黄身が少し固まってから宝物のように頂くのが流儀の管理人・あんこです。

 
 本日再現する漫画料理は、『セイシュンの食卓』にてある慎重な神父さんが気に入って日頃から作っている“じっくり丼”です!
じっくり丼図
 それは、ある教会で起こった奇妙な出来事。
 意中の男性と晴れて結婚する事になった吉川幸さんは、見るからに堅そうな外国人の神父さんから「アナタハ、コノモノヲ夫トシ、生涯愛シツヅケルコトヲ誓イマスカ?」と聞かれ、初々しく頬を染めながらも「ハイ」としっかり答えます。
 本来なら幸せの絶頂としか言いようのないシーンのはずなのですが、返ってきた言葉はどういう訳か「ホントニ?」「一生ソノ顔ヲ見テ暮ラスノデスヨ」という疑いの台詞。
 はっきり言って、これだけでも頭の中がかなり混乱しそうなものですが、吉川さんが困惑しながらも必死に「は、はい…」と伝えても、神父さんがなおも「今カラデモ遅クアリマセンヨ、嫌ナラ嫌ト…」と否定的な言葉を続けてきたので、吉川さんは新郎さん共々唖然としてしまいます(←最初のセリフだけなら、趣味の悪いアメリカンジョークと強引に受け取って為ギリギリ笑ってごまかせそうですが;)。
 おかげで会場にいる人々も異様な雰囲気を感じ取り、静まり返っていた教会は徐々にざわ…ざわ…ざわざわ…と、まるで『賭博黙示録カイジ』に出てくるエスポワール船内のような不穏な空気へと包みこまれていきます…;。
結婚式当日、誓いの儀式の際にいきなり「本当に後悔しませんか?」とくどく念押しする神父
 おかげで、吉川さんと新郎さんは恥も外聞もなく「イ、イヤじゃありません」「ち、ちょっと神父さん、ふざけないで下さいよ」「いい加減にして下さい」と一生懸命訴える羽目になるのですが、それでも神父さんは「デモ、一生ノコトデスカラネ、モウ一度考エ直シタ方ガイイト思イマスヨ」としつこく言い続け、話し合いは泥沼の様相を呈するようになりますorz。
 最終的には、気色ばんだ神父さんが「ホントニホントニ、コウカイシマセンカ?!」と怒鳴り、それに対して青筋を立てた吉川さんが「しつこいわねえっ!いいって言ってるでしょ!!」と大声で啖呵をきるまでに事態は悪化してしまい、もはや結婚式だか決闘式なんだかよく分からない修羅場になっちゃってました;。。
 その為、初見時は一生に一度の初めての結婚式をこんな形で台無しにされた吉川さんが、心底気の毒だったのを覚えています(´Д`;)。
 正直、神父さんの「結婚を考えるのは、慎重過ぎるくらいがちょうどいい」という信念も分からなくはないのですが、それも使う場所とタイミングが違うとここまで人を苛立だたせるものなんだな~としみじみ実感させられました…。

 そんな頑固でTPOがイマイチ分かっていない神父さんが得意でよく作る料理が、この“じっくり丼”!
 作り方は拍子抜けするほどお手軽で、醤油・日本酒・みりん・しょうが・にんにくを沸騰させて作った煮汁へ豚肩ロースの塊肉を投入して約一時間じっくり煮込み、味が染み込んだらスライスして白髪ネギと共に丼ご飯の上に乗せ、最後に煮汁、酢醤油、熱したゴマ油をかけたら出来上がりです。
 この煮豚は、とにかく慌てず長時間かけてゆっくり煮込んで味を煮含ませるのが重要なコツで、強火&短い時間でさっと作ろうとすると失敗しやすい上にお肉が焦げたり固くなったりしてイマイチな出来になるとの事。
 神父さん曰く、「結婚は焦らずよく考えて、豚を煮込むがごとく」だそうで、この“じっくり丼”を作りながらゆっくり瞑想にふけるのが密かな楽しみになっているようでした;。
あまりにしつこく念押しされたおかげで、最終的には半ギレしながら誓っていました;
 結局、吉川さんは神父さんとの誓いを強引に済ませて結婚するのですが、一か月後、驚くべきことに本当にスピード離婚してしまいます;←理由が非常に気になる所ですが、残念ながら不明のまま話は進みますorz)。
 とはいえ、あれだけ強気で入籍した割にあっけなく終わった結婚生活に吉川さん自身も悔いを感じているらしく、「ハ~、けっきょく離婚かぁ…」とため息をつきながら役所の戸籍係へ離婚届を提出するのですが、その時窓口の向こう側から「ヤッパリネー」「ヤナヨカンガシタンデスヨー」という、どこかで聞き覚えのある声が響いてきます…。
 怪訝に思いながら吉川さんが顔を上げると、そこにいたのは何とあの神父さん!
 どうやら神父は仮の姿で、実は本職は公務員だったみたいなんですが(←ドイツだったら神父は特別公務員ですので両立は可能そうですが、日本なら即座に大問題になりそうですね;)、どちらにしろ一番知られたくない人物に離婚を知られ、傷口に塩と辛子をたっぷり塗られたような気持ちになった吉川さんはパニック状態になり、「なんであんたがここにいるのよ!!」と苦し紛れに怒りをぶつけていました;。
 それにしても、ここまでうまくいきそうな夫婦・そうでない夫婦が勘で分かるのなら、神父でも公務員でもなく、いっそ恋愛専門の占い師か結婚相談所の職員の方が天職なんじゃないかな~?と苦笑したエピソードでした。
何と、役所の戸籍係にあの神父はいました;。この、憎たらしい顔がまた何とも
 タコ糸で肉を成形する事もせずに適当に煮るだけという、相当にズボラなレシピなのですが、ネギ油や酢醤油で味付けという所に惹かれて再現する事にしました。
 作中には詳細なレシピがきっちり載っていますので、早速その通りに作ってみようと思います!


 という事で、レッツ再現調理!
 まずは、煮込み作業。醤油、日本酒、みりん、しょうがの薄切り、芯を取って包丁の背で押しつぶしたにんにくを鍋へ入れて強火で煮立て、沸騰し始めたら豚肩ロース肉の塊をそのまま加えフタをし、弱火にして約一時間煮ます。
 焦げ付かないよう、時々ひっくり返しながら煮込むのがポイントです。
じっくり丼1
じっくり丼2
じっくり丼3
 はやる気持ちを抑えながら時間が経過するのを待ち、豚肉の中心にまで火が通ったのを確認したら鍋から豚肉を取り出し、やや薄めにスライスします(←この煮汁で茹で卵を煮るとまた絶品!)。
 この豚肉を、炊き立てご飯をよそった丼へ円を描くようにして盛り付け、その上に長ネギを千切りにして水にさらした後余計な水気を絞って作った白髪ネギをたっぷり飾り付けます。
 その際、煮豚全体へ酢醤油と煮汁をお好みでかけて味付けしておきます。
じっくり丼4
じっくり丼5
じっくり丼6
 味付けを終えたらさらにその上へ熱々に熱したごま油を回しかけ、白髪ネギがしんなりして香りが立ったのを確認したら“じっくり丼”の完成です!
じっくり丼7
 焦がしネギを思わせる香ばしい湯気が鼻腔をくすぐり、思わずうっとりします。
 濃い茶色に染まった煮豚と、豚の脂分やごま油でツヤツヤと輝くご飯の取り合わせが見るからにおいしそうで、「これなら間違いなし!」という確信を得ました;。
 見た目だけならごく普通ですが、果たして味は一体どんな感じなのか…食べて確かめてみようと思います!
じっくり丼8
 それでは、熱い内にいざ実食!
 いただきま~すっ!
じっくり丼9


 さて、味はと言いますと…見た目の地味さに反してものすごく美味!びっくりする程凝った味付けになってます!
 タコ糸も縛らず下味もつけずただ弱火で放置していただけなのに、まるで秘伝のタレと高価な鍋を駆使して丁寧に煮込んだかのようなジューシーさ、柔らかさで、肉自体にこってり濃厚な甘辛醤油味がしっかり染み込んでいます。
 スパイスは全く加えず基本的な調味料のみ使っている為、特に目新しさはないシンプルな味付けなんですが、逆にそれがしつこくない後味を実現させており、妙に病み付きになりました(←例えるとするなら「近所の古い中華そば屋に昔からある定番チャーシュー丼」というイメージです)。
 にんにくの力強い匂いとしょうがのすっきりした香りがタレに溶け込んでいるので、豚肉にありがちな臭みがほとんどなく、加えて高温の油で熱した長ネギから薫る何とも言えない香ばしさが全体にいい風味付けをしていて、簡単な割には結構本格的な仕上がりになっていました。
 不思議な事に、ごく普通の穀物酢を使ったはずなのに何故か黒酢をかけたような柔らかな酸味とどことなくフルーティな甘味が効いた酢醤油になっており、あっさりした旨味の即席ネギ油と共に熱々ご飯へ絡んで相性抜群です。
 この味わい深さとさっぱり感が両立した甘酸っぱいご飯が、濃厚な美味さの煮豚の脂っこさを見事に中和させ、しんなりシャリシャリした長ネギが程よいアクセントとなって調和していて感動しました。


 大抵、煮豚はさめてから食べると脂がぼそぼそと蝋っぽく感じる事が多いんですが、これはちゃんとおいしくて驚きました。
 ラーメン屋さんのチャーシューそのものの味がしますので、いろんな方にチャレンジして頂きたい一品です。

●出典)『セイシュンの食卓 愛の丼ぶり編』 たけだみりこ/メディアファクトリー
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://luckyclover7.blog27.fc2.com/tb.php/995-c14d77f6
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ