おすすめ名作漫画!~スポーツ漫画編~

実を言うと、私はあまりスポーツマンガを読まない人間です;。なので、他のジャンルに比べると圧倒的に数が少ないです…。どれだけインドア派かって感じですが、お許しを。

●スポーツ漫画
○スラムダンク/井上 雄彦
スラムダンク
青春一直線のバスケ漫画。バスケ部に一時期いたせいか、読む度にボールの感触を思い出しウズウズします。それくらい臨場感のある漫画です。試合の空気の再現度が半端ではなく、いい意味で鳥肌が立ちます。

○YAWARA!/浦沢 直樹
やわらちゃん
柔道の天才少女・柔ちゃんの成長物語。要所でツボを押され、感動する。「柔、いいからそこに座りなさい」「もう座ってます」には未だに笑ってしまいます。

○柔道部物語/小林 まこと
柔道部物語
三五十五というギャグのような名前をもった主人公が繰り広げる柔道漫画。さりげなく入っているギャグにも注目。

おすすめ名作漫画!~ヒューマン漫画編~

今回取り上げるジャンルは『ヒューマン漫画』です。
私個人の勝手な分け方なので、「これがヒューマン…?」と思われる物もあるかもしれません。


●ヒューマン漫画
○シティーハンター/北条 司
冴羽獠
バトル要素ギャグ要素が強いものの、全体的にヒューマンなストーリーで統一されています。色んな要素が詰まった名作。読み返すたび、獠さんと香のくっつきそうでくっつかない距離感にヤキモキさせられます。

○ブラック・ジャック/手塚 治虫
ブラックジャック
医療漫画の決定版。数々の名手術に感嘆です。単なる医療物ではなく、手塚ニズム溢れる人情話や人間讃歌があるのもいい所。また、現代でも解決されていない医療世界の問題や課題もしっかり書かれており、考えさせられる点多々あり。

○ベルサイユのばら/池田 理代子
ベルばら
フランス・ブルボン朝後期を舞台とし、フランス革命という一つの時代の終わりと始まりを、マリー・アントワネットと架空の人物である主人公・オスカルを通して描いた名作。この作品の根底には、人間賛歌があるような気がしてなりません。

○スーパードクターK/真船 一雄
スーパードクターK
神業の医療技術を持った主人公・KAZUYAが様々な事件や陰謀、難しい手術に立ち向かっていく人間ドラマ。主人公を分かりやすく例えるなら、腕力があって優しい現代版ブラック・ジャックといった感じです。続編の「DoctorK」「K2」も面白いのでおすすめです。

○寄生獣/岩明 均
寄生獣
ごく普通の高校生だった主人公・泉新一と宇宙からやってきて右手に寄生したパラサイト生物・ミギーを軸にして話は進みます。ミギーの「『悪魔』というのを本で調べたが…いちばんそれに近い生物はやはり人間だと思うぞ」というセリフにギクッとさせられました。色んな事を考えさせられる名作。

○おたんこナース/佐々木 倫子
おたんこナース
新人ナース・似鳥ユキエが約一年の間に患者さんや医師とすったもんだしつつ看護師として成長していくストーリー。佐々木先生らしく、独特のギャグ要素もきっちり含まれています。かと思えば医療問題を重過ぎない程度に入れており、その兼ね合いが見事だと思います。

○綿の国星/大島 弓子
綿の国星
擬人化された女の子の子猫・チビ猫が主人公の物語。チビ猫が周囲の猫や人間達と無邪気に関わる様が愛らしいです。ちなみに、この作品は漫画史上初めて「猫耳キャラ」が登場した漫画なので、「元祖猫耳漫画」ともいえる作品です。

○新ジャングルの王者ターちゃん/徳弘 正也
ターちゃん
長編と短編、格闘とギャグ、シリアスと下ネタが一緒に同居した名作。これだけ色々な要素が入っているのに、調和している所がすごいです。お下劣ギャグに爆笑しつつもヒューマンな話に泣けてきてしまう、ターちゃんはそんな漫画です。

○サバイビー/つの丸
虫だけど「ヒューマン」です
隠れた名作。絶望的な戦いに挑むミツバチのバズーが主人公ですが、話はヒューマンそのもの。戦闘の描写が熱くて切ない上、「漢!」な闘士が出まくりなので目が離せません。残酷でシリアスで、そして泣けます。第一話で泣いた人とは話が合いそうです。

○西洋骨董洋菓子店/よしなが ふみ
アンティーク
アンティークショップを改装したケーキ屋さんで働く訳ありの店員達が繰り広げる日常を描いた作品。基本的にはコメディ調ですが、シリアスな話も多いです。この作品を読んだ後は、硬派な洋菓子をがっつり食べたくなります。

○「センチメントの季節」シリーズ/榎本 ナリコ
センチメント
類似的な話が時折あるものの、十分名作に値する短編集。単なるエロ本と評する方も多いかもしれませんが、思春期特有の拙さと性への意識、そして「せつなさ」の表現の見事さは他の追随を許さないと私は思います。

○愛すべき娘たち/よしなが ふみ
愛すべき娘たち
全五話のオムニバス形式の短編集。様々な女性の姿を描ききっている良作です。女性なら、共感する話が一つくらいあるんじゃないかなってくらい深い作品集。ちなみに、私の心の中により残ったのは三話と四話です。

○天才柳沢教授の生活/山下 和美
柳沢教授
規則正しい生活を送るY大経済学部・柳沢良則教授と、周りの人々の日常を描いた作品。ユーモラスでもあり、シリアスでもあります。周囲で起こる問題を教授独自の視点でとらえ、解決していく様子が興味深いです。

○赤ちゃんと僕/羅川 真里茂
赤ちゃんと僕
母を早くになくした小学生の主人公・拓也とお父さんが、まだ幼い子ども・実の子育てに奮闘するホームコメディ。明るいギャグタッチの話が多いですが、時々深刻な話も出てきます。読むとほんわかしてくる作品です。

おすすめ名作漫画!~ファンタジー漫画編~

今回は、『ファンタジー漫画』をまとめてみました。
意外と文句なしにファンタジーと呼べる漫画がなくて、分けるのに苦労しました…。


●ファンタジー漫画
○ドラゴンクエスト―ダイの大冒険/原作:三条陸 作画:稲田浩司
ダイの大冒険
戦闘シーンの書き方も良いですが、恋愛・友情・親子愛・師弟愛などの色んな要素が凝縮されている所が秀逸。無駄なエピソードが一つもなく、尚かつ面白いという稀有な漫画。主人公・ダイは私の中で永遠の英雄となっています。

○封神演義/藤崎 竜
封神演義
武ではなく知で物事を解決しようとする異色の主人公・太公望が魅力的です(アクション要素が強い漫画では稀な主人公かと)。原作小説をかなり改変していますが、おかげで何ともいえない独特の世界観と面白さを形成出来ていると思います。

○ARIA/天野 こずえ
ARIA
遠い未来の火星にある”ネオ・ヴェネツィア”が舞台。何気ない日々を前向きに、大切に生きる事の素晴らしさを改めて教えてくれた作品。同シリーズの「AQUA」も是非!

○鋼の錬金術師/荒川 弘
ハガレン
錬金術と命をテーマにしたファンタジーアクション漫画。話の構成が精密で、話の破綻が全くと言っていい程ない事に驚嘆。安心して読める名作です。

○ふしぎ遊戯/渡瀬 悠宇 ※第一部のみ。第二部は含まず。
コミックなら13巻まで

中学生の時夢中になって読みました。第一部はコミックス13巻で終わっているのですが、よくこの冊数でこれだけの濃いストーリーをまとめられたものだと驚嘆します。キャラが魅力的な上にホロリとくる話もあり、オススメです。

おすすめ名作漫画!~恋愛漫画編~

今回紹介するジャンルは、『恋愛漫画』です。
出来ればごく最近の恋愛漫画も多く入れたかったのですが、「こういう愛情表現や言葉を『本気で愛されてる証拠』だと脳内認定されたら、現実世界でタチの悪い奴に騙される男女続出するだろ…。というか、何でセックスや駆け引きや萌えを除いたら中身がなくなるような作品ばかりなんだ?それだけが恋愛なのか?割り切って読んでくれる人ならいいけどさ…」とドン引きする漫画が相当に多かったので、かなり限られた漫画だけになってしまいました。悪しからず。


●恋愛漫画
○電影少女/桂 正和
ビデオガール
私にとっての恋愛漫画決定版。主人公・弄内君とあいちゃんの純愛(あまりこの言葉好きではないんですが、この二人にはしっくりくる)に感動。交際当初、マサル君が勧めてくれた事に感謝。

○あさきゆめみし/大和 和紀
あさきゆめみし
源氏物語の漫画版。原作を壊さないくらいの大和先生独自の解釈、表現法が見事。愛憎、縁、人生について考えさせられます。

○毒×恋DOKUKOI/克 亜樹
毒×恋
数多くの個性的な恋を描いた問題作品。恋は見方を変えたらタダの錯覚、むしろ毒になりえるという事を実感させられる良作。

○めぞん一刻/高橋 留美子
めぞん一刻
かなり有名な恋愛コメディ漫画。ギャグ要素が強いですが、基本的に主人公・五代裕作と未亡人・音無響子さんの恋愛が中心です。ラストはいつ見ても、感動。

○生徒諸君!/庄司 陽子 ※続編作品「生徒諸君!教師編」は含まず。
生徒諸君!
主人公・ナッキーこと北城尚子と、その親友五人達との中学から社会に出るまでの青春を描いた作品。恋愛だけでなく部活や進路、家族との問題なども出てきて深いです。

おすすめ名作漫画!~アクション・格闘漫画編~

現時点で、私個人が「面白い」「名作」と思うマンガを紹介します。
一つの記事にまとめきれずにジャンル分けした為、かなりの数になってしまいました(^^;)。
今回紹介するジャンルの漫画は、『アクション・格闘漫画』です。バトル物も含めました。
本当はここに加えたかった漫画もいくつかあったのですが、他要素が強かったので別ジャンルにしました。


●アクション・格闘漫画
○北斗の拳/原作:武論尊 作画:原 哲夫
ケンシロウ
核の炎によって文明が奪われ、暴力が支配するようになった弱肉強食の世界を北斗神拳で鉄槌を下す主人公・ケンシロウの旅を描いた物語。色んな「愛」がつまった名作です。

○「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズ/荒木 飛呂彦
JOJO
「人間讃歌」をテーマにしたアドベンチャー漫画。ジョースター一族、周囲の仲間達、そして永遠の悪役達(DIOや吉良吉影)など、多彩で魅力的なキャラが登場するのが特徴。スタンド能力の発想が素晴らしすぎです。現在第七部まで出ていますが、私が特に好きなのは三部、四部、五部の三つです。

○ベルセルク/三浦 建太郎
ベルセルク
ダークファンタジーバトル漫画の決定版。圧倒的な「魔」に対し、あくまで「人」として戦いを挑むガッツに胸が熱くなります。特に、鷹の団編から断罪の塔編は圧巻です。まさに神。

○拳闘暗黒伝セスタス/技来 静也
セスタス
ユリウス・クラウディウス朝末期のローマ帝国が舞台。過酷な環境下でも諦めずに成長し続ける主人公がかっこいいです。史実を出来る限り忠実に描いている所も好感が持てます。

○ホーリーランド/森 恒二
ホーリーランド
自分の居場所を見つけようとあがく少年達の物語。作者自身、街に出て喧嘩をしていた時期があったせいか技やその説明に説得力があります。

○シグルイ/原作:南條 範夫 作画:山口 貴由
死狂い
武士道の美学と残酷さを究極まで引き出した作品。「失うことから全ては始まる」という言葉を如実に表す異色の始まり方にも注目。後にも先にも、これ以上の武士道漫画を見た事がありません。

○スプリガン/原作:たかしげ 宙 作画:皆川 亮二
スプリガン
超古代文明の遺跡、オーパーツ、太古の伝説をベースにアクション要素が多分に入り混じった力作。絵柄が安定しない所があるものの、それを補って余りある程面白いです。

○うしおととら/藤田 和日郎
潮ととら
14歳の少年・潮と、妖怪・とらが「白面の者」と戦う怪奇ファンタジー。人と人との繋がりの大切さを感じます。この作品を読んだ日は、涙腺が緩みっぱなしになります。

○からくりサーカス/藤田 和日郎 ※「からくりサーカス本編」まで。以降は含まず。
コミックなら34巻まで
二転三転するストーリー、複雑な人間関係や意表をつく展開などがある為時々頭が混乱しますが、それ以上に面白い!前作「うしおととら」より更に派手になったアクションもあって、読めば読むほど引きつけられる作品です。

○ドラゴンボール/鳥山 明
ドラゴンボール
もはや世界規模で有名なバトル漫画。キャラの造形、戦闘描写、ギャグが絶妙。第一部は見過ごされがちですが、結構好きです。

○魁!男塾/宮下 あきら ※続編作品「曉!!男塾」は含まず。
魁!男塾
とにかく「男」にこだわった名バトル漫画。戦闘描写の熱さ、塾長の超人ぶり、中途半端にリアルで信じる人間が続出した民明書房など、数々の伝説を生み出しました。 大威震八連制覇編と天挑五輪大武會編が好きです。

○高校鉄拳伝タフ/猿渡 哲也 ※続編作品「TOUGH」は含まず。
高校鉄拳伝タフ
様々な格闘技が登場する上、技やダメージの描写が非常に精密。寝技を中心に紹介されています。これだけでも見る価値がありますが、個人的にこの作品は心理描写も巧みであると思っているので、そちらの方も是非注目して見て欲しいです。

○幽☆遊☆白書/冨樫 義博
幽白
全19巻とは思えないくらい内容が凝縮されています。暗黒武術会編が全体的に好きなのですが、個々の話としては霊界探偵編のたぬきの話と、魔界編のむくろ(漢字が出ませんでした…)の話が心に残っています。

○HUNTER×HUNTER/冨樫 義博 
ハンターハンター
1998年開始で未だ完結せず休載続きなど、色々問題のある作品ですが総合的に見て面白い作品だと思います。キャラが魅力的、目を離せない展開(王誕生編から徐々に薄れてますが…)など、十分秀作だと思います。

○るろうに剣心―明治剣客浪漫譚―/和月 伸宏
るろ剣
明治時代初期を舞台にした剣客バトル漫画。京都編が大好きです。また、「るろうに剣心」が生まれるきっかけになった読みきり作品「戦国の三日月」もおすすめ。

○NARUTO/岸本 斉史 ※第一部のみ。第二部以降は含まず。
コミックなら27巻まで
火影になる事を夢見る主人公・ナルトを主人公とした忍者バトル漫画。心をわしづかみにされるようなストーリー展開や心理描写は見事。波の国編は泣けます。

○グラップラー刃牙/板垣 恵介 ※続編作品「バキ」と「範馬刃牙」は含まず。
グラップラー刃牙
違和感のある筋肉、無茶苦茶な話の展開、強さの表現法の荒唐無稽ぶりなど様々な突っ込み所がありますが、魅力的なキャラや迫力のある格闘シーンが多くある為楽しく読めます。一読の価値有り。

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ