『華中華』の“夏の中華風ステーキ”を再現!

 遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます!
 2016年度初にして、再現料理数の合計が800個目に到達する、個人的におめでたい記事を更新致します。
 今年も何卒よろしくお願いします。


 本日再現する漫画料理は、『華中華』にて島野さんが暑い時期に新作ランチとしてお店に出した自信作・“夏の中華風ステーキ”です!
夏の中華風ステーキ図
 それは、上海亭にロー・サンチク(その正体は、ハナちゃんの実の大叔父・竹三郎さん)が訪れ、“手作りラー油のニラ玉チャーハン”を認めてくれた日から数日経った日の事。
 ロー・サンチクから直接中華料理の手ほどきを受けたいと考えたハナちゃんは、「ロー・サンチクが今日は満点大飯店に現れたそうだぞ」という情報に飛びついて満点大飯店へ駆けつけ、成り行きで一緒に「世直し食べ歩き」に参加する事になります。
 どうやら島野料理長もロー・サンチクの登場を予想していたらしく、夏の新創作ランチで迎え撃つのですが、前菜の夏野菜サラダと卵スープ、飯物の基本チャーハン、デザートのマンゴープリンに至るまですべてが完璧で、ハナちゃんはもちろんロー・サンチクも驚いていました。

 中でも当管理人が感心したのは夏野菜のサラダで、数年前に発見されたばかりの「50度洗い」という技術が使われていました。
 やり方はとても単純で、50度前後の熱いお湯で数十秒間野菜を洗うだけなのですが、ヒートショックという現象で表面の気孔が開き細胞に水分を取り込んで瑞々しく蘇り、味・食感・鮮度が段違いに良くなるとの事で、特に葉野菜に絶大な効果を発揮するのだとか。
 以前、『喰いタン』で似たネタを見た為(←はっきり50度洗いと書かれてはいませんでしたが、かえってレタスの張りが増すと明言されてました)、何となくお湯は葉野菜にいいんだろうな~と思ってはいたのですが、こうやって理論的に説明されると分かりやすくて参考になります。
さすがカリスマの島野料理長で、どれもけちのつけようがないほど完璧でした
 それらの中でも特にハナちゃんが感動していたのが、島野料理長が自信を持って発明したオリジナル中華・“夏の中華風ステーキ”です!
 作り方はちょっと手間がかかり、オイスターソースと黒胡椒を揉みこんで約三十分寝かせた牛サーロイン肉と生トマトの両面をフライパンでさっと焼き、一味唐辛子を振りかけてブランデーでフランベしたら取り出し、その肉汁が残ったフライパンへ小松菜・中華スープ・砂糖・醤油・黒酢・水溶き片栗粉を入れて特製スープを作り、最後に食べやすく切ったステーキにかけたら出来上がりです。
 ちなみに、付け合わせには先程のトマトの他、さっとソテーした長ナスとパプリカも用意します。
 ポイントは、サーロイン肉にはあらかじめ筋切りと隠し包丁をして柔らかく仕上げること、お肉の焼き加減はミディアムにすること、一味唐辛子の量はごく少なめに抑えることの三点で、手間はかかるもののそこまで難しくなさそうなのが初心者としてはほっとしました(←シンプルな分、技術がいりそうな料理は大の苦手です;)。

 中華料理でステーキと言えば、『鉄鍋のジャン!』の序盤に出てきたXO醤・揚げエシャロット・玉ねぎ使用の“中華風シャリアピンステーキ”の印象が強い為、黒酢・一味唐辛子・和野菜をふんだんに使ってあっさり仕立てにしたこちらは、ジャンが洋寄りだとすれば和寄りだと思いました。
 料理には人の個性が現れると言いますが、「女性が喜ぶ体にも美容にも嬉しい、そして目新しいヘルシーな中華を提供したい!」という信念を持ち続けている島野料理長らしい一品だとしみじみ実感させられたものです。
オイスターソースと黒酢でさっぱりに仕上げたソースが、夏場に嬉しい一品
 以上のように、完成度が極めて高い新創作ランチは「夏にはこの少し濃いめの黒酢ソースがぴったりです」「クレームのつけ様がない」とハナちゃんから絶賛されます。
 しかし、ロー・サンチクは「この料理の一つ一つは完璧なまでに素晴らしい、そして旨い」「しかし、ランチのセットとして食するとそれぞれの味が強く、組み合わせて食するには重くもあり、味も濃くなってしまってる!」「特にメーンの中華ステーキとチャーハンの組み合わせはなってない!白飯か中華蒸しパンにするべきであった」と酷評し、呆然と立ち尽くす島野料理長に「自らの腕に溺れ、お客の事を忘れた傲慢さゆえの失敗と言わざるを得ない」とトドメをさし、その場へとへたりこませていました(←誠にお気の毒なのですが、その…落ち込んでいる割にはへたり込む瞬間の表情が恍惚とした赤面顔で、内心「もしかして、島野さんってドM?」と複雑な気持ちになりました…;)。
 この、「普通の味。10人中7人がうまいと言ってくれればいい」「おいしすぎてもいけない。家庭の味を少し上回るような味がいい」という理論は、日高屋やココイチの創業者が仰っている有名な言葉ですが、深いな~と思います(ラーメンのトッピング全部乗せがすごく美味しい訳ではないという事と同じことでしょうか?←多分、全然違う)。
一品一品は素晴らしくても、組み合わせで台無しになっているとの厳しい指摘
 材料費が高くつく為しばらく敬遠していた料理でしたが、このままだと『華中華』再現が全然進まないので再現する事にしました。
 奮発して一枚数千円の佐賀牛サーロイン肉を買った事ですし、早速単行本に記載されている詳細なレシピ通り作ってみようと思います!


 という事で、レッツ再現調理!
 まずは、牛肉の下ごしらえ。国産のサーロイン肉に包丁で筋切りと隠し包丁を施して柔らかくした後、オイスターソースと黒胡椒をまぶして手で揉みこみ、約三十分寝かせておきます。
夏の中華風ステーキ1
夏の中華風ステーキ2
夏の中華風ステーキ3
 次は、野菜の下準備。
 ごま油を薄く引いて熱したフライパンへ薄切りにした長ナスと、種を取って太目の千切りにした赤パプリカの千切りを入れ、塩を軽く振って焼きます。
 両面に火が通ったら、あらかじめお皿へ盛り付けておきます。
夏の中華風ステーキ4
夏の中華風ステーキ5
 ここまできたら、いよいよ肉を焼く作業。
 ごく薄く油を引いて熱したフライパンへ下味がついたサーロイン肉と輪切りにした中玉トマトを並べて焼き始め、一味唐辛子をさっと振りかけます。
 サーロイン肉とトマトの片面がこんがり焼けたら手早くひっくり返してブランデーでフランベし、もう片面も香ばしく焼き上げて別皿へ取り出します。
夏の中華風ステーキ6
夏の中華風ステーキ7
 この肉汁が残ったフライパンへザク切りにした小松菜を投入してざっと炒め、中華スープ、砂糖、醤油、黒酢を加えて味付けします。
 味が決まったら水溶き片栗粉を足し、グツグツ煮込んでとろみをつけます。
夏の中華風ステーキ8
夏の中華風ステーキ9
夏の中華風ステーキ10
 付け合わせを盛り付けておいたお皿へ食べやすいサイズに切ったステーキとトマトを移し、その上から先程の特製スープをたっぷりかければ“夏の中華風ステーキ”の完成です!
夏の中華風ステーキ11
 パプリカとトマトの赤、小松菜の緑、ナスの紫が何とも鮮やかな一皿で、見ているだけで「どんな味なんだろう」とワクワクしてきます。
 小松菜の色が少しくすんでしまったのが残念ですが、黒酢ソースから漂う爽やかな香りがたまりまらなく、食欲がどんどんわいてきます。
夏の中華風ステーキ12
 それでは、冷めてしまわない内にいざ実食!
 いっただっきま~す!
夏の中華風ステーキ13


 さて、味はと言いますと…ステーキとは思えぬあっさりした美味しさでびっくり!とろみのついた中華風スープが、ブランデーで香り高く仕上がったお肉を最後まで熱々にしてくれます!
 サーロインは脂の多さと濃厚な味わいが魅力的なものの、それが原因で後々重くなるのが難点だったのですが、黒酢のマイルドで熟成された酸味が後口をスッキリ爽やかにしてくれる為、全然しつこくありません。
 甘辛酸っぱくて上品な酸辣湯風スープ(もしくは軽めの黒酢酢豚風スープ)に、肉汁の旨味が溶け込んでコクが増し、一味唐辛子のピリ辛さがちょうどいいアクセントをプラスして即席とは思えぬ深みがでているのに驚きました。
 このスープと、熱が加わっても尚強いシャキシャキ感が残っている小松菜が相性抜群で、ちょっと高菜漬けっぽい味に変化しているのが面白かったです。
 オイスターソースの下味はそこまでガツンと主張しませんが、よく噛むごとに深みのある塩気が相乗作用となって肉の美味しさを底上げし、地味にサポートしてるのがよかったです牛と全く違う潮の風味が加わることにより、かえって味の輪郭がくっきり際立つのが見事)。
 また、ごま油の香ばしさが効いたこってり焼きナスとパプリカ、フランベのおかげで香り高く仕上がったトロトロトマトがその都度舌を洗い流し、ステーキの次の一口を新鮮にかんじさせてくれるのがナイスでした。


 この黒酢ソースは肉類ととても相性が良く、他の牛肉の部位を焼いたものや、豚ロースソテーやチキンソテーにも合います。
 野菜をたっぷり食べられるので、食後感がヘルシーな感じなのが嬉しい肉料理でした。

P.S.
 コメントと拍手を下さった皆様、ありがとうございます。

●出典)『華中華』 原作:西ゆうじ 作画:ひきの真二/小学館
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。
※レシピの分量や詳しい内容は、以前こちらでご説明した通り完全非公開に致しております。

『どんぶり委員長』の“広島風お好み焼き風丼”を再現!

 当管理人と相方さんにはもう十年以上行きつけの関西風お好み焼き屋さんがあり、ソース味の物が無性に食べたくなったらそちらへちょくちょく立ち寄っています。
 そちらは関西風とも広島風ともちょっと違う福岡風お好み焼きで、こちらの記事でご紹介されているお好み焼きが一番近いですが、フワフワ系とはまた違ったどっしり思い食べ応えがたまりません。
 福岡と言えばとんこつラーメンや明太子、最近ではうどんが注目されがちですが、個人的にはこの独特なお好み焼きもいろんな方におすすめしたいな~と思っています。

 どうも、お好み焼き屋さんで食べる焼きうどんが無性に好きな当ブログの管理人・あんこです。


 本日再現する漫画料理は、『どんぶり委員長』にて吉田君が委員長からムチャぶりされて試作した“広島風お好み焼き風丼”です!
広島風お好み焼き風丼図
 それは、ある晴れた休日のこと。
 本屋へ参考書を買いに行った委員長は、その帰り道で偶然吉田君とばったり出会い、家に着くまで何となく一緒に歩く事になります。
 普段は食絡みの話題で自然におしゃべりできる委員長ですが、学校も丼も関係ないプライベートの時間だと何を話していいかわからず、気まずい沈黙のムードが漂います…。
 吉田君は基本的にフリーダムな性格ですので、不自然に間が空いた空気の中でも「ま、いいか」とリラックスしている風でしたが、委員長みたいに真面目で内弁慶なタイプはこの中途半端な間に耐え切れなかったらしく、たまたま目に入った新規開店のお好み焼き屋さんについて話しだします(←以前読んだ本に、「非社交的な人間は<沈黙>を人一倍恐れる」と書かれてあったのを読んだことがありますが、私も委員長と同じタイプですので分かる気がします…)。

 日頃食のマナーについてご両親からうるさく注意されている委員長ですが、お好み焼きを自分で焼いたりするのは特に何も言われないせいかいい思い出が多いらしく、「自分で混ぜて焼くの楽しいもんね」と嬉しそうに話すのですが、混ぜて焼かない広島風お好み焼きの存在は全く知らなかったようで、吉田君から「えーっ、そんなことも知らねーのかよ!?」と驚かれていました(←内心、「もしかしたら関西ご出身のご両親で、<関西風お好み焼きにあらずんばお好み焼きにあらず>とかつての平家みたいな考えで英才教育を…!?」と勝手に妄想しましたが、多分違う…と思いたいです;)。
 そこで、吉田君は広島風お好み焼きの作り方について簡単に説明するのですが(詳しいレシピはこちら)、委員長はここでまたしても丼愛に火が付き、「アタシのために広島風お好み焼きでどんぶり作ってくれる?」「焼きそばの代わりにごはんをつかえばいいのよ!!パスタに合うものはごはんに合う!!焼きそばに合うものはごはんにも合うでしょ!?」と強引な事を言い出し、吉田君を困らせていましたorz。
 さっきまでの甘酸っぱい沈黙ムードはなんだったんだろうと、思わず苦笑したものです。

 それにしても、委員長のご両親は厳しく育てた我が娘が同級生男子に「どーしてもごはんと一緒にかっ込みたいの!!」と恥じらいもなく宣言しているのを目撃したら、一体どんな表情になるのでしょうか…非常に気になる所です(^^;)。
丼の魅力にすっかり目覚めてしまった委員長は、今回も吉田君にムチャぶりをします;
 こうして、一方的に「明日楽しみにしてるから!」と委員長から言われて「おれぜってー作んねーからなっ!!」と言い返したものの、帰宅後ツンデレ心満載で渋々吉田君が試作したのが、この“広島風お好み焼き風丼”です!
 作り方は簡単で、フライパンへキャベツ→もやし→イカ天→豚バラ肉の順に材料を重ねながら入れ、フタをして弱火で約十分程蒸し焼きにした後ご飯へ移し、最後にお好みソース・マヨネーズ・青ねぎをかけたら出来上がりです。
 ポイントは、広島風お好み焼きの本場で使われているオタフクソースのお好みソースを使うことと、途中焦げないよう火加減は必ず弱火にすることの二つで、時間も手間もそんなにかからないのが助かります。

 いつもは吉田君が創意工夫して作っていますが、「焼きそばをご飯に置き換える」「野菜を蒸し焼きにする役目を果たす小麦粉の薄皮はご飯に合わないから使わない」「その代わりフライパンにフタをして蒸し焼きにする」といったほとんどのアイディアは珍しく委員長が出しており、「かつて片手に山盛り一杯の塩でパスタを茹でようとしたあの委員長が、こんな実践的な提案を…人は成長するもんだなぁ」としみじみしたのを覚えています;。
 一見突拍子もない料理に見えるかもしれませんが、以前再現したお好み焼きとグラタンを合体させた画期的レシピ・“お好みグラタン”はとてもおいしかったので、丼も案外いけるのでは…と初見時はワクワクしたものです。
代わりにフライパンのフタで蒸気を閉じ込めて蒸せばいいと提案する委員長;
 その後、恐る恐る試食した吉田君ですが、実際に食べてみるとそのあまりのおいしさに箸と食欲が止まらなくなり、あっという間に完食していました。
 吉田君曰く、「よく蒸されたキャベツの甘み、シャキシャキのもやし、豚バラ肉の脂の旨味…そこへ濃厚なオタフクソースにマヨネーズ、さらにピリリと刺激の効いた青ネギ」「その全てがアツアツのごはんと絡み合う」「お好み焼きをおかずにごはんを食べている…という感覚ではなく、完全にこの2つが一体化している、今までに味わった事のない衝撃…!!」だそうで、最終的には「オレもしかして…すごい発明をしてしまったのかも…」と冷や汗をかいていました;。
 これまで、「お好み焼きとご飯の組み合わせはありか、なしか?」論争は時々ネットで取り上げられてはどっちつかずな結論しかでませんでしたが、もしかしたらこの“広島風お好み焼き風丼”の登場で、今後はあり派が圧倒的多数を占める日もそう遠い日ではない…かもしれませんね;。
「おれ、ひょっとしてすごい発明したのかも…」と驚いていた吉田君
 先日、偶然材料が冷蔵庫に揃っていたのを見てこの丼を思い出し、再現する事にしました。
 単行本には分量つきの詳細なレシピがきっちり記載されていますので、早速その通りに作ってみようと思います!


 という事で、レッツ再現調理!
 まずは、火を通す前の下準備。フライパンへ千切りキャベツ→もやし→小さく砕いたイカ天→食べやすい大きさに切った豚バラ肉の順に材料を重ねながら入れ、フタをして弱火で約十分程蒸し焼きにします。
広島風お好み焼き風丼1
広島風お好み焼き風丼2
広島風お好み焼き風丼3
 時間が経って中が十分蒸されているのを確認したら火を止め、あらかじめご飯をよそっておいた丼の上へ具をそっくりそのまま乗せ、オタフクのお好みソースをたっぷりかけます。
広島風お好み焼き風丼4
広島風お好み焼き風丼5
広島風お好み焼き風丼6
 そこへさらにマヨネーズを格子状にかけ、仕上げに細かく刻んだ青ネギをいっぱい散らせば“広島風お好み焼き風丼”の完成です!
広島風お好み焼き風丼7
 下のご飯はキャベツで隠れて全く見えない為、パッと見は丼に入れられたお好み焼きにしか見えず、あまり丼という感じがしません(もう少し大きい丼を使えばよかったと反省orz)。
 グラタンは試した事がありますが、丼は初めてですので、一体どんな味がするのか非常に楽しみです!
広島風お好み焼き風丼8
 それでは、熱々の内にいざ実食!
 いただきまーす!
広島風お好み焼き風丼9


 さて、感想はと言いますと…見た目によらず結構ヘルシーな出来栄え!回鍋肉並にご飯にぴったりなキャベツに驚きます!
 しっとりザキュザキュとしなやかな中に張りがある食感のキャベツを噛み締めると、優しい甘みと共に豚ばら肉の脂のコクがじわりと溢れ、口中をジューシーに満たしていきます。
 一見お好み焼き定食のように見えますが、小麦粉がない分胃にずっしりこない非常にあっさりした後味で、どちらかと言うと「お好み焼き風蒸し豚しゃぶ鍋定食」でご飯をワシワシ食べている感覚でした。
 お好みソースのフルーティーながらもこってり甘辛く、ばっちり塩気が効いた濃厚一直線な味付けを、マヨネーズのまろやかなクリーミーさがやんわり緩和して具やご飯とさらに調和するようバランスを整えているのがいい感じで、食べ進めるごとに「野菜たっぷりでさっぱりしたそば抜きのそばめし風」っぽい味に変化していくのが面白かったです。
 もやしのシャキシャキした歯触りと、キリッとした僅かな辛味と鮮やかな香りが特徴的な青ネギがいいアクセントとなり、いか天から出た香ばしい揚げ玉風味と魚介系の出汁が深みを出しているのがナイスで、単純なようでよく考えられたレシピだと思いました。
 お好みソースのおかげでポークチャップやしょうが焼き系統の、白米にガツンと合う旨さに仕上がった豚ばら肉がいいおかずとなって食が進みます。
 また、ご飯にキャベツから出たミルキーなおつゆがほのかにしみて肉やソースのしつこさを和らげているのが感心ものでした。


 吉田君の言う通り、これは大発明だと思います…!
 上から鰹節や青ノリをかけたり、半熟卵を乗せたりしてもいけそうなので、いつかチャレンジしてみたいです。

P.S.
 コメントを下さった皆様、そして先日つたない当ブログの補足をして下さった通りすがりさん、誠にありがとうございます。実を言いますと、ご指摘された一文はコメントを頂いてすぐに訂正した為、現在文中にはございません;。誤りを教えて頂いたり、おっちょこちょいな当管理人の代わりに色んなご意見を下さる皆様には、いつも感謝をしております。今後も、ご助言頂けますと幸いです。

●出典)『どんぶり委員長』 市川ヒロシ/双葉社
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。
※レシピの分量や詳しい内容は、以前こちらでご説明した通り完全非公開に致しております。

『じったんの時短レシピ』の“トマトのミルフィーユ”を再現!

 先日、スーパーで「鳥肌の立つカレー」という穏やかではない名前のレトルトカレーを発見し、思わず足を止めました。
 何でも、専門店越えを目指して完成させたが為にここまで過激なネーミングにされたそうなのですが、ここまでくるともはややり過ぎな観があり、隣で見ていた知人が「逆にまずそう…」と呟いたのが印象的でした;。

 どうも、カレーのトッピングはチーズが好みな当ブログの管理人・あんこです。


 本日再現する漫画料理は、『じったんの時短レシピ』にて珠里さんがあるスペシャルゲストの為に大急ぎで作った“トマトのミルフィーユ”です!
トマトのミルフィーユ図
 それは、ある日曜日の夜のこと。
 珠里さんはすっぴん(の上に美顔ローラーコロコロ)・上下ジャージ・散らかった室内という、色んな意味でゆるみきった状態で休日を満喫していたのですが、たまたまつけていたTVで某国の王女様が社交界デビューし、華やかなホールで優雅にダンスを踊っている映像をリアルタイムで目撃します。
 通常、ここまで我が身と違う境遇を目の当たりにさせられると「それに比べて自分は…」と自嘲しそうなものですが、珠里さんは真逆で、「いいなぁ社交界、セレブ、出会い、玉の輿」「わたしもさ、こんないい女なんだからこういうとこ行ったらモテるんじゃないの?社交界の華みたいな、鹿鳴館的なとこで」とかえって都合のいい妄想に磨きをかけており、初見時はそのポジティブさに驚愕したものです;。
 こういう「自分に問題はない!出会いがない、男に見る目がないのが独身の原因!」という都合のいい…もといタフな考え方は、『深夜食堂』のお茶漬けシスターズを彷彿とさせるものがありますが、珠里さんの場合人の悪口は一切言わず、ひたすら明るい夢を見るだけに留めていますので、まだ好感が持てます;。
 あ、ちなみに当管理人がアラサーで独身なのは、ほぼ100%当管理人の責任です( ^¬^ )。
ジャージ姿で美顔ローラーを転がし、TVに強気発言…人には見られたくない一コマですね;
 そんな時、タイミングよく菜月さんから「美味しいワイン買ったから一緒に飲もうか」「しかもスペシャルゲストつき♡あと15分くらいで着くからヨロシクー」というタイムリーな電話がきた珠里さんは、とっさに「社交界の妄想+ワイン+スペシャルゲスト=玉の輿(おとこ)!」という、『キン肉マン』のウォーズマン理論も真っ青な超計算式をたたき出し、大急ぎで料理&掃除&メイクを始めます。
 その際、珠里さんが「“鹿鳴”とは来客をもてなす宴という意味!時間はなくともサッとできる珠里流鹿鳴レシピ」と言って僅か10分そこそこで準備した料理が、この“トマトのミルフィーユ”です!
 作り方は簡単で、平たくて少し深みのある耐熱皿へとろけるスライスチーズ→一口サイズに切ったベーコン→輪切りにしたトマト→とろけるスライスチーズ→一口サイズに切ったベーコン→輪切りにしたトマト(※上から見てです)の順に具を乗せていき、200度に余熱したオーブンで10分焼いたら出来上がりです。

 ポイントは、二層式にする時きっちり半量ずつにすることと、チーズはたっぷりめに使うことの二つで、たった三つの材料で時間がない時でもさっと作れるのが魅力的です。
 正直、こんなに簡単なので巷ではありふれたレシピなのでは…と失礼ながら疑ったのですが、ネットやレシピで調べてみてもここまでシンプルな調理法は見つからなかった為、これは完全な珠里さんのオリジナルレシピと言えそうです←これは『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』の“リピ確実!アボカドエビ丼”をご紹介した時も思った事ですが、極限まで無駄をそぎ落としつつ絶品なレシピは、ある意味凝ったレシピを考え出すよりも至難の業なのかもしれません)。
トマト・チーズ・ベーコンを二層にする事によって、旨味を染み込ませます
 製作者の珠里さん曰く、「塩分!旨味!酸味!なんとワインに合いますこと!」な一品だそうで、二層式にしたおかげでトマトにベーコンやチーズの旨さががっつり染み込むのがたまらないと表現していました。
 あり合わせの物でとっさにこれだけの料理を手際よく作れる女性…珠里さんの言う通り、こんなに料理上手でデキるいい女性が売れ残るなんておかしい世の中だとしみじみ思います(←但し、だからといって出会い頭に料理を口に突っ込んでアピールする訳にもいかないのが困った所…。ごく自然に自宅へ招いて手料理を振る舞うという、両思いほぼ確定のシチュエーションを生み出す女子力がなければそのスキルを存分に活かせないのがやるせないですね…)。

 こうして、たった15分以内にすべての準備を終えた珠里さんですが、菜月さんの言うスペシャルゲストは同じく親友のセクシー女性・光恵さんだった為、一気に不満げな形相になっていました;(※光恵さんは何も悪くありません)。
 個人的には社交界よりも、こういう気の置けない友達との家呑み会の方が気楽で楽しいので、読んでいて羨ましかったのを覚えています。
結局、スペシャルゲストはセクシー担当の友人・光恵さんで、じったんはがっかりしてました;
 先日いいトマトが手に入ったので再現する事にしました。
 作中には大体のレシピが図入りで載っていましたので、早速その通りに作ってみようと思います!


 という事で、レッツ再現調理!
 まずは、食材の下準備。平たくて少し深みのある耐熱皿へ、ヘタを取って輪切りにしたトマトを敷き詰め、上から一口サイズのベーコンを散らします。
 そこへさらにとろけるスライスチーズを乗せて、具にフタをします。
トマトのミルフィーユ1
トマトのミルフィーユ2
トマトのミルフィーユ3
 それをさらにもう一度繰り返して二層状態にし(上から見てチーズ→ベーコン→トマト→チーズ→ベーコン→トマトになってます)、あらかじめ200度に熱しておいたオーブンで約10分焼きます。
トマトのミルフィーユ4
 表面に焦げ目がつき、チーズが十分にとろけたらオーブンから取り出し、そのまま火傷しないよう気を付けながらテーブルへ運べば“トマトのミルフィーユ”の完成です!
トマトのミルフィーユ5
 焼けたトマトの甘やかな風味と、強烈に香ばしいチーズの香りがふわ~っと漂い、これだけで食欲がぐんぐん湧いてきます。
 よくある組み合わせではありますが、大抵は炭水化物と一緒に組み合わせていますので、単独だとどんな感じになるんだろうとワクワクしてきます。
トマトのミルフィーユ6
 それでは、チーズがよくのびる内にいざ実食!
 いっただっきまーすっ!
トマトのミルフィーユ7


 さて、感想はと言いますと…甘味・酸味・塩味が黄金比率で集結しており、それが赤ワインの渋いタンニンと抜群の相性!ベーコンが出汁としても具としても活躍しててナイスです!
 ベーコンの芳しい薫製香と、熟成された塩気が全体に重厚感と深みを与え、たったあれだけの行程とは信じられない程高級感のある一皿に仕上げています。
 生トマトのフレッシュで爽快感のある甘酸っぱさと、煮トマト特有の凝縮されたコクある甘さが両立しているミディアムレアのトマトが美味で、そこへ癖のない分どんな食材にも合うとろけるチーズがまったり絡んで一体化すると堪えられません。
 噛むごとにトロトロジュクジュワ~っと崩れて汁気が迸るジューシートマトには、二層に重ねたおかげでベーコンとチーズの旨味が芯までじわりと染み込み、単なる焼きトマトとは一線を画しています。
 皿の底にはトマトからでた水分が結構な量で溜まっていますが、トマトのほのかな酸味とベーコンの油分が入り交じった奥行きのある出汁はもはや「即席トマトのさっぱりコンソメスープ」と呼んでいい逸品で、思わぬ副産物でした。
 上のチーズはカリッと火が通って香ばしく、まるでモッツァレラのようにのびてコシがあるのですが、下のチーズはデロデロにとろけて半分液体状になって食感が全然違うのが面白そく、火の通りが違うだけでこんなに味が変化するとは…と感心です。


 赤ワインの他にも白ワインやビールにもぴったりで、お酒がすすみます。
 ベーコンの代わりにハムを使ってみたら出汁は薄まったものの、あっさりしている割には満足感のある出来でしたので、そちらもおすすめします。

P.S.
 前回の記事を更新して以来、当ブログに温かなコメントを下さった皆様、誠にありがとうございます。毎回励みにしております。頂いたご情報は、全てブログ運営に役立てていこうと考えています。今回も更新が遅くなり、すみませんでした…。

●出典)『じったんの時短レシピ』 岡村みのり/講談社
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。
※レシピの分量や詳しい内容は、以前こちらでご説明した通り完全非公開に致しております。

『どんぶり委員長』の“パスタを超える絶品ナポリタン丼”を再現!

 先日、会社の仲がいい人達とある定食店で食事したのですが、そこで店員さんから「おすすめは海鮮丼です」と言われ、皆と一緒に迷わず海鮮丼を注文しました。
 海鮮丼はお店によってご飯がかなり異なり(温かいご飯か冷たいご飯か、人肌の酢飯か冷えた酢飯かなど)、こちらのお店は温かいご飯だったんですが、当管理人は人肌の酢飯派だったので、「刺身が値段に見合わないくらい豪華でおいしいけど、酢飯だったらもっと嬉しかったな…」と、贅沢にも少し残念に思いつつ食しました。
 しかし、何人かのメンバーが「酢飯かと思ったー」「具が美味しいだけに惜しいなー」と言いだしたのを聞いて激しく親近感を感じ、より結束が深まったので「温かいご飯でよかった!」と思いました。
 面白いことに、「海鮮丼は酢飯派」の方々とは普段から話も気も合う傾向にありましたので、改めて食は人付き合いにおいても重要な要素なんだと感心したものです(←※もちろん、例外もあります)。

 どうも、茶碗蒸しには三つ葉が入っているとちょっと嬉しい派でもある当ブログの管理人・あんこです。


 本日再現する漫画料理は、『どんぶり委員長』にて委員長が吉田君へやや強引にリクエストして作ってもらった“パスタを超える絶品ナポリタン丼”です!
パスタを超える絶品ナポリタン丼図
 それは、委員長が吉田君に丼を作ってもらうようになって間もない頃のこと。
 学校の食堂で礼儀正しくナポリタンを食べていた委員長は、マナーもへったくれもなくナポリタンを激しくすすり食い&食べ物を口に入れて話す吉田君を目撃し、イラっとします(←委員長の気持ちも分かるのですが、音を出してラーメンやおそばを食べる文化の国にいるせいか、当管理人は「美味しそうに食べてるな~」とそこまで不快になりませんでした;)。
 吉田君はそんな委員長に全く気付くことなく、友達と「ちょっと麺の量が少ないんだよなー」「まーな、大盛りでもこれだからなー」と残念そうに喋り合うのですが、そこで吉田君はなんとご飯を追加注文しに行こうとします。

 友達は止めるのですが、吉田君曰く「だって同じ炭水化物だろ?パスタに合うものはご飯にも合うんだよ」との事で、そのセリフを漏れ聞いた丼好き委員長は「という事は…このナポリタンもどんぶりにできるって事…!?」とすっかりナポリタン丼で頭の中がいっぱいになり、とうとう放課後には吉田君へ逆壁ドン(←男女逆になると甘さが激減し、「脅している女生徒といじめられっこ男子生徒」風になるのは何故なんでしょう…?)をしながら「アタシのためにナポリタンでどんぶり作ってくれる?」と要求していました。
 初見時は「そんな暴論な…」と思かけましたが、考えてみればペペロンチーノソースをご飯に混ぜ込んだりボンゴレソースを炊飯器に入れて炊きこんだりラーメンスープでお米を煮込んだりしても十分美味しいことが以前の再現で判明していますので、もしかしたら真理かもしれない…と納得したものです。
まさかの逆壁ドン!吉田君の心底嫌そうな顔が妙にツボにはまりました;
 こうして、吉田君が委員長の勢いに負けて家庭科室で渋々作ってくれたのが、この“パスタを超える絶品ナポリタン丼”です!
 作り方はお手軽で、熱したフライパンへオリーブ油・にんにく・ソーセージ・玉ネギ・ピーマンを入れて炒め、塩水を足して大体火を通したらケチャップで味付けし、そのまま丼ご飯の上へ乗せてパルメザンチーズをふりかけたらもう出来上がりです。
 ポイントは、塩水を入れた後は水分が飛ぶまでしっかり炒めること(通常はパスタの茹で汁も一緒に加えてソースを仕上げるのを、塩水で再現したそうです)、具材は玉ねぎ→ソーセージ→ピーマンの順に入れてそれぞれちょうど良い火の通り加減にすること、ケチャップの量は気持ち少な目にすることの三つで、大雑把な食事シーンとは裏腹に芸が細かいな~と吉田君を見直したのを覚えています。

 個人的にナポリタンはケチャップをきかせるのが好きなタイプだったので、ケチャップはやや薄めの方がいいというのはちょっと解せなかったのですが、吉田君や委員長が言うには、ケチャップが濃いめだとパスタにはないご飯独特の旨味がかき消されてしまうとの事で、なるほどな~と感じました←お刺身を食べる時、魚の個性を消さないよう醤油はどぶ付けせず、ちょこんとつけた方がいいというのと同じですね)。
ケチャップは気持ち薄めにした方が、ご飯の味がよく分かってナイスだそうです
 その後、はやる心を抑えながら委員長は上品に食べ始めるのですが、「んふううう…!!めちゃめちゃ合うううう…!!」「同じような材料を使った料理にチキンライスとかあるけれど…ナポリタンの具材を食べるなら、断然何の味付けもしてない白飯っ…!!白飯の美味しさも一緒に味わうことのできるどんぶりで食べるべきっ!!」と虜になり、お行儀が悪いのも気にせず無我夢中でかっこんでいました。
 その為、感想を聞きたがった吉田君は黙って丼にくらいつく委員長の姿に少々戸惑っていましたが、最終的には「…まぁパスタの時との食べ方の差でわかるけどな…」と一人頷いていました←カニと同じで、心底美味しい食べ物に集中していると人は無言になるものです)。

 そして食後、委員長はさっきまでのがっつきようを誤魔化すかのように「うん、まあまあ合うわね」と涼しい顔で言うのですが、口にケチャップをつけ、丼にご飯を一粒も残さずにキレイに平らげていた為全く締まらず、吉田君を呆れさせていました;。
 それまで吉田君は、委員長に丼を作るのを「いや、だからなんでオレがさぁ…」と嫌々な感じでしたが、このお話以降は態度が軟化してむしろ積極的に丼作りに協力していますので、もしかしたらこの時の委員長の激しいかっこみっぷりを見て、初めて「誰かにご飯を作る喜び」に目覚めたのかもしれません。
何だかんだ言いつつ、口にケチャップつけるほど夢中になってました
 冷蔵庫にナポリタンの材料が偶然揃っているのを発見し、どうせだったら前々から気になっていたこの丼を食べたいと思い再現する事にしました。
 作中にも巻末にも詳細なレシピがきっちり記載されていますので、早速その通りに作ってみようと思います!


 という事で、レッツ再現調理!
 まずは、上に乗せる具作り。フライパンへ細かく刻んだにんにくとオリーブ油を入れて弱火でじっくり火を通し、いい香りがしてきたら一口大の斜め切りにしたソーセージを加えて炒めます(←ここで少し火力を上げます)。
 やがて、ソーセージがカリッとしたらスライスした玉ネギを投入し、しんなりするまで炒め合わせます。
パスタを超える絶品ナポリタン丼1
パスタを超える絶品ナポリタン丼2
パスタを超える絶品ナポリタン丼3
 そこへ、種を取って輪切りにしたピーマンを入れてざっと混ぜ、少し火が通ったら塩水を注いで完全に水分が飛ぶまで混ぜ炒めます。
 塩水と火力によって具全体がちょうどよく炒まってきたら、ケチャップで気持ち薄めに味付けして手早く混ぜ合わせ、炊き立ての丼ご飯の上へ乗せます。
パスタを超える絶品ナポリタン丼4
パスタを超える絶品ナポリタン丼5
パスタを超える絶品ナポリタン丼6
 具とソースをご飯に乗せ終えたらパルメザンチーズをふりかけ、そのままテーブルへと運べば“パスタを超える絶品ナポリタン丼”の完成です!
パスタを超える絶品ナポリタン丼7
 香りはまさにナポリタンそのものですが、そこにご飯の甘やかな蒸気がふわりと混ざってくる為、少し戸惑います。
 しかし、見た目は間違いなしって感じのおいしそうな予感を漂わせていますので、お味の方は非常に期待が持てます!
パスタを超える絶品ナポリタン丼8
 それでは、熱々の内にいざ実食!
 いっただっきま~す!
パスタを超える絶品ナポリタン丼9


 さて、感想はと言いますと…パスタとはまた違った相性のよさで美味!ケチャップが控えめなおかげで、各食材の個性がくっきり浮き立ってます!
パスタを超える絶品ナポリタン丼10
 当初は「チキンライスと変わないんじゃ…」と疑ってましたが、最初から一体化しているチキンライスは味の変化がなくて飽きやすいのに対し、丼は白米の上品で優しい甘味とトマトのこってり爽やかな甘味がそれぞれ独立しており、食べる都度に異なる割合で口の中で出会って少しずつ調和していくのが楽しく、最後まで新鮮な気持ちで頂けるのがいいです。
 白ご飯とチキンライスの中間としかいいようがない不思議な味わいで、こしょうの辛味やその他隠し味の刺激がない分、ケチャップのまったりストレートな甘酸っぱさを素直に堪能できるのがナイスでした。
 ウインナーのジューシーな肉の旨味がご飯を進ませるおかずになり、玉ねぎのねっとりした複雑な甘さが全体をマイルドにまとめ、ピーマンの苦味が甘辛な味付けをキリッと引き締めるアクセントになっているのがバランスよく、この絶妙なコンビネーションを楽しむには、確かにさっぱりしているようで実は味わい深い白ご飯が一番だと感じたものです(←揚げ炒めしたにんにくの香ばしい風味が効いているせいか、ガーリックライスっぽいような、ポークチャップっぽいようなガツンとした旨さもあって、食べ応え満点でした)。
 ここに粉チーズをたっぷりかけると、「固めに炊いたトマトチーズリゾット風」ともいうべきリッチな旨さに変貌する感じで、初めから完成された味ではなく、粉チーズの粒が砕ける度に濃厚なコクがどんどん増していくのがよかったです。


 ペペロンチーノもナポリタンも、パスタをご飯に置き換えても十分美味しいことが立証でき、大いに満足しました(←ちなみに、ペペロンチーノの方の再現記事はこちら)。
 委員長と同じく興味をそそられましたので、今度はジェノベーゼで試してみようと思います!

●出典)『どんぶり委員長』 市川ヒロシ/双葉社
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。
※レシピの分量や詳しい内容は、以前こちらでご説明した通り完全非公開に致しております。

『くーねるまるた』の“熱々!和風オニオングラタンスープ”を再現!

 告白しますと、実はつい最近まで日本酒はたま~に少し飲む程度で、どちらかと言えばビール・ワイン・焼酎・チューハイ派だったんですが、先日久々に母や妹と飲みに行ってこの日本酒を薦められて飲んで以来、すっかり目覚めて色々試すようになってます。
 それまでは、お刺身や和食にもビールやワインを合わせていたんですが、日本酒と合わせるようになっては「お酒と料理の相乗効果って、こういう事を言うんだな…」と感動しており、もっと早く挑戦していたらよかったな~と後悔することしきりです。

 どうも、「すず音」を初めて飲んだ時「甘い!これはもはや、お米のジュースだ!(←※喜んでます)」と衝撃を受けた当管理人・あんこです。


 本日再現する漫画料理は、『くーねるまるた』にてマルタさんが家にたまたま置いていた食材だけで作った夕食・“熱々!和風オニオングラタンスープ”です!
熱々!和風オニオングラタンスープ図
 それは、桃の節句が間近になったというのに、雪が降り積もるくらい寒い日々が続いていた頃の事。
 たまたまある公園で一休みしていたマルタさんは、小学生の男の子が女の子に対して季節外れの怪談話をしているのを目撃し、つい聞き耳を立てます。


 ある男の子のお母さんがさ、たまにすごく怖い顔でいつもよりずっと大きな鍋をかき混ぜている日があるんだって…
 それはもう、魔女みたいな顔してさ…。
 ある時、男の子はおそるおそる聞いてみたんだ。
 「お母さん、何をつくってるの?」って。
 するとお母さんはふりかえってこう答えた…
 「恐怖のみそ汁よ…」



 …残念ながら、最後まで話を聞く事なく女の子が怖がって逃げ出してしまった為、本当のオチは分からず仕舞だったのですが、それだけにマルタさんは続きが気になって仕方がなくなったようで、帰り道に「なんだったんだろう…あの話は」「引っかかったのは魔女だよね。一般的な魔女像として、東洋であっても、やっぱり、魔女は大鍋で何かをかき混ぜてるイメージなのかな…」とえんえん考えこみます(←東洋の魔女的存在は山姥ですが、そちらも確かに何か煮ているイメージがあります。但し、決定的に違うのは「魔女=見るからに怪しい材料を煮ている、マズそう」というイメージなのに対し、「山姥=客を油断させる為に食欲をそそる汁物を煮てる、実際美味」というイメージな所でしょうか。…まあ山姥の場合、刃物を研いでるイメージが圧倒的に強いので、魔女に比べれば鍋の印象はやや薄れている観がありますが;)。

 どうやら、元大学院生として日本文学や風俗を学んだ身としては興味津々な題材だったようで、最終的には「それこそ日本でも…例えば大鍋で魔法のような効きめのある薬をつくってしまう人たちが、妖怪のように言われて、魔女狩りのごとく迫害されたりしたのかも…!これは…突き詰めて考えていくと、意外な文化の共通性がある予感…!」と、からかい好きな神永さんに知られたらさぞ爆笑されそうな深読みをしていましたorz。
 MMRほどではありませんが、トンデモ学説を考えつく学者さんもマルタさんのように暴走して発表に至るのかな…と遠い目になったものです。

 この怪談は当管理人が小学生の頃にはもう広まりきっていた為(ちなみに、オチはこちら)、ほとんどの方がオチに心当たりがあるかと思いますが、海外で生まれ育ったマルタさんにそれが分かるはずもなく、「帰ったら(笑明館)のみんなに話してみよっと♪」とすっかりルンルン気分なのを、初見時は「あちゃー…」と苦笑いして読んだのを覚えています(←しかし、現在六十代の母はしらないとの事でしたので、年代によっては全く認知されていないのかもしれません)。
魔女といい怪談のお母さんといい、大鍋で何かをかき混ぜるという共通点が…
 その夜、考えるのに夢中でうっかり買い物を忘れてしまったマルタさんは、たまたま備蓄してあったありあわせの食材だけで夕食作りに取りかかります。
 こうして、マルタさんが機転を利かせて作ったのが、この“熱々!和風オニオングラタンスープ”です!
 作り方は簡単で、飴色になるまで炒めた玉ネギへお湯・コンソメキューブ・塩・こしょうを入れて煮たオニオンスープにお麩ととろけるチーズを浮かべ、オーブントースターでチーズがこんがりするまで火を通したらもう出来上がりです。
 ポイントは、玉ネギは炒める前に十分くらい電子レンジにかけてしんなりさせておくことと(←炒め時間が短縮されます)、お麩にはオニオンスープをしっかり吸わせておくことの二つで、これなら時間がない時でも楽々用意できそうだな~と感心しました。

 本当はフランスパンを使うはずだったのですが、うっかりカビを生やさせてしまい、悩んだ末に「これなんていいかも!?」と思い付いたのがお麩との事でした。
 パンの代わりにお麩、と書くと一瞬怪訝となるかもしれませんが、実はお麩はパンの代用品としてかなり優秀らしく、ネット上では既に麩レンチトースト、お麩ハンバーグ、お麩餃子などといったレシピが流布されていた為、これはイケるかも…と驚きつつも納得したものです(←お麩はパンと違ってカビませんので、いざという時に助かりますね)。
本当はパンを入れる予定でしたが、かびてしまっていたので、急遽あれに変更!
 その後、マルタさんは出来立ての“熱々!和風オニオングラタンスープ”を食べ、「ん~、ひみる~ッ、フランスパンの代わりにお麩!大正解!」「思った以上にお麩がスープになじんでて嬉し~!!」と上機嫌になり、今後もお麩を常備して色んな料理を作ろうと心に決めます。
 なお、その際に白味噌を入れるバリエーションも思い付き「って、それじゃただの麩のみそ汁か」と一人ツッコミを入れるのですが、この時やっと「ふのみそしる…今日麩のみそ汁…ハッ!」「ま…まさか…<恐怖のみそ汁>って…<今日、麩のみそ汁>ってオチーッ!?」と気づき、一気に脱力していました;。
 当管理人もその昔、似たような怪談で「悪の十字架」や「猫の魂」、「カエルの怨霊」のオチを知った時はマルタさんと同じくガクーっときましたので、苦笑しつつも妙に懐かしい気持ちになった回でした(^^;)。
半分やけになって入れたお麩でしたが、これが大成功でマルタさんご満悦でした恐怖の味噌汁=今日、麩の味噌汁というオチだと気づき、冷や汗をかいてました;
 最近、夜はめっきり冷え込むようになり、何か温かいスープを飲みたくなったので再現する事にしました。
 作中には大体のレシピが絵つきできっちり記載されていますので、早速その通りに作ってみようと思います!


 という事で、レッツ再現調理!
 まずは、オニオンスープ作り。スライスした玉ネギを器へ入れて電子レンジで約十分加熱し、水分がある程度とんだら弱火に熱したフライパンで飴色になるまでじっくり炒めます。
 そこへ、お湯とコンソメキューブを投入して煮込み、塩とこしょうで味を調えたらオニオンスープは準備完了です!
熱々!和風オニオングラタンスープ1
熱々!和風オニオングラタンスープ2
熱々!和風オニオングラタンスープ3
 次は、焼き作業。
 深みがある耐熱容器へ先程のオニオンスープを具ごと注ぎ、お麩を浮かべてスープをたっぷり吸わせ、その上からとろけるチーズをふりかけます。
 チーズでお麩を覆ったらオーブントースターへ入れ、そのまま加熱します。
熱々!和風オニオングラタンスープ4
熱々!和風オニオングラタンスープ5
 チーズがとろけて表面に焦げ目がついたらそっと取り出し、火傷せぬよう気を付けながらテーブルへ運べば“熱々!和風オニオングラタンスープ”の完成です!
熱々!和風オニオングラタンスープ6
 分厚いチーズの層に隠れていてお麩は見えませんが、パンとはちょっと質が違う独特の香りがふわりと漂い、普通のオニオングラタンスープとは一味違うと感じさせられます。
 お麩とチーズが合うのか不安ですが、マルタさんを信じて食べてみようと思います!
熱々!和風オニオングラタンスープ7
 それでは、熱い内にいざ実食!
 いっただっきま~す。
熱々!和風オニオングラタンスープ8


 さて、感想はと言いますと…パンにはない口溶けのよさで、そのくせチーズともマッチしていて美味し!お麩が入るだけでこんなに「和」になるとは驚きです!
 バターやオリーブ油、にんにくを完全カットしている為、従来のオニオングラタンスープよりもややあっさりした仕上がりのスープですが、その分玉ねぎの自然な甘味がシンプルかつ効果的に引き出されており、しみじみ癒される出来映えです(←例えるとするなら、「洋風玉ねぎの澄まし汁」というイメージでした)。
 玉ねぎはほろほろに煮えてとても柔らかですが、噛み締めるとシャグシャグと適度に歯を刺激してくるちょうどいい食感なのが乙で、まさに食べるスープといった感じです。
 浮き実にパンが使われていると、如何にスープを吸っていようとある程度しっかりした口当たりでまだまだパンの個性が残っているものですが、これがお麩だとまるでスフレかメレンゲみたいな淡くきめ細かい生地から、空気と共に限界まで吸われたスープがフワフワジュワワ~っと一気に吹き出し、最後にはテロテロモチモチした何とも言えない舌触りへと変化していくのが面白く、より優しいほっとする後口になっているのがたまりません。
 お麩には味がほとんどないので、スープの旨味を邪魔することなくボリューム感だけ出すのに成功しています。
 唯一癖があるとするならクラッカーに近い素朴な香ばしさで、この独特な香ばしい風味がチーズとお麩を違和感なく結びつける橋渡し役をしているのに感心しました。


 一見目立たない存在で、主役に据えてみてもやはりどうしても地味な印象がぬぐえないお麩ですが、こんな風にパンっぽく浮かべてみたり、ハンバーグなどのつなぎにしたりと、想像以上に使い勝手がいい食材だと改めて感じました。
 今度は、バター等で洋風仕立てにしたスープでもお麩は合うのかどうか、試してみる予定です。

●出典)『くーねるまるた』 高尾じんぐ/小学館
※この記事も含め、当ブログの再現料理記事は全てこちらの「再現料理のまとめリンク」に載せています。
※レシピの分量や詳しい内容は、以前こちらでご説明した通り完全非公開に致しております。

プロフィール

あんこ

Author:あんこ
・性別:女
・趣味:読書、料理、ゲーム
・一言:食と本をこよなく愛してます。
・特に意欲的に再現中の漫画:
 …『姉のおなかをふくらませるのは僕』
 …『美味しんぼ』
 …『クッキングパパ』
 …『紺田照の合法レシピ』
 …『酒のほそ道』
 …『じったんの時短レシピ』
 …『鉄鍋のジャン!』
 …『なんちゃって駅弁』
 …『華中華』
 …『花のズボラ飯』
 …『まかない君』
 …『ママの味♥魔法のおかわりレシピ』
 …『みをつくし料理帖』
・再現料理を予定中の漫画:
 …『浅草人~あさくさびと~』
 …『鬼平犯科帖』シリーズ
 …『銀の匙』
 …『拳闘暗黒伝セスタス』
 …『スイーツ本部長一ノ瀬櫂』
 …『旅のグ(2)月は知っていた』
 …『テルマエ・ロマエ』
 …『土曜日ランチ!』
 …『BAR・レモンハート』
 …『百姓貴族』
 …『ぶたぶた』シリーズ
 …『ベーグル食べない?~幸せカフェごはん~』
 …『飯盛り侍』
 …『夢色パティシエール』


○当ブログについて
 このブログで使用されている記事の画像、一部文章は、それぞれの出版物等から引用しております。
 引用物の著作権は全て作者様、出版社様等に準拠致します。
 もしご関係者様に問題のある画像及び記事がございましたら、御連絡頂ければ速やかに修正、削除等の対処を致します。

○お知らせ
・当ブログでは作品のネタバレを含んだレビューも同時に行なっておりますので、作品を未見の方はご注意をお願いいたします。
・各作品に掲載されているレシピの分量は、例外なく全て非公開にする方針を取っておりますので、ご了承の程をお願いいたします(←この件についてご質問頂いた場合、誠に失礼ながら下記の理由でご返信しない方針にしております)。

※現在、公私の多忙と、再現記事のペース維持を理由に、コメント欄へのご返信が出来ない状態が続いております。
 こういう場合、コメント欄は停止するべきなのかもしれませんが、励ましのお言葉やアドバイスを頂く度、ブログのモチベーションアップや心の支えとなったこと、そして率直なご意見や情報を聞けてとても嬉しかったこともあり、誠に自分勝手ながらこのままコメント欄は継続する事に致しました。
 図々しい姿勢で恐縮ですが、ご返信をこまめに出来なくて余裕がある分、ブログ内容を充実&長期的に続けられるよう力をいれる事で皆様のご厚意にお応えし、感謝の気持ちをお返ししていきたいと考えております。
※ただ、ご質問を頂いた際はなるべくお力になれるよう、すぐご返答できるように対処致します。

 応援して下さる方々に少しでも楽しんでご利用して頂けるよう、沢山の作品に触れるちょっとしたきっかけになれるよう、これまで以上に心掛けていきます。
 恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © あんこ